「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ジャイプル

場所

インド

(India)

時差

-3時間半

(サマータイム無し)

時期

11月~3月

 

ジャイプルは、デリー、アーグラと並び「インドの黄金三角地帯」と称されます。歴史的な素晴らしい建物が立ち並び、どれもこれも個性に溢れています。当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「ジャイプル②市内の見どころ(1)」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ジャイプルの見どころ一覧

 

ジャイプルには多くの見どころがありますが、ここは外せないという8ヶ所を厳選しました。数が多いので、こちらのページでは赤のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

また、ジャイプル観光では「コンポジットチケット(COMPOSITE TICKET)」を購入するのが一般的です。価格は1000ルピー(学生200ルピー)で、下記の8つの主要な観光スポットが含まれています。

場所 大人 学生
アンベール城 500ルピー 100ルピー
ナハーガー・フォート 200ルピー 25ルピー
ハワー・マハル(風の宮殿) 200ルピー 25ルピー
アルバート博物館 300ルピー 150ルピー
ジャンタル・マンタル 200ルピー 100ルピー
イサーラト 200ルピー 10ルピー
シソディアガーデン 30ルピー
ビドゥヤダールガーデン

・対象の場所で購入可能
・シティパレスは入っていない
・入場は各1回
・2日間有効

 

 

■ハワー・マハル(風の宮殿)

 

 

ジャイプルのシンボルで、1799年にジャイプルのマハラジャだったサワイ・プラテープ・シンによって建てられました。「ハワー」は「風」、「マハル」は「宮殿」を意味します。あまり知られていませんが、「世界一高い『土台が無い』建物」でもあります。またヒンドゥー教で伝えられる「クリシュナの王冠」をもとにしたデザインになっています。

 

 

通りに面した部分には953もの小窓があります。これだけの数が設置された理由は2つありました。1つ目は、風を取り入れて厳しいインドの暑さをしのげるようにすること。2つ目は、一般の人々に姿を見られることを禁じられていた宮廷女性たちが、安心して外を見られるようにすることです。

 

中にも入ることが出来まして、美しい中庭やジャイプルの街並みを一望できます。

 

【ハワー・マハル(風の宮殿)】
・9時~17時半
・料金:200ルピー

 

 

■シティ・パレス

 

 

1727年に、マハラジャのサワーイー・ジャイ・シング2世が建設した宮殿で、現在も一部の王族が居住しています。ラジャスタン様式とムガル様式が融合しているのが特徴で、敷地内には多くの建物があります。

入口

 入口は、王室専用の「トリポリア」と
 一般人用の「ウダイポール」「ビレンドラ
 ポール」の3つがあります。建築年代は
 18~20世紀と様々で、建築様式も
 それぞれ異なります。

ムバラク・マハル

 19世紀にイギリスの建築家がデザイン
 した迎賓館で、現在は衣装博物館に
 なっています。歴代の王族の衣装が
 収められているので見ごたえがあります。
 入口はターバンを巻いた衛兵が警備を
 しています。

チャンドラ・マハル

 シティパレスで最古の建物の1つで7階
 建ての白亜の宮殿です。現在も旧藩主の
 家族が住んでいるので、ほとんど見学でき
 ませんが1階のギャラリーだけ公開され
 ています。名前には「月の宮殿」という
 意味があります。

 ここで見逃せないのが、正面の中庭の
 回廊にある4つの扉です。
 有名な「クジャクの扉」をはじめとして
 それぞれ素晴らしい装飾が施されて
 います。

 

他にも武器博物館の「アナンド・マハル」や、美術ギャラリーの「ディワニ・アーム」などがあります。

ディワニ・カース

 

 

貴族の謁見殿で、吹き抜けのアーチ構造とピンク色が美しい建物です。ここで見逃せないのが「ガンジスの壺」。高さ1.6m、重さ340kg、容積4000Lという世界最大の銀製品で、ギネス記録に登録されています。これは約14000枚の銀貨を溶かして造られたそうです。

【シティ・パレス】
・コンポジットチケットには含まれていません。
・9時半~15時半
・入場料:500ルピー
・チャンドラ・マハル:3000ルピー

 

 

■ナハーガー・フォート

 

 

こちらも、サワーイー・ジャイ・シング2世が1734年に築いた要塞で、夜景の美しさに定評があります。頂上はレストランになっているので、ジャイプルの夜はここで決まりです(^^)

 

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

行くときはタクシーなどが多くなると思いますが、頂上にはレストランが2つあって、何も言わないと東のレストラン(青)に連れて行かれる可能性があります。

 

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

東側のレストランは普通の立地なので、西に比べると流行っていません。なのでタクシードライバーが客を連れて行くことでマージンをもらえるようです。そこで降ろされても歩いて西側のレストラン(赤)へ行けますが、面倒くさいので最初から指定するようにしてください。

 

■西側のレストラン

 

■東側のレストラン
「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ジャワハー・サークル・ガーデン

 

 

ジャイプル空港から2kmほどの場所にある公園で、「パトリカ門」という大門がインド屈指のインスタ映えスポットとして人気を集めています。その姿は女の子用のオモチャを大きくしたかのようで、シンデレラや白雪姫が出てきそうなほどメルヘンチックです。前から見ても可愛らしいですが、横から見るとスゴいことになります。

 

 

たくさんの門が奥に連なっていて、本当にファンタジーの世界に入り込んだようです。壁や天井にはパステルカラーで文様が描かれていて、ジャイプルの歴史も描かれています。公園の中央には噴水がありまして、毎日19時からショーが行われますので、ぜひ行ってみてください。

 

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

・5時~22時
・3、3A、3B、6Aなどの路線バス
・空港からタクシーで約7分

 

以上になります。続きまして下記から市内の見どころをご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-デリー空港(約9時間半)

 

デリー空港-ジャイプル空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ジャイプル②市内の見どころ(1)」徹底ガイド:旅の大辞典
インドの設定です。

備考

 

⇒インドのガイドブック

 

⇒ヒンディー語関連書籍

 

⇒インド料理

 

ジャイプル
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆