「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

カリーの巨木

(Big Karri tree)

場所

西オーストラリア州

(Western Australia)

時差

-1時間

サマータイム無し

時期

12月~3月

 

カリーの巨木は、ペンバートン周辺の、上まで登ることが出来る高さ50m以上にもなる3本の巨木を指します。2019年に1つ閉鎖されたので、残りは2つになります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はペンバートン。グロスター国立公園の入口にある町で、パースからは南に約330km離れています。カリーの巨木の他にも観光鉄道やカヌーなどのアクティビティが充実していて観光業で賑わっています。人口は約700人。

 

最寄りの空港はパース空港(PER)。国内外合わせて約50都市に就航しています。2019年の9月から、成田からの直行便が運行しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。パース空港から市内への行き方は、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ペンバートン
Booking.com

 

 

■パースからペンバートンへのアクセス

 

パースからペンバートンへはレンタカーが基本になります。公共交通機関の場合「電車+バス」と「バス+バス」になり、どちらもバンバリーを経由します。ただ、本数が週に数本しかないので現実的ではありません。

 

レンタカーは日本語で予約できます。

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■3つのカリーの巨木

 

3つのカリーの巨木とペンバートンの位置関係はこのようになります。

・赤:ペンバートン
・紫:グロスター・ツリー
・緑:バイセンテニアル・ツリー
・青:ダイヤモンド・ツリー

 

グロスター・ツリーはペンバートンの中心部から東に約3km、バイセンテニアル・ツリーは南西に約10km離れていて、それぞれ国立公園の入園料が12A$かかります。ダイヤモンド・ツリーは北東に約17km離れていて、無料で登ることが出来たのですが、現在は老朽化などの危険性から閉鎖されてしまいました。

 

ですので、車があればグロスター・ツリーとバイセンテニアル・ツリーは1日で回れますが、登って降りるのはとても体力を使いますし、木には安全設備が無いので決して無理はしないようにしてください。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

カリーの木はコアラのエサとして有名な「ユーカリ」の一種です。普通でも10~60mに育ち、最高では90mにもなります。オーストラリアのみならず世界でもトップクラスに高くなる木で、なんと、根も50mほど地中に伸びているそうです。

 

 

■グロスター・ツリー

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

木にハシゴのように打ち込まれた153本の金具を登っていきます。上まで登りきれるのは挑戦者の20%ほどとのことです。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さは53m。命綱や落下防止網などが設置されていないところがスゴイです(^^;)頂上には見張り台があります。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

元々は、その高さを活かして周辺の火事を発見する見張り台として造られました。

 

 

真ん中に人がいますのでアップしてみてみてください。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すれ違う場所は無いので下から人が登ってきたら登りきるしかありません(^^;) 下は極力見ない方が良いです。ホントに怖いので。そして頂上からの景色がこちらです。

 

 

確かに見張り台にはピッタリです。しかし、それを実行に移すのがスゴイですよね。日本ではこれはありえません(^^;)

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.haveagonews.com.au

 

降りるときは、登るとき以上に慎重になって無事に地上に戻ってください(^^)

 

 

■バイセンテニアル・ツリー

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウォーレン国立公園にあり、オーストラリアの200周年を記念して1988年にハシゴと展望台が設置されました。見張り台も兼ねていますが観光がメインになります。空に向かって真っ直ぐ伸びた姿が美しいです。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

足場は165本。ただただ慎重に登るのみです。

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さは3つの中で最も高い65m。こちらが頂上からの景色です。

 

 

 

■ダイヤモンド・ツリー

 

樹齢250年の巨木で高さは52m。1940年に見張り台に選ばれました。70年代の中頃まで見張り塔として使われ、90年代半ばから観光に使われてきましたが、2019年に人工物の老朽化などの危険から、登ることは禁じられてしまいました。

 

 

以上になります。世界に「背の高い木」は多々ありますが、それに登ってもいいという場所は珍しいので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パース空港(約10時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カリーの巨木」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒西オーストラリア州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ペンバートン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆