「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

シャークダイビング

(Shark diving)

場所

フィジー

(Fiji)

時差

夏:+4時間

冬:+3時間

時期

1月~3月

乾季

 

シャークダイビングは、ダイバーにとってはフィジーの代名詞ともいえるアクティビティで、一般的には危険な「オオメジロザメ」も間近で見られるというスゴイ場所なんです。

 

それではいきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町はナンディと、パシフィック・ハーバーです。

 

ナンディはフィジー本島にあり、首都のスバ、ラウトカに次ぐ第3の都市で、フィジーのみならず南太平洋の国々への玄関口になっています。日本人向けのリゾートホテルは「デナラウ地区」に並んでいます。人口は約43000人。

 

最寄りの空港はナンディ空港(NAN)。国内外合わせて約30都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ナンディ
Booking.com

 

パシフィック・ハーバーはフィジーの南部中央に位置する町で、ダイビングを中心としたマリンスポーツが盛んです。人口は約2000人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

パシフィック・ハーバー
Booking.com

 

 

■ナンディ空港からナンディタウンへの移動

 

 

空港は町の中心部から北東に約5km離れています。市内への移動方法は、タクシー、バス、空港送迎、ホテルの送迎の4つです。

 

タクシーで行く

タクシーはメーターが無いので、必ず最初に交渉してください。

■ナンディタウン行き
・所要時間:5~10分
・料金:約15F$

 

■デナラウ島エリア行き
・所要時間:約20分
・料金:約40F$

 

バスで行く

バスはローカルと急行があり、ローカルは、空港を出て目の前のクイーンズロードを渡り「フィジー・ゲートウェイホテル」前のバス停から出ます。終点はナンディタウンのバスターミナルです。急行は空港の出発ロビー前にバス停があります。

■ローカル
・10~30分おきに運行
・料金:1.31F$

 

■急行
・早朝~20時頃まで運行
・30分おきに運行
・料金:1.31F$(ナンディ)/2.53F$(ラウトカ)

 

空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ナンディからパシフィック・ハーバーへのアクセス

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

パシフィック・エクスプレスという高速バスで行くことが出来ます。

・1日10本程度
・所要時間:3~4時間
・料金:4~14F$
公式HP

 

ただ、ダイビングショップに申し込み済みであれば送迎があるのが普通です。

 

 

■シャークダイビング

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

パシフィック・ハーバーを出航して約30分。「The Bistro」というポイントで餌付けは行われています。

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最大深度は25mで、透明度はそこまで高くありません。そして…

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出ましたΣ(゚∀゚ノ)ノ ここではなんと8種類のサメを見ることが出来ます。

・タイガー・シャーク(イタチザメ)
・ブル・シャーク(オオメジロザメ)
・トウニーナース・シャーク
・シルバーチップ・シャーク
・ホワイトチップ・シャーク
・ブラックチップ・シャーク
・レモン・シャーク
・グレー・シャーク

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

エサ箱の周りにはおびただしい数の魚…とサメ(^^;) サメの他にも大型のロウニンアジやツムブリなどがウヨウヨしています。

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

しかし、やっぱり見どころはサメです。触れる距離まで来てくれます。

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして…

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出たーーーΣ(゚∀゚ノ)ノ こちらがタイガーシャーク。胴回りのトラ柄が目印です。別名は「イタチザメ」。

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

この方はですね、立派な…人食いザメです!(T^T)/ サメというのは映画「ジョーズ」の影響で「人を襲う魚」というイメージがありますが、500以上の種類がある中で、実は人を襲う可能性があるサメは「ホホジロザメ」「イタチザメ」「オオメジロザメ」など、ごく一部の種類です。…そのうちの1つです(^^;)

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

しかし、ここでは餌付けされているので(変なマネをしなければ)大丈夫です(^^) タイガーシャークと潜れる場所は、ここ以外だとカリブ海のバハマが有名です。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■バハマのシャークダイビング
「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

話はフィジーに戻りまして、ガイドさんが手に持っているのは、マグロの頭部分。サメがスーッと寄ってきて…

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ガブリ!(見えづらくてすみません)

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

サメに手でエサをあげられる場所というのも中々ありません(^^;) このポイントでは深度を変えて2本潜らせてくれますので、これでもかというほどサメを堪能できます(^^)

 

 

以上になります。ぜひタイガーシャークを間近でみてください。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ナンディ空港(約8時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「シャークダイビング」徹底ガイド:旅の大辞典
フィジーの設定です。

備考

 

⇒フィジーのガイドブック

 

⇒フィジー留学

 

⇒スキューバダイビング関連

 

ナンディ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆