「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

バクタプル

(Bhaktapur)

場所

ネパール

(Nepal)

時差

-3時間15分

(サマータイム無し)

時期

10月~5月

(乾季)

 

バクタプルは、カトマンズ盆地で最も古くに発達した街です。2015年のネパール地震の被害も少なく、カトマンズを離れてゆっくりしたい人にオススメです。ダルバール広場だけでなくトウマディー広場にも行ってみてください。

 

それでは、ご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はカトマンズとバクタプルです。

 

カトマンズは、ネパールの首都であり最大の都市です。カトマンズ以外の場所に住むネパール人にとっては「カトマンズ=ネパール」であり、「カトマンズに行く」ときには「ネパールに行ってくる」と言います。人口は約176万人。

 

最寄りの空港はカトマンズ国際空港(KTM)。国内外合わせて約40都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内への移動は、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

カトマンズ
Booking.com

 

バクタプルは、1200年からのマッラ王朝の中心都市ですが、土地として考えると、古代からインド・中国・チベットを結ぶ交通の要衝として栄えてきました。人口は約83000人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

バクタプル
Booking.com

 

 

■カトマンズからバクタプルへのアクセス

 

 

バクタプルはカトマンズから東に約12km離れていて、カトマンズのバクタプル方面専用のバスターミナルから直通バスが出ています。ナガルコットなどへ行くときも、ここからバクタプルへ行ってナガルコット行きのバスに乗り換えます。

・4時半~20時まで運行
・「7番」か「9番」のバス
・所要時間:約1時間
・料金:30ルピー

 

バクタプルのバスターミナルは複数ありますが、カトマンズからであれば街の西側のバスパークで降りることが多いです。バスパークからダルバール広場までは徒歩で約10分です。

 

 

タクシーの場合、所要時間は約40分、料金は1000~1500ルピーです。

 

 

■ダルバール広場

 

 

ネパールは1200年~1769年までマッラ王朝が支配していました。1484年にバクタプル・マッラ王朝とカトマンズ・マッラ王朝に分裂し、1619年にはカトマンズ・マッラ王朝からパタン・マッラ王朝が分裂しました。

 

「ダルバール」は「宮廷」という意味で、3王国それぞれが競うように美しい広場をつくりあげたので、カトマンズ・バクタプル・パタンの全てに同名の広場があります。バクタプルのダルバール広場は、カトマンズやパタンと比べると広くて人も少ないので、また違った趣があります。

 

■地震後(2020年7月撮影)

 

2015年のネパール地震において、バクタプルのダルバール広場は一部の寺院が被害を受けるにとどまり、旧王宮や国立美術館は今も公開しています。

 

ここでは、この記事を作成している2020年7月時点での、各場所のストリートビューの出来るだけ新しいもの・分かりやすいものを表示して、地震前後の様子をご覧いただければと思います。ちなみに、入場料が1500ルピーかかります。

 

旧王宮

■地震後(2018年2月撮影)

 

マッラ王朝時代の宮殿で、衛兵が守っているゴールデンゲートから入ります。つっかえ棒で補強しているのが分かります。特筆すべきは入口右側にある「55窓の宮殿」。ネパール特有の美しい窓枠が見事です。

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中に入ると「タレジュ・チョーク」という中庭があります。隣接するタレジュ寺院にはヒンドゥー教徒でないと入れません。

 

 

ただ、宮殿の裏手にある「ヘビの池(snake pond)」という沐浴場も面白い場所です。

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

国立美術館

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

国立美術館は旧王宮の左の建物で、立派な狛犬のような彫刻が入口の目印です。中には仏画や像などが展示されていますが、普通の旅行者にとっては、これといった見どころは無いように感じます(^^;) 入場料は安いので興味のある方は入ってみてください。

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

・月:10時~15時
・火:休み
・水~日:10時~17時
・料金:150ルピー

 

バクタプルは「王様のヨーグルト」という意味の「ズーズー・ダウ」が有名です。ダルバール広場周辺でも売っていますので、ぜひ食べてみてください。小さいカップだと約20ルピーで、味は店によって様々ですが、いずれも美味しいです。

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■トウマディー広場

 

 

ダルバール広場から南西に約200m離れた場所にあります。

 

 

18世紀に建てられた「ニャタポラ寺院」(左)が見事で、5層の基壇の上に5重の塔が立っています。入口の階段には、下から順に「戦士」「ゾウ」「ライオン」「グリフィン」「女神」の像が置かれていて、1つ階が上がるごとに10倍の強さがあるそうですΣ(゚∀゚ノ)ノ ズームすると良く見えますので、見てみてください。

 

■地震後(2018年2月撮影)

 

右の建物は「バイラヴナート寺院」で、17世紀に建てられましたが1934年の地震で倒壊し再建されました。

 

このほか、バクタプルで最も古い街並みが残るタチュパル広場なども風情があるのでオススメです。

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カトマンズ空港(約7時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「バクタプル」徹底ガイド:旅の大辞典
ネパールの設定です。

備考

 

⇒ネパールのガイドブック

 

バクタプル
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆