「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

カトマンズ

(Kathmandu)

場所

ネパール

(Nepal)

時差

-3時間15分

(サマータイム無し)

時期

10月~5月

(乾季)

 

カトマンズは、4世紀後半にはネパール王国の中心地として栄えた世界屈指の古都です。唯一無二の歴史的な街並みが広がっていましたが、2015年のネパール大地震で大きな被害を受けてしまいました。

 

当サイトでは地震前後の状態を比較しながら、3ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」になります。

 

それでは、ご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

カトマンズは、ネパールの首都であり最大の都市です。カトマンズ以外の場所に住むネパール人にとっては「カトマンズ=ネパール」であり、「カトマンズに行く」ときには「ネパールに行ってくる」と言います。人口は約176万人。

 

最寄りの空港はカトマンズ国際空港(KTM)。国内外合わせて約40都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

カトマンズ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部のタメル地区から東に約6km離れています。ネパールはビザが必要ですが、空港でアライバルビザを取得できます。

・15日:25ドル
・30日:40ドル
・90日:100ドル

 

市内への移動方法は、バス、タクシー、空港送迎の3つです。

 

サジャバスで行く

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「サジャバス」が空港内に乗り入れていて、タメル地区付近の「プラノ・バスパーク(Purano Bus Park)」までをつないでいます。プラノ・バスパークは「オールド・バスパーク」とも呼ばれます。タメル地区までは徒歩で約20分です。

 

 

空港の外にある大通り「リングロード(Ring Road)」まで行くと複数のローカルバスが運行していますが、旅行者にはかなりハードルが高いですし、大きい荷物があると乗せてもらえないので実質使えません。ただ、料金も変わらないので使う必要性もありません。

・所要時間:約30分
・料金:約20ルピー
公式HP(ネパール語)

 

タクシーで行く

■定額制
・空港内のカウンターで申し込み
・料金:700ルピー
・所要時間:約20分

 

■メーター制
・料金:400~500ルピー

 

空港送迎で行く

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はリンクからご覧ください。

 

 

■カトマンズの見どころ一覧

 

カトマンズには多くの見どころがありますが、ここは外せないという6ヶ所を厳選しました。こちらのページでは青のアイコンについてご紹介します。(緑の下に隠れています)アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

上記の他には「インドラ・チョーク」「アサン・チョーク」といった市場や、旅行者が集まるタメル地区もにぎやかです。

 

 

■ダルバール広場

 

 

ネパールは1200年~1769年までマッラ王朝が支配していました。1484年にバクタプル・マッラ王朝とカトマンズ・マッラ王朝に分裂し、1619年にはカトマンズ・マッラ王朝からパタン・マッラ王朝が分裂しました。

 

「ダルバール」は「宮廷」という意味で、3王国それぞれが競うように美しい広場をつくりあげたので、カトマンズ・バクタプル・パタンの全てに同名の広場があります。

 

残念ながら2015年のネパール大地震で大きな被害を受けてしまいましたが、それも都市の年輪として刻まれていくので、旅行者は現在のダルバール広場を満喫すればよいのではないでしょうか。

 

ここでは、この記事を作成している2020年7月時点での、各場所のストリートビューの出来るだけ新しいもの・分かりやすいものを表示して、地震前後の様子をご覧いただければと思います。

 

■マップ(拡大できます)
「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://albinger.me

 

入場には1000ルピーかかります。ただ、24時間空いていて早朝には無料で見学することができます。朝は祈りの場になっているところも多いので、配慮を欠かさずに行動してください。

 

シヴァ寺院(maju deval)

■地震前
「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

17世紀末に造られたヒンドゥー教寺院で、9段の基壇の上に3重の塔が立っています。独特な外観なのでダルバール広場を象徴する建物の1つでした。中には、破壊と想像の神であるシヴァ神のリンガが祀られています。現在は基壇の部分が残るのみとなっています。白いお堂は完全に無くなってしまいました。

 

■地震後(2019年8月撮影)

 

カスタマンダプ寺院(kasthmandap)

■地震前
「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「1本の大木から建てられた」という伝説を持つ、ネパール最古の現存する建築物でした。12世紀頃に巡礼宿として建てられたと考えられています。残念ながら完全に倒壊してしまいました。

 

■地震後(2018年7月撮影)

 

ナラヤン寺院(Trailokya Mohan Narayan)

■地震前
「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

シヴァ寺院を少し小さくしたような寺院で、基壇を残すのみとなっています。ただ、正面のガルーダ像は残っています。

 

■地震後(2018年7月撮影)

 

シヴァ・パールヴァティ寺院(shivaparvati temple)

■地震後(2019年8月撮影)

 

18世紀に建てられた、美しい彫刻が見どころの寺院です。かろうじて倒壊を免れ、現在はつっかえ棒で補強されています。中央の上部の窓からシヴァ神とパールヴァティ妃が通りを覗いています。

 

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タレジュ・ベル

■地震後(2020年6月撮影)

 

1797年に取り付けられた鐘で、儀式の際などに鳴らされます。こちらはしっかりと残っています。

 

カーラバイラブ像

■地震後(2020年4月撮影)

 

カーラバイラブはシヴァ神の化身で、人気の撮影スポットであると共に、人気の参拝地でもあります。

 

アショク・ビナヤク(ashok binayak)

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

とても小さなお堂なのですが、ヒンドゥー教でも屈指の人気を誇る神様ガネーシャが祀られています。こちらもしっかり残っています。

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

カトマンズは日本語で予約出来る現地ツアーも多いです。詳細はこちらからご覧ください。

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カトマンズ空港(約7時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カトマンズ①アクセスとダルバール広場」徹底ガイド:旅の大辞典
ネパールの設定です。

備考

 

⇒ネパールのガイドブック

 

カトマンズ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆