「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

イスタンブール

(Istanbul)

場所

トルコ

(Turkey)

時差

-6時間

サマータイム:無し

時期

春~秋

 

イスタンブールは古代から世界史の中心地の1つで、「ビザンティウム」「コンスタンティノープル」と名前を変えながら、東西の交易路として発展し続けました。当サイトでは4ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ボスフォラス海峡クルーズの概要

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

トルコは南西部に地中海が広がり、北部に黒海が広がっています。この2つの海をつなぐのがボスフォラス海峡で、世界で最も美しい海峡の1つと言われています。

 

 

ボスフォラス海峡クルーズは複数の会社が運行しているので内容は様々ですが、大きくロングクルーズとショートクルーズに分かれます。

 

いずれもイスタンブールのガラタ橋付近のフェリーターミナル(赤)から出発し、ロングクルーズはアナドル・カヴァウ(青)まで船で行って、自由時間で(多くの人は)ヨロス城(紫)を観光してイスタンブールに戻ります。ショートクルーズはファーティフ・スルタン・メフメット橋(緑)付近でUターンします。

 

ロングクルーズは1日1往復が基本で、ショートクルーズは1時間毎に出港している感じです。料金はロングクルーズが20~25リラ、ショートクルーズが10~20リラです。その他、途中下船の可不可、片道のみの可不可、ナイトクルーズの有無、などで料金が異なります。

 

当ページでは「シェヒル・ハットラル社(Sehir Hatları)」のロングクルーズをご紹介します。スルタン・アフメット地区からガラタ橋への行き方は「イスタンブール③」をご覧ください。

 

 

■ボスフォラス海峡クルーズ

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

チケットを購入したら改札を通って出港時間まで待機します。基本的に1日1往復ですが、夏季のみ2往復になります。片道約1時間45分です。

 

■通年

イスタンブール発 アナドル・カヴァウ着 アナドル・カヴァウ発 イスタンブール着
10:35 12:20 15:35 17:20

 

■夏季増便

イスタンブール発 アナドル・カヴァウ着 アナドル・カヴァウ発 イスタンブール着
13:35 15:20 17:00 18:45

 

船はこちら。2階建てでデッキスペースもあります。席は自由席です。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典 「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

船から見るイスタンブールは、また少し趣が違います。イスタンブール名物となっている「ガラタ橋の釣り人達」を正面から見られるのも船ならではです(^^)

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

旧市街側を見ると丘の上にはスレイマニエ・モスクが、新市街側にはガラタ塔がそびえ立ちます。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典 「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして出発。水は非常にキレイです。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出発して程なくすると、左手に観光名所の1つである「ドルマバフチェ宮殿」が現れます。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1843年に造られた宮殿で、オスマン帝国最後の皇帝であるメフメト6世が退去するまで使われていました。その後はトルコ大統領が使用し、宮殿の全ての時計は、初代大統領のアタテュルクが亡くなった9時5分で止められています。

 

2つの宮殿からなり、それぞれ入場料がかかります。見学はガイドツアー参加になりまして、1グループ40名で15分おきに催行されます。公式HPはこちらです。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「7月15日殉教者の橋」。建国50周年を記念して1973年に架けられた橋で、以前は「ボスフォラス大橋」と呼ばれていましたが、2016年のクーデター事件後に名前が変わりました。全長1.5km。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

45分ほど進むと、左手に「ルメリ・ヒサル」が現れます。1452年に造られた南北約250mの要塞で、非常に青空をバックに美しく広がっています。

 

当時イスタンブールは東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルでした。それを攻略しようとしたオスマン帝国のメフメト2世が、攻略の起点として僅か4ヶ月ほどで建設させたという逸話が残っています。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ルメリ・ヒサルを通り過ぎる頃「ファーティフ・スルタン・メフメット橋」の下を通ります。ショートクルーズはここでUターンします。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロングクルーズの人は、さらに45分ほど進み「アナドル・カヴァウ」の町に上陸します。戻りの船が出港するまでが自由時間なので、必ず出港時間を確認してから下船するようにしてください。大抵はここからヨロス城を目指します。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

町はとても小さくてカワイイ感じです。ヨロス城へは観光客の後をついていけばたどり着きます。港からは約1kmなんですが、上り坂になるので体力がいります(^^;) 上りで約30分、下りで約15分をみておいてください。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてついに到着!こちらがヨロス城です。

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

城の奥には美しい黒海が広がります。ぜひ天気が良い日に行ってみてください(^^)

 

 

以上になります。4ページに渡りイスタンブールをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

イスタンブールは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-イスタンブール空港(約12時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「イスタンブール④ボスフォラス海峡クルーズ」徹底ガイド:旅の大辞典
トルコの設定です。

備考

 

⇒トルコのガイドブック

 

イスタンブール
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆