「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン)

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

 

名称

テネリフェ島

(Islas Tenerife)

場所

カナリア諸島

(Islas Canarias)

時差

9時間

時期

5月中旬~6月中旬

 

テネリフェ島は、「大西洋のハワイ」とも呼ばれるカナリア諸島最大の島で、人口は約80万人。スペイン最高峰である標高3718mのテイデ山周辺が「テイデ国立公園」に指定されているほか、島全体が大自然で溢れています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆カナリア諸島の概要
☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆テネリフェ・ノルテ空港から市内
☆テイデ国立公園
☆マスカ渓谷
☆竜血樹
☆その他の見どころ
☆備考

 

 

■カナリア諸島

 

アフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にある7つの島の総称でスペイン領です。アフリカ大陸で最も近いモロッコからの距離は100~500kmほどになります。それぞれ、リンクから特集ページに飛びます。

■7つの島
・テネリフェ島:最大の島。テイデ国立公園など。

 

・ラ・パルマ島:天文台があるほど星空がキレイ。ラ・カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園など。

 

・ランサローテ島:最もアフリカ大陸に近い。ティマンファヤ国立公園など。

 

・グラン・カナリア島:2番目に大きな島。直径約800mのカルデラなど。

 

・ラ・ゴメラ島:200万年前の自然が残る。ガラホナイ国立公園など。

 

・フエルテベントゥーラ島:美しいビーチの宝庫。ソタベントビーチなど。

 

・エル・イエロ島:最も人口が少ない島。チャルコ・アスールなど。

 

スペイン本土とは時差があって、1時間遅くなっているので注意してください。リスボンやロンドンと同じ時間帯です。

 

年間で1000万人ほどの観光客が訪れていますが、日本人は約3500人ほどで、まだまだ馴染みのない場所と言えます。

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

テネリフェ島は、カナリア諸島最大の島なので、拠点になる街がいくつかあります。2つの空港と2つの港のどれを使うかによって変わってきまして、すなわちカナリア諸島での目的によって変わってきます。

 

2つの空港

■テネリフェ・ノルテ空港(テネリフェ北空港)
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

最大の街である「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」市内から北西に約11km離れていて、スペイン本土やカナリア諸島間の便、また格安航空便などが発着しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

■テネリフェ・スール空港(テネリフェ南空港)
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

最大の街である「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」市内から南に約60km離れていて、おもにヨーロッパ各国からの便が発着します。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

2つの港

■サンタ・クルス・デ・テネリフェの港
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

カナリア諸島で最大の港で、観光においても商業においても海の玄関口にあたります。

 

■ロス・クリスティアーノスの港
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

島の南部にある港で、テネリフェ南空港に近いです。ここからも各島へフェリーが出ています。

 

最大の街「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

拠点の街の1つが島内最大の街である「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」。グラン・カナリア島の「ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア」と共に、カナリア諸島州の州都として機能しています。人口は約20万人。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

サンタ・クルス・デ・テネリフェ

Booking.com

 

空港最寄りの街「サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ」

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

基本的に多くの日本人観光客はマドリードやバルセロナから飛行機で訪れますので、テネリフェ北空港を使うことになります。ラ・ラグーナの街は空港から3.5kmと近いので、ここも拠点になります。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ

Booking.com

 

 

■テネリフェ・ノルテ空港から市内

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

空港から「サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ」を通って「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」へ行く公共バスが出ています。30分に1本の運行です。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

 

■テイデ国立公園

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

スペイン最高峰である標高3718mのテイデ山周辺が1954年に国立公園に指定され、2007年には世界遺産(自然遺産)に登録されました。また、同年にスペインの放送局によって選ばれた「スペインの12の宝物」にも選ばれました。

■スペインの12の宝物
1・コルドバ大聖堂
2・アルタミラの洞窟
3・セビリア大聖堂
4・アルハンブラ宮殿
5・ピラール聖母大聖堂
6・テイデ国立公園
7・メリダのローマ劇場
8・サンティアゴデコンポステーラ大聖堂
9・バレンシアの芸術科学都市
10・サグラダファミリア
11・ラコンチャのビーチ
12・ビルバオグッゲンハイム美術館
(上から順に得票数が多くなります)

 

テイデ山は海底からの高さが7500mにもなり、世界で3番目に高い火山とされています。無数の無脊椎動物が生息していて、その40%が固有種にあたり、70種はテイデ国立公園でしか見ることができません。また、火星と環境条件が類似していて火星研究の拠点にもなっています。

 

アクセス

 

公共交通機関で行く場合、テネリフェ島を網羅しているTITSA社のバスでいきます。ただ、北部の「プエルト・デ・ラ・クルス」と南部の「アデへ」からしか公園行きが出ていないので、まずはバスでどちらかの町へいきます。それぞれの町と公園は1日1往復です。

 

■プエルト・デ・ラ・クルスから国立公園

 

主なルートは「プエルト・デ・ラ・クルス」→「エル・ポルティージョのバス停」(ビジターセンターやレストランなどがあります)→「ケーブルカー乗り場」→「パラドール」となります。

 

行きは「プエルト・デ・ラ・クルス」を9時15分発、帰りは「パラドール」を16時発です。所要時間は約2時間で、料金は6.2€です。

 

■アデへから国立公園

 

こちらは「アデヘ」→「パラドール」→「ケーブルカー乗り場」→「エル・ポルティージョのバス停」となります。

 

行きは「アデヘ」を9時15分発、帰りは「エル・ポルティージョのバス停」を15時40分発です。

 

ケーブルカー
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

ケーブルカー乗り場は標高2356m地点にあります。そこから9合目にあたる3555地点まで一気に行くことができます。

 

■乗り場

 

ハイシーズンだとケーブルカーのチケットを購入するのに行列が出来ますので、ネット予約がオススメです。公式HPはこちらです。

・片道:13.5€/往復:27€
・ゴンドラは2台、定員は約40人
・約10分おきに運行
・チケットは帰りにもチェックがあります。

 

■9合目

 

9合目から頂上までは人数制限があり事前に予約が必要です。公式HPはこちらです(英語)。

・入山は9時、11時、13時、15時の4回
・各回50人

 

エキウム・ウィルドプレッティ

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

現地名は「タヒナステ・ロホ」。「宝石の塔」と呼ばれるカナリア諸島の固有種の花で、高さは最大で3mにもなります。5月中旬~6月上旬に咲き、赤・青・紫・白など様々な色があり、ラ・パルマ島などでも見ることができます。

 

パラドレス・カニャーダス・デル・テイデ
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

パラドールとはスペイン政府が主導するホテルで、国内に90以上あります。日本人にもファンが多く、全てのパラドールを制覇することを目標にしている人も多いです。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

テイデ国立公園内の唯一の宿泊施設でもあるので非常に人気で、予約は必須です。こちらのパラドールにはエキウムの花も植えられていて、シーズンであればすぐに見ることができます。

 

Booking.com

 

ハイキングコース
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

ハイキングコースはたくさんあります。個人で訪れる場合は高山病や日射病に注意してください。そのときどきで状態のコースも良し悪しがありますから、ビジターセンターで自分に合ったコースを相談するのもありです。

 

ロケス・デ・ガルシア
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

テイデ国立公園の象徴ともいえる奇岩があるビューポイントで、背後のテイデ山とのバランスが見事です。スペインの通貨がユーロに切り替わる前の「1000ペセタ紙幣」のデザインにもなっています。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

上記のマップの3番で、約1時間半のショートコースです。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

 

■マスカ渓谷

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

マスカの町が起点になり、ロス・クリスティアーノスからもツアーが出ています。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

全長4.5km、高低差650mのトレイルで、様々な奇景を見られるため人気があります。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

 

■竜血樹

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

「イコッ・デ・ロス・ビノス(Icod de los Vinos)」という町にある、樹齢500年とも1000年とも言われる巨大な竜血樹です。竜血樹は、その見た目と樹液が赤いことから名前が付けられていて「ドラゴンツリー」とも呼ばれます。

 

■竜血樹の樹液
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

野生の竜血樹はイエメンのソコトラ島が最も有名です。ですが、イエメンは長らく退避勧告が出ている国なため、なかなか行く機会が無いので、カナリア諸島は竜血樹を見られる貴重な場所と言えます。

 

■ソコトラ島の竜血樹
「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

しかも、カナリア島の竜血樹はソコトラ島のものよりも遥かに巨大です。見応え抜群なので、ぜひ見てみてください。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

 

■その他の見どころ

サイアム・パーク

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

「世界一楽しいウォーターパーク」に輝いたこともあるテーマパークで、タイのシャム王国がモチーフとなっています。世界最大の3mの高さの人工波も楽しめます。公式HPはこちらです。定休日はありません。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

ロロパーク

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

世界最大のオウム園で353種類のオウムやインコに会うことができます。また水族館や動物園もあり、ホワイトタイガー、オオルカショーなども見ることができます。公式HPはこちらです。

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典

 

コスタ・マルティアネス

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典 

 

非常に広い海水のプールで、アイスランドの温泉施設ブルー・ラグーンのように開放感のある時間を楽しむことができます。公式HPはこちらです。

 

その他、テネリフェ島にはモンキーパークや博物館など様々な観光施設があります。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-マドリード空港(約14時間、イベリア航空)

 

マドリード空港-テネリフェ島(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カナリア諸島①テネリフェ島」(スペイン):旅の大辞典
スペインの設定です。

備考

 

⇒レアルマドリードの関連商品

 

⇒バルセロナの関連商品

 

⇒フラメンコの関連商品

 

サンタ・クルス・デ・テネリフェ

Booking.com

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆