「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ゴールデンサークル

(Golden circle)

場所

アイスランド

(Iceland)

時差

9時間

時期

6月から8月

 

ゴールデンサークルは、アイスランド観光のメインディッシュで「シンクヴェトリル国立公園」「グトルフォス」「ゲイシールの間欠泉」の3つを中心に様々な見どころがあります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はレイキャビク。アイスランドの首都で、アイスランドの人口の約3分の2が集中しています。首都としては世界最北で、地熱エネルギーの利用や水素燃料による路線バスの運行など、クリーンエネルギーが発達しています。人口は約12万人。空港から市内への行き方は、こちらのページからご覧ください。

 

最寄りの空港はケプラヴィーク国際空港(KEF)。国内外合わせて20以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

レイキャビク
Booking.com

 

 

■ゴールデンサークルの概要

 

アイスランドが誇る景勝地密集エリア「ゴールデンサークル」。具体的には「グトルフォス」「ゲイシール間欠泉」「シンクヴェトリル国立公園」の3つを指します。アクセスはツアーかレンタカーになります。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

■移動時間の目安
・レイキャビク→シンクヴェトリル国立公園:約45分
・シンクヴェトリル国立公園→ゲイシールの間欠泉:約1時間
・ゲイシールの間欠泉→グトルフォスの滝:約20分

 

 

■シンクヴェトリル国立公園

 

 

レイキャビクを出発して最初に訪れる場所で、アイスランドに3ヶ所ある国立公園の1つです。「ギャオ(Gjá)」と呼ばれる「大陸プレートの境目」を見ることが出来る貴重な場所で、公園の西側は「北米プレート」、東側は「ユーラシアプレート」になります。

 

アイスランドは、この2つのプレートに引っ張られているために、毎年2.5cmずつ国土が広がっているそうですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

シンクヴェトリル国立公園は、930年より「アルシング」という議会が置かれた場所で、「シンクヴェトリル」という名前にも「議会の場所」という意味があります。

 

アルシングでは、古くは「国教をキリスト教にする決定」にはじまり、中世には「魔女裁判」が行われ、近代では「デンマークからの独立宣言」が発せられるなど、非常に重要な場として機能してきました。

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

今ではアルシングもレイキャビクに移っていますが、歴史的に重要な場所なので元の場所にはアイスランドの国旗が建てられています。周辺にはビジターセンターやトイレがあり、遊歩道も整備されています。

 

そして、シンクヴェトリル国立公園の最大の見どころが、透明度世界一の湖「シルフラ」です。

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

雪解け水が大地に染み込む中で濾過されて、それがプレートの割れ目に染み出してきて誕生した淡水の湖で、年間を通して水温が2~3℃と低いため微生物の発生も少なく、なんと100~120mという透明度になっていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ドライスーツという温度が保たれるダイビングスーツを着て、スノーケリングやダイビングをすることができます。

 

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■グトルフォス

 

 

アイスランド最大の滝で、名前は「黄金の滝」を意味します。2段になっていて、1段目の落差が15m、2段目の落差は30m、幅は70mになります。最も水量の多い時期には毎秒140m3の水が流れ落ちます。

 

 

20世紀初頭には水力発電所を造る計画が持ち上がったのですが、シグリットという少女が工事に反対し、ときには滝に飛び込もうとしたり、ときにはレイキャビクまでの200kmの道のりを歩いたりして、工事中止を訴えたそうです。

 

それですぐに工事が中止になったわけではないのですが、事態を知った国民からの批判が相次いで工事が延期になり、最終的に資金不足なども加わり計画は白紙になりました。滝壺には彼女の銅像も建っています。

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周辺にはレストランとトイレがあり、トイレは有料です。滝へは遊歩道があり夏なら滝の間近へ行くことができます。冬には道も凍ってしまって危ないので、遠くから眺めるだけになります。

 

 

滝の上から下まで歩けるので、様々なアングルで写真を撮ることができます。

 

 

■ゲイシールの間欠泉

 

 

ホイカダールル渓谷にある間欠泉なのですが「ゲイシール」自体は今は活動をしておらず、少し北にある「ストロックル間欠泉」が活発に活動しています。

 

(00:50頃と01:30頃に噴出シーンがあります)

 

大体10分おきに噴出してくれているので、ほぼ確実に噴出を見ることができます。高さは20~40mも吹き上がるので大迫力です。本当に熱いので、ガイドの指示に従い風上に立つようにしてください。

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ゲイシールが活動していた頃は高さ100mまで吹き上がったそうで、最近では2000年の噴出が高さ122mを記録しています。周辺にはレストランやカフェだけでなくホテルなどもあります。

 

 

■そのほかの見どころ

ケリズの火口跡

 

 

約6500年前に誕生したカルデラ湖で、夏の紺碧の水面も、冬の雪化粧の姿も非常に美しいです。私有地にあるので別途で400クローナ必要です。

 

 

シークレットラグーン

 

 

1891年に造られた温水プールで、ブルーラグーンより小規模ですが、大自然の圧倒的な開放感の中で入浴することができます。

 

 

ブルーアゥルフォスの滝

 

 

非常に美しい滝でレンタカーでアクセスできます。ただ、ここは私有地なのですが、2018年6月から一般客の立ち入りが禁止されてしまい、現在は行くことができません。

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヘルシンキ空港(約10時間、フィンランド航空)

 

ヘルシンキ空港-レイキャビク空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ゴールデンサークル」徹底ガイド:旅の大辞典
アイスランドの設定です。

備考

 

⇒アイスランドのガイドブック

 

レイキャビク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆