「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ヤスール火山

(Mount Yasur)

場所

バヌアツ

(Vanuatu)

時差

+2時間

(サマータイム:無し)

時期

6月~9月

(乾季)

 

ヤスール火山は、世界で一番火口に近づける火山と言われていて、バヌアツで最も有名な観光地です。溶岩がグツグツと煮えたぎり噴火する様子は圧巻で、地球の活動を直に感じられる貴重な場所です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はポートビラとタンナ島。

 

ポートビラはバヌアツ共和国の首都で、現地では「ヴィラ」と呼ばれています。公用語はビスラマ語ですが英語やフランス語も普及しています。人口は約45000人。

 

最寄りの空港はポートビラ空港(VLI)。国内外合わせて25都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ポートビラ
Booking.com

 

タンナ島はヤスール火山がある島で、バヌアツで最も肥沃な島でもあります。島民は伝統的な生活を守っていて、ツアーで生活の様子や黒魔術の儀式などを見ることが出来ます。

 

 

 

最寄りの空港はホワイト・グラス空港(TAH)。国内の6都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

タンナ島
Booking.com

 

 

■ポートビラ空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北に約5km離れています。市内への移動方法はミニバスとタクシーです。ただ、宿の場所によっては歩けなくも無いので、歩きで行きたい方は宿の場所をチェックしてみてください。

■ミニバス
・料金:150バツ

 

■タクシー
・料金:約1500バツ

 

 

■ヤスール火山

 

 

まずは飛行機でヤスール火山があるタンナ島へ行きます。バヌアツはたくさんの見どころがありますので、ポートビラのツアー会社で他のツアーと一緒に申し込んでも良いですし、ヤスール火山付近のホテルに宿泊とガイドツアーの予約をする方法もあります。

 

 

空港から登山口までは車で約1時間半です。ただ、タクシーなどはありませんので、ツアーの予約なりホテルの送迎なりで必ず移動手段を確保しておいてください。個人で現地に行くにしても、登山は必ずガイドツアーに参加します。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まずはジャングルロードを走っていきます。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、何もない荒野をひた走ります。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが登山口の入り口です。入山料を支払い、ガイドツアーのグループが組まれます。キレイな施設でトイレもあるので必ず行っておきましょう。また、自分が必要と思う装備をレンタルすることも出来ます。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしていよいよ登山開始。とはいっても山頂の標高は361mなので20分ほどで登ることができます。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

途中にはポストが設置されていて「世界一危険なポスト」としてギネスブックに登録されています。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてついに到着です。火口は直径約400mにもなります。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

噴火は1時間に数回起こります。噴火には大きく2種類ありまして、簡単に言うと「煙を多く発生させる噴火」と「煙が少ない噴火」です。ツアーは安全に行われていますが、自然が相手なのでケガ人や死者もゼロではありません。それはどこの山でも同じなので過度に怖がる必要はありませんが、必ずガイドの指示に従って行動してください。

 

そして噴火Σ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周辺の雰囲気はこんな感じです。これは煙が多いですね。

 

 

この火山が誕生したのは約10万年前。人類の歴史からは遥かにさかのぼりますが、地球の歴史で考えると非常に若い火山なので元気に活動しているということです。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

山頂にビューポイントは9つあって、その日の天候や火山の活動具合でガイドが行き先を決めます。「サンライズツアー」「デイツアー」「サンセットツアー」などがありますが、基本的に頂上での滞在時間は1~2時間です。

・サンライズツアー:3時半~6時
・デイツアー:9時~13時
・サンセットツアー:16時半~19時

 

また、複数回訪れることで入山料が安くなるシステムになっています。

・2回目:半額
・3回目:4分の1
・4回目:無料

 

ですので、宿泊すれば全ての時間帯で溶岩を見物することもできます。一番キレイに見えるのは当然サンセットツアーなので、ぜひ麓のホテルに滞在してサンセットツアーに参加してください。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。火山としては青い炎で有名なインドネシアの「イジェン火山」に匹敵する世界的なポイントだと思います。ぜひ行ってみてください(^^)

 

■イジェン火山
「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ヤスール火山は日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細は下記からご覧ください。

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■タンナ島のそのほかの見どころ

ブルーケーブ

 

 

天井の穴から光が差し込む絶景スポットです。下の海もキレイなのでスノーケリングを楽しめます。

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

巨大バンヤンツリー

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バンヤンツリーは「ベンガル菩提樹」のことで、ハワイやタイの「サイ・ンガーム公園」などが有名です。大きく横に枝を広げ、そこから気根という根を地面に垂らしていき、地面に到達すると幹へと変化し成長していきます。

 

グーグルマップでは表示されないのですが、地元の人は知っていますので、ぜひ行ってみてください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ナンディ(フィジー)空港(約8時間半)

 

ナンディ空港-ポートビラ空港(約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ヤスール火山」徹底ガイド:旅の大辞典
バヌアツの設定です。

備考

 

⇒バヌアツのガイドブック

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ポートビラ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆