「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ワイトモ洞窟

(Waitomo Caves)

場所

北島

(North Island)

時差

夏:+4時間

冬:+3時間

時期

年間を通して楽しむことができます

 

ワイトモ洞窟は、土ボタルがつくりだす幻想的な光が有名で「世界8番目の不思議」とも称されます。年間で約25万人が訪れるニュージーランド屈指の観光地で「天空の城ラピュタ」の「飛行石の洞窟」と似ているということもあり日本人にも大人気です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はオークランドとハミルトンをご紹介します。

 

オークランドは、ニュージーランド最大の都市でオセアニア全体でも有数の世界都市です。14世紀頃に先住民族であるマオリが住みだしたと言われています。人口は約170万人。

 

最寄りの空港はオークランド国際空港(AKL)。国内外合わせて約70都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内への移動は、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

オークランド
Booking.com

 

ハミルトンは、ニュージーランドで4番目に大きな都市で、ワイトカ地方の中心都市です。埼玉県のさいたま市と姉妹都市になっています。人口は約17万人。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ハミルトン
Booking.com

 

 

■ワイトモ洞窟へのアクセス

 

 

ワイトモは、オークランドからでも車で約2時間半なので、ハミルトン、ロトルアなど各地からアクセス出来ます。オークランドからは長距離バスでも行けるのですが、料金・時間・労力を考えると、ここはツアーでも良いと思います。

 

オークランドからのツアーの場合、マタマタにあるホビット村なども合わせて訪れるのが一般的でして、2日に分けずに1日で済ませれば宿泊費を考えても割安かと思います。

 

■セントラル・バスターミナル
 

 

オークランドからバスで行く場合、まずはセントラル・バスターミナルへ行き「インターシティコーチライン」のバスで「オトロハンガ」へ行きます。

・1日3本
・行き:7:35、8:45、14:00
・帰り:9:56、18:15
・所要時間:約3時間
・料金:25~40N$
公式HP

 

オトロハンガ駅から100mほど離れたバスターミナルから、ワイトモのビジターセンター前まで予約制のシャトルバスが出ています。予約は公式HPのこちらのページから行います。

 

 

レンタカーは日本語で予約できます。

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ワイトモ洞窟の概要

 

 

ワイトモ洞窟は「ワイトモ鍾乳洞」「グローワーム(土ボタル)洞窟」とも呼ばれ、天井が土ボタルの幻想的な光で埋め尽くされることで知られています。厳密には、周辺の様々な洞窟を総称して「ワイトモ鍾乳洞」で、その中で最も土ボタルが多いことで有名な洞窟が「グローワーム洞窟」です。

 

先住民族マオリの言葉で「ワイ」は「水」、「トモ」は「洞窟」、つまり「水の洞窟」ということなので「ワイトモ洞窟」は俗称になります。

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

形成されたのは3400万年前~2300万年前で、石灰岩を地下水が長い年月をかけて削っていきました。1900年頃には既に有名な観光地であり、イギリスが買い取ってマオリがガイドを行っていたそうです。

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.northcoastjournal.com

 

「土ボタル」というのは俗称で実際には「ヒカリキノコバエ」というハエの幼虫です。捕食のために光り輝く粘液を出す生き物なんです。

 

鍾乳洞はどこもそうですが、滑りやすいのでしっかりしたクツで行くのがオススメです。洞窟内は年間を通して12~14度なので半袖だと少し寒いです。

 

 

■グローワーム洞窟

 

 

最も土ボタルの数が多くて幻想的な洞窟で、一般に「ワイトモ洞窟」というと、ここを指します。内部の撮影は禁止です。

 


出典:https://www.touristsecrets.com

 

まさに「天空の城ラピュタ」の「飛行石の洞窟」ですよね(^^)

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:© 1986 Studio Ghibli

・11~3月:8時半~17半
・4~10月:9時~17時
・15~30おきにツアー催行
・ツアー所要時間:45分
・単独料金:55NZ(大人)/25NZ(子供)
公式HP

 

 

■ルアクリ洞窟

 

 

グローワーム洞窟よりも小規模になりますが、こちらも幻想的な光を見ることができます。

 

 

地下90mまでの螺旋階段が素晴らしく、それだけでも楽しい場所です。

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://bushandbeach.co.nz

 

また、タイヤに乗って地下河川を下る「ブラックウォーター・ラフティング」も人気です。

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.viator.com

・9時~15時半
・1時間おきにツアー催行
・ツアー所要時間:2時間
・単独料金:70NZ(大人)/30NZ(子供)
公式HP

 

 

■フットウィッスル洞窟

 

 

こちらは撮影が許可されています。また、サンセットツアーやナイトツアーも開催されています。

 

・9時~17時
・ツアー所要時間:75分
・単独料金:64NZ(大人)/39NZ(子供)
・サンセットツアー:69NZ(大人)/49NZ(子供)
公式HP

 

 

■アラヌイ洞窟(光らない)

 

 

こちらはグローワームはいないのですが素晴らしい鍾乳洞で、ピンク、白、オレンジの様々な鍾乳石や石筍を見ることが出来ます。

 

・9時~16時
・ツアー所要時間:60分
・単独料金:55NZ(大人)/25NZ(子供)
公式HP

 

 

以上になります。ラピュタの世界を味わえるグローワーム洞窟。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-オークランド空港(約10時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ワイトモ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
ニュージーランドの設定です。

備考

 

⇒ニュージーランドのガイドブック

 

⇒ニュージーランド留学

 

オークランド
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆