「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ホエールスイム

(Whale swim)

場所

トンガ

(Tonga)

時差

+4時間

(サマータイム無し)

時期

7月~10月

 

トンガは、巨大なザトウクジラと一緒に泳ぐことができる世界でも珍しい場所で、シーズンには世界中から大勢の観光客が訪れます。南太平洋では唯一の「王国」なので、その独特なスタイルも旅情感を増してくれます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町は「ヌクアロファ」と「ネイアフ」です。

 

ヌクロファは、トンガ王国の首都でトンガタプ島にあります。国民の約3割が住んでいて、市内を走るバスはタクシーと同じで個人が運営しています。また、英語が通じることが多いです。人口は約21000人。

 

最寄りの空港はファアモツ国際空港(TBU)。国内外合わせて7都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヌクアロファ
Booking.com

 

ネイアフはトンガ第2の都市で、ホエールスイムのメッカとして有名なババウ諸島のババウ本島南部にあります。世界有数の良港があり、マリンスポーツも盛んなので多くの観光客が訪れます。人口は約6000人。

 

 

 

最寄りの空港はババウ国際空港(VAV)。国内外合わせて4都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ネイアフ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

ファモアツ国際空港は、島の名前をとって「トンガタプ国際空港」と呼ばれたり、首都の名前をとって「ヌクアロファ国際空港」とも呼ばれます。とても小さな空港で、市内への移動はタクシーになりますが、タクシーも常にいるわけでは無いんですね(^^;)

 

ですので、事前にホテルを予約しておき送迎を頼んでください。タクシーは定額制で40パアンガ(約2000円)、所要時間は約30分です。

 

 

■ホエールスイム

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

毎年7月から10月にかけてトンガ周辺にはザトウクジラがやってきます。目的は赤道付近の温かい海で交尾・出産・子育てをすることです。船を走らせるとスタッフたちは周辺のボートと連携してザトウクジラを探します。シーズンであれば遭遇率は80%以上と言われていて、かなり期待が持てます(^^)

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

クジラを発見Σ(゚∀゚ノ)ノ 船はクジラの進行方向へ周り、客は飛び込む準備をします。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ホエールスイムのコツは「とにかく追いかけないこと」。そもそも追いかけたところで一瞬で引き離されて終わりなので、ノンビリ浮かんでクジラが警戒心を解いてくれるのを待ちます。クジラが安心すればずーっと近くで泳いでくれることも珍しくないそうです。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典 「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

クジラの集団が離れていったら、船に戻って再びクジラを捜索です。まぁ最終的には運ですので、日頃の行いが大事ですね(^^;)

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

もちろんイルカもいます。しかし目的はザトウクジラ。来てくれないかなーと思っていると…

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

突如、こんな近くに現れることもΣ(゚∀゚ノ)ノ サイズによっては本当に怖いです(^^;) そして再び入水。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

親子のザトウクジラと泳げるのはトンガだけ。赤ちゃんも巨大ですが、あどけなさは感じるので不思議です。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

運が良ければ、1頭のメスを10頭以上のオスが追いかける「ヒートラン」と呼ばれる状態を見ることが出来るかもしれません。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

これは6頭くらいですが(^^;) しかし、大きな体のザトウクジラが5頭を超えると、それはもう潜水艦隊のようなド迫力です。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ババウ島がメッカなのは変わりませんが、シーズン中はトンガ周辺ならクジラはいますので、最近では首都のヌクアロファでもホエールスイムが行われています。飛行機でババウ島に行く時間とお金が浮くので、それでも良いと思います。

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。世界一のクジラの楽園トンガ。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ナンディ(フィジー)空港(約8時間半)

 

ナンディ空港-ファアモツ空港(約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ホエールスイム」徹底ガイド:旅の大辞典
トンガの設定です。

備考

 

⇒トンガのガイドブック

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ヌクアロファ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆