「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

トゥズ湖

(Tuz Golu)

場所

トルコ

(Turkey)

時差

-6時間

サマータイム:無し

時期

6月

 

トゥズ湖は、近年SNSを通して有名になってきたピンクレイクで、季節限定ではありますがウユニ塩湖のような鏡面世界を楽しめると人気です。中国からの観光客がドンドン増えていますので、早めに行くのがオススメです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はアンカラとギョレメです。

 

アンカラは、トルコの首都でイスタンブールに次ぐ第2の都市です。紀元前12世紀頃からの歴史が残る古都で、第2次世界対戦後に急発展し、現在も拡大を続けています。人口は約442万人。

 

最寄りの空港はアンカラのエセンボーア国際空港空港(ESB)。国内外合わせて50以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

アンカラ
Booking.com

 

ギョレメは、ギョレメ国立公園の中にある町で、初めてカッパドキアに行く人にオススメです。古来より、ヒッタイト、アッシリア、ペルシャ、シリアなど、様々な大勢力の影響を受ける場所だったため、人々は岩に隠れるようにして町を築き上げました。人口は約2000人。

 

 

 

最寄りの空港はカッパドキア空港(NAV)。イスタンブールとのみ就航しています。また、カイセリ空港(ASR)も近くて、こちらは国内外合わせて13都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ギョレメ
Booking.com

 

 

■アンカラ空港から市内への移動

 

 

アンカラ空港は市内中心部から北東に約28km離れています。市内への移動方法はバスかタクシーです。

 

バスで行く

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ベルコ・エアー社(Belko Air)」のバスが、空港と市内中心部の「クズライ地区」をつないでいます。

・「442番」のバス
・24時間運行
・5時~24時:30分おき/8リラ
・24時~5時:1時間おき/11リラ
・所要時間:約45分

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、24時間営業です。所要時間は30~40分、料金は85リラです。

 

 

■アンカラからトゥズ湖へのアクセス

 

 

アンカラのバスターミナルからギョレメ方面のバスに乗って途中で下車させてもらう、という流れになります。「47番」カウンターの「Tuzgolu SEYEHAT社」で「トゥズ・ギュル」と伝えてください。

・6時半~18時まで運行
・1時間に1本程度
・所要時間:約2時間
・料金:25リラ

 

観光後は、ギョレメへ行くにしてもアンカラに戻るにしても、サービスエリアで行き先方面のバスを見つけて交渉するか、ヒッチハイクするかになります。トルコはヒッチハイクしやすい国として有名なので、初心者の人でもチャレンジしてみてください。

 

ただ、ヒッチハイクは無料というわけではありません。お礼を渡すのが当然なので、失礼でない額を渡してください。「いらないよ」と言われたら大丈夫です。

 

■トゥズ湖のサービスエリア
 

 

奥がサービスエリアです。現地の人に「ギョレメに行きたい」といって、バスを捕まえられる場所を教えてもらうのがオススメです。

 

 

 

■カッパドキアからトゥズ湖へのアクセス

■ギョレメのバスターミナル
 

 

ギョレメのバスターミナル(オトガル)で、アンカラ行きのバスチケットを購入します。ギョレメを出発したら、ネブシェヒルのバスターミナルを経由してアンカラへ向かいます。やはり途中で下車させてもらう形になりますので、チケット購入時と乗車時に必ずトゥズ湖へ行きたいことを伝えてください。

・所要時間:約3時間
・料金:35リラ

 

「NEVSEHIRSEYAHAT」というバス会社は上記のサービスエリアで休憩があるので、そこで降りればよいのですが、バス会社によっては付近で降ろされることもあります。その場合はヒッチハイクをしてください。

 

 

■トゥズ湖

 

 

現地では「トゥズ ギュル」と呼ばれていて「Tuz(トゥズ)」が「塩」、「Gölü(ギュル)」が「湖」を意味します。トルコでは2番目に大きな湖で、面積は1665平方km。これは琵琶湖の約2.5倍にあたる大きさで、トルコ国内に流通する塩の70%を生産しているそうです。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

雨季でも深さ1~2mにしかならない湖で、乾季になると水が蒸発していきます。すると、湖に生息する藻類が日差しから見を守るための成分を発し、その影響で水がピンク色になっていきます。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ベストシーズンは、水が適度に残っている6月頃です。いわゆるウユニ塩湖のような鏡面世界を楽しむことができます。ただ、どちらかというと「ピンクレイク」としての魅力の方が強いと思います。撮影用に置いてあるイスが確かにフォトジェニックです。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

7月~8月も悪くない時期で、水はが少なくなるものの塩が淡いピンクになっているので、ピンクビーチのような美しさになります。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.freepik.com

 

南部の群島ではオオフラミンゴが繁殖していて、2001年に特別保護地域に指定されました。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://versesbyavoyager.com

 

現地には足を洗う場所がありますので裸足で入っていきましょう。塩分濃度が高いため、足に切り傷などがあったりすると痛いので注意してください。そして、トゥズ湖のハイライトは夕日です。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ボリビアのウユニ塩湖と比較されることが多いですが、さすがにウユニには及びません。ウユニの夕日はこうなります。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

とはいえ、トゥズ湖の夕日も世界レベルであることに変わりはありません。ぜひ、サンセットの時間までは現地にいて素晴らしい夕日を堪能してください。

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。トルコが誇るピンクレイク。ぜひ行ってみてください(^^)

 

カッパドキアからはツアーが出ていて日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-イスタンブール空港(約12時間)

 

イスタンブール空港-カッパドキア空港(約70分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「トゥズ湖」徹底ガイド:旅の大辞典
トルコの設定です。

備考

 

⇒トルコのガイドブック

 

ギョレメ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆