「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ランセリン大砂丘とピナクルズ

(Lancelin & Pinnacle Desert)

場所

西オーストラリア州

(Western Australia)

時差

-1時間

サマータイム無し

時期

12月~3月

 

ランセリン大砂丘とピナクルズは、西オーストラリアを代表する観光地で世界中から多くの人が訪れます。レンタカーでも行けるのですが、両方とも星空が素晴らしくて、ピナクルズの場合はツアーでないと星空の時間には入れないので、旅程に合わせて検討してみてください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はパース。西オーストラリア州の州都で、オーストラリア有数の大都市です。実は日本の鹿児島県と姉妹都市になっています。文化・教育・観光の中心で世界中から多くの人が訪れます。人口は約206万人。

 

最寄りの空港はパース空港(PER)。国内外合わせて約50都市に就航しています。2019年の9月から、成田からの直行便が運行しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

パース
Booking.com

 

 

■パース空港からパース市内への移動

 

 

パース空港は4つのターミナルがあり、T1が国際線で残りは国内線です。とても広い空港で、ターミナル間の移動も無料バスで約15分かかります。市内中心部からは東に約12km離れていて、市内への移動方法はバス、タクシー、レンタカーの3つです。

 

バスで行く

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ルート40」と「ルート380」の路線バスが、空港と市内中心部の「エリザベス・キー・バス・ステーション」をつないでいます。料金はどちらも4.9A$です。

■ルート40
・ターミナル3・4から運行
・5時半頃~23時頃まで運行
・所要時間:約35分
・30~60分に1本

 

■ルート380
・ターミナル1・2から運行
・5時頃~25時頃まで運行
・所要時間:約45分
・30~60分に1本

 

時刻表検索

 

■エリザベス・キー・バス・ステーション
 

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、市内中心部まで約30分。料金は約40A$で、空港使用料が3A$加算されます。また、土日祝の割増もあります。

 

レンタカーは日本語で予約できます。

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ランセリン大砂丘

 

 

ランセリン大砂丘は、パースから北に約130km離れていて、ピナクルズに行く途中で訪れるのが一般的です。車では約1時間半で、レンタカーかツアーになります。

 

 

4WDでしか行けないのでレンタカーの場合は注意してください。結構な風がありますのでウィンドブレーカー的なものがあると便利です。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「オーストラリアの雪」と称されるほどの真っ白な砂と青い空が訪れた人を童心に帰らせるのか、みんなキャッキャキャッキャ言いながらサンドボードを楽しみます。

 

 

夜になると満天の星空を見ることができます。

 

 

 

■ピナクルズ

 

 

ピナクルズは、ウェーブロックと並ぶ西オーストラリア州の名所で、ランセリン大砂丘から北へ約80km離れています。

 

 

400ヘクタールという広大なエリアに数千もの岩がそびえ立つ姿は「荒野の墓標」と称されています。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

公園には4kmのドライブコースと、1.2kmの遊歩道が整備されています。なので4WDで無くても車で巡ることが可能です。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ピナクル」は「尖塔」という意味で、教会の屋根などにある小さな塔を意味しています。最大のもので3.5mほどになります。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

この不思議な地形は地球の壮大な歴史が創り上げました。はるか昔に海の底だった一帯は、貝殻がつもり石灰質の土壌となります。やがて陸地になり、砂が堆積して森へと変化します。しかし長い間に森は無くなり、木の根が侵食していった砂岩部分から風化がはじまり、約6000年前には現在の姿になりました。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1967年に保護区に指定されるまで、オーストラリア国内でも、ほとんど知られていない秘境中の秘境だったそうです。1994年には隣接する保護区域と合わせて「ナンブン国立公園」となり、現在では年間で約15万人が訪れる人気の観光地になっています。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

特に美しいのがサンセットと星空です。星空はツアーに参加しないと見られませんので、ぜひ検討してみてください。

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.getyourguide.jp

【ピナクルズ】
・駐車場:7時15分~17時半
・ビジターセンター:9時半~16時半

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パース空港(約10時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ランセリン大砂丘とピナクルズ」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒西オーストラリア州のガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

パース
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆