「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

カサ・セノーテ

(Casa Cenote)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-14時間

冬:-15時間

時期

11月~4月

 

カサ・セノーテは、体験ダイビングが出来る珍しいセノーテで、簡単に光のカーテンや水中洞窟を見ることができます。マングローブ林の中を泳いでいくダイビングは、透明度が非常に高いので森の中を泳いでいるような錯覚に陥ります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町はトゥルム。海岸線にそびえ立つトゥルム遺跡から約4km離れた場所にある町です。1990年代には静かな町でしたが、現在は各地への観光拠点として賑わっています。人口は約18000人。トゥルムへのアクセスは、こちらからご覧ください。

 

最寄りの空港はカンクン国際空港(CUN) 。国内外合わせて約100都市に最新の就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスや日本人宿については、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

トゥルム
Booking.com

 

 

■カサ・セノーテ

 

 

トゥルムから車を走らせること約15分、カリブ海からわずか30mの場所に、細長く美しい水面をたたえるセノーテがあります。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

スノーケリングはもちろんのことダイビングも楽しめます。営業時間は9時~17時、入場料は150ペソです。全体図はこちらです。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典
出典:https://www.dailydive.com ※拡大できます

 

このセノーテは水深が10m前後なので体験ダイビングも行われています。つまり、ライセンスを持っていない人でも憧れの「光のカーテン」を見ることができるんです(^^) さっそく中に入ってみましょう。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

水中洞窟があるのですが、本格的なものではないので初心者ダイバーにもおあつらえむきです。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

そして洞窟を出ると光のカーテンの登場です(^^)

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

キレイですね(*´ω`*) ツアー客が大挙して押し寄せるグランセノーテに比べると圧倒的に空いているのでノンビリと楽しめるのも魅力です。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

ただ、このセノーテのハイライトは実は別にあります。それがこちら。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

まるで森の中を泳いでいるようですΣ(゚∀゚ノ)ノ これはいわゆるマングローブ林なんです。しかし水の透明度がセノーテクオリティなので、このようなダイビングになるんです。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

海水と淡水の境目である「ハロクライン」も見ることができますし、ダイビングポイントとして非常にオススメです。この他、カヌーなども楽しむことが出来ます。

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典

 

以上になります。マングローブ林の中を泳げる絶景セノーテ。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-カンクン空港(約4時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カサ・セノーテ」徹底ガイド:旅の大事典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

トゥルム
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆