「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

名称

ラス・メドゥラス

(Las Médulas)

場所

レオン地方

(León)

時差

8時間

時期

春と秋

(四季があります)

 

ラス・メドゥラスは、古代ローマの時代に採掘された金鉱脈跡で、その独特な採掘方法によって世界でも類を見ない景観が生み出された文化遺産です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

拠点の街はマドリードとポンフェラーダです。

 

マドリードはマドリード州の州都で人口は約330万人。ヨーロッパ屈指の世界都市で、2017年にアメリカのシンクタンクが発表した世界都市ランキングでは、世界15位にランクインしました。

 

最寄りの空港はマドリード・バラハス空港 (MAD)。国内外合わせて190以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

マドリード中心部(ソル周辺)
Booking.com

 

ポンフェラーダは、レオン県の中心自治体で一部の地域ではガリシア語が使われています。11世紀からの記録が残る古都で、人口は約7万人。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ポンフェラーダ
Booking.com

 

 

■マドリードからポンフェラーダへのアクセス

バスで行く

■南バスステーション
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

ラス・メドゥラスへは、まずポンフェラーダへ行きます。近隣の大都市としては、マドリードの南バスステーションから「ALSA」のバスが出ています。

・所要時間:約5時間
・1日7本程度
・片道:34.2€

 

■ポンフェラーダのバスステーション
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

鉄道で行く

■チャマルティン駅
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

マドリードのチャンマルティン駅から、ポンフェラーダへ向かう列車が出ています。アトーチャ駅からは出ていませんので注意してください。「ALVIA」などの高速列車と鈍行列車があります。合計で1日4本ほどです。

・所要時間:4~6時間
・1日4本程度
・片道:約40€

 

■ポンフェラーダ駅
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

 

■ポンフェラーダからラス・メドゥラス

 

ポンフェラーダからラス・メドゥラスまではバス、タクシーチャーター、レンタカーになります。

 

バスは、AUPSA, S.A.というバス会社が運行しています。片道約40分です。毎日便があるわけではないので確認が必要です。一応公式HPを載せておきます。また、こちらの会社がレンタカーサービスも行っています。

 

タクシーチャーターは、往復+2時間待機で60€前後です。ドライバーさんと交渉してください。

 

 

■ラス・メドゥラス

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

ラス・メドゥラスは「麓歩き」と「展望台からの眺め」が2つのハイライトになります。まずは、観光案内所へ行ってマップなどをもらってください。

 

■観光案内所
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典 

 

■マップ
「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

まず車で「オレリャン展望台」まで上がってしまうのがオススメです。午後になると逆光になりますので、訪れるのは正午までがベストです。観光案内所から車で約10分です。

 

 

そして、展望台からの眺めがこちらです。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

奇岩地帯は世界に多々ありますが、ここは「人間がつくりだした奇岩地帯」なので、自然に出来たそれとは趣が違います。

 

ラス・メドゥラスは紀元前には知られていた金鉱脈で、紀元前4世紀には装飾品などが作られていました。そして古代ローマ帝国がこの地を征服すると大規模な金鉱脈発掘を行いました。それが「ルイナ・モンティウム」と呼ばれるこちらの方法です。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

山にアリの巣のような穴を掘り、一定の大きさになったところで水を流し込んで、その圧力で土を吹き飛ばし、その飛ばされた土から砂金を探すという方法です(^^;)

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

下に流れた水は、また川の流れになるわけですね。このような方法だったので周辺にはトンネルが山程あります。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

前後左右上下に走るトンネルで中は真っ暗なので、絶対に入り込んだりしないようにしてください。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

下に広がる緑は何の木だと思いますか。これは実は全て「クリ」の木なんです。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

金鉱脈の作業員たちの食料として、一帯に植えられたんだそうです。水を流し込んでの土崩しにしても、栗の植樹にしても、2000年も前にされたこととは思えないくらいダイナミックですし、それが今に残っているというのがスゴいところです。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

麓も絶景の連続です。ここで金が彫り尽くされてしまったことがローマ帝国の衰退につながったという説もあるほど、実は世界の歴史に大きく関わった場所です。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

周辺は東西に4km,南北に5km広がっていて、一帯の地層は1500万年前に形成されています。

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典

 

1997年にはユネスコの世界遺産に登録された「ラス・メドゥラス」。マドリードからの1泊2日旅行でぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-マドリード空港(約14時間、イベリア航空)

 

マドリード-ポンフェラーダ(バスで約5時間)

 

ポンフェラーダ-ラス・メドゥラス(タクシーで約40分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ラス・メドゥラス」(スペイン):旅の大辞典
スペインの設定です。

備考

 

⇒レアルマドリードの関連商品

 

⇒バルセロナの関連商品

 

⇒フラメンコの関連商品

 

ポンフェラーダ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆