「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ホホジロザメのケージダイビング

(Cage diving)

場所

ネプチューン島

(Neptune Islands)

時差

夏:+30分

冬:+1時間半

時期

5月~2月

(特に夏が海況が安定しています)

 

ホホジロザメのケージダイビングは、オーストラリアの南部にあるネプチューン島で行うことができます。水面のケージでもホホジロザメは寄ってくるので、実はダイビングが出来ない方でも体験することができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はポートリンカーン。エアー半島の先端に位置する都市で、日本向けのインドマグロの蓄養などが行われています。高知県の室戸市と姉妹都市になっています。人口は約14000人。

 

最寄りの空港はポートリンカーン空港(PLO)。アデレードとのみ就航しています。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ポートリンカーン
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北に約15km離れています。市内への移動方法はタクシーになりまして、所要時間は約10分、料金は約25A$です。ただ、ホテルに送迎を頼めることが多いので、まずはホテルに問い合わせてください。

 

 

■アデレードからポートリンカーンへの移動

■セントラル・バスステーション
 

 

アデレードのセントラル・バスステーションからポートリンカーンへの直通バスが出ています。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

・バス会社:「stateliner」
・月~土に1日1本運行
・8:30発-18:20着
・料金:100A$~150A$
公式HP

 

 

■ケージダイビング

 

 

ケージダイビングは、南アフリカ共和国のハマナス、メキシコのグアダルーペ島など、ごく一部の場所でのみ行われている究極のアドベンチャーダイビングです。ポート・リンカーンのダイビングショップで申し込みます。

 

■ポートリンカーンのダイビングショップ

 

ツアーを決める際に大事になるのが、日帰りか宿泊かということです。日帰りだと「サーフェース・ケージ」のみで、宿泊だと「ボトム・ケージ」も可能になります。「サーフェース・ケージ」は、すなわち「海面のオリ」ということです。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://stylecaster.com

 

この場合、ダイビングをするわけではないので、ウェットスーツは着ますがフィンは履かずタンクも背負いません。代わりに船からレギュレーターが伸びていて、それを加えて呼吸します。こんな感じですね。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

なので、実はダイビングのライセンスが無い方でもケージダイビングは出来るんです(^^) そして「ボトム・ケージ」は水深10~15mほどでホホジロザメを待ちます。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ttps://matadornetwork.com

 

こう聞くと「ボトムケージの方が良いのかな」という感じがすると思いますが、別に海中の方が遭遇率が高いとか、長く見ていられるとか、そういうことはありません。どちらも「ただ待つ」のではなく、ケージの近くにエサを撒いておびき寄せますので、高い確率で見ることができます。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ツアーの出発は大体6時半頃。宿からの送迎があるダイビングショップがほとんどです。7時頃に出港してネプチューン島までは約2時間です。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://adventurebaycharters.com.au

 

ネプチューン島はなーんにもない無人島です。ただ、野生動物には楽園だと思います(^^)

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まずは「サーフェース・ケージ」から。魚をドロドロのミンチにしたエサが海に撒かれて、同時にマグロの頭も釣りのエサのように投入されます。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1回の潜水時間は約30分。12~16kgのウェイトベルトを装着します。ケージには4人が入れますが体の大きな外国人男性などがいるとキツキツになります(^^;)

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、ついに登場!

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

大興奮ですΣ(゚∀゚ノ)ノ ただ、どれだけ興奮しても絶対に隙間から手を出したりしないようにしてください(^^;)

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ホホジロザメは、世界で最も凶暴なネズミザメ科のサメで、大きいものでは約5mにもなります。「ホオジロザメ」と表記されていることがありますが、「頬が白い」ので「ホホジロザメ」なので「ホオジロザメ」は間違いです。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ネプチューン島は、あの「JAWS」のロケ地なので、ホホジロザメの本場中の本場なのです(^^) 海況が一番安定するのは夏ですが、冬には大型のサメが現れるそうです。3~4月は海況も荒れてしまい、サメの出現率も低くなります。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして「ボトム・ケージ」。こちらはタンクを背負います。良い点を2つあげるとすると、まず水面のバチャバチャ感が無いので、碧い静かな海中で落ち着いてホホジロザメを観察できます。もちろんバチャバチャ感があった方が「JAWS」的な迫力が出ますから、どっちも良いんですけどね(^^) そして2つ目はホホジロザメを下から見ることが出来るということです。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

興味はあるけど「どうしても恐ろしい」という人や「自分はともかく子供はさすがに」という人のためにアクリルボックスも用意されています。これはスタンダードの装備では無いと思いますので、事前に確認してください。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.viator.com

 

そして、希望すればアザラシと泳ぐこともできます。

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典 「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ただ、気になるのは「…え?サメは…?」ということですよね(^^;) もちろんサメのいる海域では泳ぎません。かなり離れていますので大丈夫です。船のスタッフによれば30年間で一度だけ見たことがあるらしいですが…Σ(゚∀゚ノ)ノ

 

以上になります。一度は見たことがある恐怖の「ジョーズ」。ぜひ本物を見てみてください♪

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ケアンズ空港(約7時間)

 

ケアンズ空港-アデレード空港(約3時間15分)

 

アデレード空港-ポートリンカーン空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ホホジロザメのケージダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
オーストラリアの設定です。

備考

 

⇒南オーストラリアのガイドブック

 

⇒オーストラリア留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ポートリンカーン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆