「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

ナスカ

(Nasca)

場所

ペルー

(Peru)

時差

-14時間

(サマータイム:無し)

時期

4月~11月

(乾季)

 

ナスカの地上絵は、南米西岸の乾燥地帯に描かれた地上絵の中で最も有名なもので、700以上の地上絵が発見されています。ペルーの代表的な観光地なので多くの旅行者で賑わっています。こちらのページでは地上絵についてご紹介します。アクセスやナスカの町については「ナスカ①」をご覧ください。

 

それではいきます。

 

 

■目次

 

 

■ナスカの地上絵

ペルーの絶景
出典:http://am-sur.com ※拡大できます

 

地上絵はセスナに乗って空から見ます。イカピスコでも申込むことは出来ますが、飛行時間が長くなるので少し料金が高くなります。

・ナスカで申込み:80US$~
・イカやピスコで申込み:200US$~

 

フライトは「値段が高い=所要時間が長く多くの地上絵を見られる」「値段が低い=所要時間が短く見られる地上絵が少ない」となります。つまり、海外旅行で一般的な「いくつかの旅行会社を比較して安いところを選ぶ」というやり方は良くなくて、内容を吟味して自分が求めるプランを選ぶことが大切です。

 

例えばナスカ発の場合、下記のようになります。

料金 所要時間 見られる地上絵
35US$ 約15分 4個
80US$ 約30分 12~14個
100US$ 約45分 20個

 

このほか、後述する「パルパの地上絵」を含むプランなどもありますし、シーズンによっても料金は変動します。

 

ベストな時間帯は午前中です。地上絵は、地面に少しだけ穴を掘っている状態なので、斜めに光が差して影が出来た方が見やすくなります。日中だと真上から光があたるので影ができず、セスナの上からだと見づらくなってしまいます。

 

午前中は天候も安定しているので、多くのツアーが催行されています。予約は旅行会社でも宿でもネットでも可能です。当日はナスカ空港から飛び立ちますが、空港まではツアー会社が送迎してくれるはずです。

 

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典

 

ナスカ発の場合、セスナは4~6人乗り。2列シートになっているので4人ならピッタリですが、6人の場合は2人が真ん中になってしまうので頑張って窓際をキープしてください(^^)

 

懸念材料として「乗り物酔い」があります。昔からナスカの地上絵観光は「念願かなって嬉しい」という人と「とにかく地獄だった。ひたすら早く終わることを願っていた」という人の2つに分かれます(^^;)

 

広大なエリアに描かれているとはいえ、高速のセスナで飛ぶ以上は「狭いエリアに多くの地上絵がかたまっている」状態になるので、セスナが上下左右にガンガン動くんですね。

 

すると、ジェットコースターやフリーフォールでお腹がふわっと浮く感じが何度も来るんです。酔う体質の人は体調管理をしっかりした上で、酔い止めも飲んでのぞんでください。それでは、主な地上絵をご覧ください。

 

■コンドル(135m)
ペルーの絶景

 

■ハチドリ(96m)
ペルーの絶景

 

■フラミンゴ/サギ(300m)
ペルーの絶景

 

■サル(55m)
ペルーの絶景

 

■クモ(46m)
ペルーの絶景

 

■宇宙人(32m)
ペルーの絶景

 

■キツネ/イヌ(45m)
ペルーの絶景

 

■クジラ(63m)
ペルーの絶景

 

■手(43m)
ペルーの絶景

 

最後の「手」は、マリア・ライヘさんが町から約15kmほどの場所に建てた展望台からも見ることができます。タクシーかツアーでのアクセスになり、入場料が2ソルです。

 

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典 「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■パルパの地上絵

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典 

 

地上絵はナスカだけでなく、南米西岸の乾燥地帯で広く見られます。その中にあって近年注目を集めているのが、ナスカの手前にあるパルパの町の地上絵です。ナスカからは目と鼻の先なのですが、遊覧飛行のエリア外にあったため最近になってようやく発見されました。

 

ペルーの絶景
出典:http://am-sur.com ※拡大できます

 

ナスカの地上絵よりも完成度が高いというか、より「お絵描き感」が強くて、ますます「宇宙人の落書き説」を信じたくなってくる地上絵です。

 

ペルーの絶景

 

ペルーの絶景
出典:https://www.airpano.com

 

 

■カザフスタンの地上絵

ペルーの絶景

 

実は地上絵は世界各地で確認されています。中でもカザフスタンの地上絵は2007年にグーグルアースで発見されたという「生まれたての古代文明」です。カザフスタン北部のトゥルガイにあるので「トゥルガイの地上絵(Steppe Geoglyphs)」と呼ばれています。

 

図形の大きさは90~400mでナスカと同規模。こちらもまだまだ多くの地上絵が眠っていると考えられていて、さらに大きな地上絵の発見が期待されています。

 

 

以上になります。世界トップクラスのミステリー「ナスカの地上絵」。ぜひ行ってみてください(^^) アクセスやナスカの町については「ナスカ①」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-リマ空港(約8時間半)

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ナスカ②様々な地上絵」徹底ガイド:旅の大事典
ペルーの設定です。

備考

 

⇒ペルーのガイドブック

 

ナスカ
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆