「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン

(Cenote Samula&Cenote Xkeken)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-14時間

冬:-15時間

時期

11月~4月

 

セノーテ・サムラは、日本ではあまり知られていない場所なのですが、天井から美しいスポットライトが差す絶景セノーテとして人気が急上昇しています。隣にあるセノーテ・エスケケンは小規模ながら見事な鍾乳石を見ることができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典 

 

拠点の街はバジャドリド。チチェン・イツァ最寄りの街で、メキシコ政府の観光局が「魔法のように魅惑的な場所」という視点で選んだ「プエブロ・マヒコ」の1つに選ばれています。16世紀にスペイン人が築いた街なのでコロニアルな雰囲気が残っています。人口は約5万人。

 

最寄りの空港は2つあります。

■カンクン国際空港(CUN)
・国内外合わせて約100都市に就航
就航路線一覧

 

■マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(MID)/メリダ
・国内外合わせて15都市に就航
就航路線一覧

 

カンクンやメリダからバジャドリドへのアクセスは、こちらからご覧ください。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

バジャドリド
Booking.com

 

 

■セノーテ・サムラ

 

 

セノーテ・サムラはバジャドリドからすぐなので、タクシーで行くのが一般的です。

 

 

セノーテ・サムラ(赤)のすぐ近くには「セノーテ エスケケン(Cenote Xkeken)」(青)もあり、合わせて訪れることができます。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

現地はちゃんと整備されているので迷うことはありません。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

■セノーテ・サムラ&エスケケン
・営業時間:8時~19時
・料金:80ペソ(片方)/120ペソ(両方)

 

セノーテ・サムラの入り口はこちらの階段です。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

そして、登場します。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

絶景ですね(^^) 画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

セノーテ・サムラは2018年公開のディズニー映画「リメンバー・ミー」で似た場所が登場して話題となり、近年人気が急上昇しています。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典
(C)リメンバー・ミー/Disney

 

とはいえ、まだまだ知名度は低いので特に日本人はほとんどいません。ここに行く人はコアなメキシコファンやセノーテファンですね(^^) 訪れる際の注意点としては、穴が真上にあるため10時~14時頃に行くことです。光が差し込む幻想的な景色を見ることができます。

 


出典:https://www.pinterest.jp

 

「サムラ」は、正式には「Sac(白)・Mul(洞窟)・Ha(水)」というマヤ語です。「白く輝く水の洞窟」ということですね。「セノーテ・ジトナップ(Cenote Dzitnup)」という別名もあります。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

グランセノーテなどに比べると圧倒的に人が少ないので、ノビノビと遊泳できるのが魅力です。ライフジャケットは無料で利用できまして、シャワーやトイレも無料です。天然のドクターフィッシュなどもいますので旅情感たっぷりです(^^)

 

 

■セノーテ・エスケケン

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

続いてセノーテ・エスケケンへ。歩いて移動できるので楽ちんです(^^) こちらはサムラよりも小規模ですがダイナミックな鍾乳石を見ることができます。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

日本人はまずいませんので、美しい鍾乳洞の下でノンビリとスノーケリングを楽しむことができます。ちなみに「エスケケン」は「豚の穴」という意味があります。昔、マヤ人が豚を追いかけていたときに、逃げる豚が穴から落ちたことで発見されたんだそうです。

 

こーゆー場所に行くときは「マリンシューズ」を持っていくと便利です。濡れる場所専用のクツなので、川でも滝壺でも入っていけますし、それゆえに滑りづらく作られています。ビーチサンダルだと滑って危ないだけでなく、水の中ではすぐに脱げてしまい安全に歩くことが出来ません。

 

■マリンシューズ      ■アウトドアサンダル
 

 

例えば「アウトドアサンダル」なら脱げることが無いためまだマシなのですが、素足が露出しているので、肌を切ってしまったり突き指をしてしまうことがあります。マリンシューズなら足全体が保護されている上に、メッシュ素材のものが多いので「乾きやすい」「かさばらない」といったメリットもありますのでオススメです。

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典

 

以上になります。ユカタン半島の秘境セノーテ・サムラとエスケケン。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-カンクン空港(約4時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「セノーテ・サムラ&セノーテ・エスケケン」徹底ガイド:旅の大事典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

バジャドリド
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆