「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ワディ・ラム

(Wadi rum)

場所

ヨルダン

(Jordan)

時差

夏:-6時間

冬:-7時間

時期

春と秋

 

ワディ・ラムはヨルダン旅行の定番観光地で、砂漠の中にそびえ立つダイナミックな岩山を舞台にしたキャンプツアーが大人気です。満天の星空の下で食べるベドウィン料理は最高の思い出になること間違いなしです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町はアカバとワディムーサです。

 

アカバはヨルダン最南端の町で、イスラエルとの国境に面しています。西隣にはイスラエルのエイラットがあり、陸路での国境超えが出来ます。年間を通して温暖な気候のためリゾート地としても人気です。人口は約95000人。

 

最寄りの空港はアカバのキング・フセイン空港(AQJ)。国内外合わせて8都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。アカバへのアクセスは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

アカバ
Booking.com

 

ワディ・ムーサはペトラ遺跡に隣接する村で、ペトラ遺跡の入り口まで歩いて行くことが出来ます。宿は多いですが、ハイシーズンは予約して行った方が無難です。人口は約7000人。

 

 

 

最寄りの空港はアカバのキング・フセイン空港(AQJ)。国内外合わせて8都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。ワディ・ムーサへのアクセスは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ワディ・ムーサ
Booking.com

 

 

■ワディ・ムーサからワディ・ラムへのアクセス

直通バスで行く

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ワディ・ラム村への直通ミニバスで、1日1本運行しています。予約は前日から可能で、宿のスタッフに頼めば大丈夫です。

・6:30発
・所要時間:約2時間
・料金:8ディナール

 

途中、ビジターセンターでエリア入場料の5ディナールを支払います。ツアーに参加している人は既に含まれていると思います。

 

■ワディ・ラムのビジターセンター
 

 

全員が支払いを済ませたら、さらに車を走らせて「ワディ・ラム村」へ行きます。

 

 

村に到着すると、すでに絶景が広がります(^^)

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バスを降りると、空港の到着ロビーを出た時のように、ツアー会社やホテル送迎の人たちが待っています。

 

アカバ行きのバスに乗る

 

ワディ・ムーサからヨルダン最南端の町・アカバへ1日数本のバスが出ています。国道47号線を走っていくので、ワディ・ラムのビジターセンターへの分岐点となる「Rashidiyah村」で下車し、タクシーでワディ・ラム村へ向かいます。

 

最初のバスの料金は5ディナールで、これはアカバへ行く場合も同じです。ワディ・ラム村へはタクシーだと5ディナール、乗り合いトラックがいれば1ディナールで行くことができます。

 

 

■アカバからワディ・ラムへのアクセス

直通バスで行く

 

 

アカバのバスステーションから、ワディ・ラム村への直通バスが出ています。基本は7時発で、所要時間は約1時間、料金は5ディナールです。

 

タクシーで行く

1時間くらいなので、最初からタクシーにしてしまっても良いと思います。

 

 

■ワディ・ラム

 

 

ワディ・ラムは「月の谷」とよばれるほどダイナミックな景観が広がる場所で、砂漠の一泊二日ツアーを求めて世界中から多くの観光客が訪れます。「ワディ」は、雨季のみ水が流れる「涸れ川」のことで、「ラム」は「高い」を意味していまうす。

 

歴史は古く、ペトラと同じで古代ナバタイ人が活動していたので、岩壁に壁画や文字が残されています。1962年の映画「アラビアのロレンス」のロケ地としても有名です。

 

 

ワディ・ラム村でツアーのメンバーが揃ったら、さっそく砂漠ツアーに出発です。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最初に出てくるのは「ロレンスの家」。かつてアラビアのロレンスが住んでいたそうです。(ツアーにより訪れる場所は違います)

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

続いて「ハザリ渓谷」。日陰が多いので気持ち良い場所です。標高は1650m。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ここではナバタイ人が残した文字を見ることができます。また、ラクダに乗る場合は10分で5ディナールです。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、ハイライトの1つであるウンム・フルース石橋が現れます。天然のアーチで、上に登ることもできます。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

かわいいキノコ岩(^^)

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ややもするとランチタイムになります。ベドウィンの男たちが手際よく美味しい料理を作ります。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

食後はチャイなどを飲んで一休み。落ち着いたらツアー再開です。色々な彫刻もあります。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2000年前に彫られたものだと思うと貴重ですね。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは有名な奇岩の1つ「チキンロック」です。ひよこを横から見た感じですね。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてキャンプサイトに到着です。部屋は清潔で快適。周辺にはソーラーパネルが設置されているので電気は十分にあり、カメラなどの充電はもちろんのこと、ホットシャワー(共同)を浴びることもできますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ディナーは豪華で、おなかいっぱいになります。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

キャンプサイトはもちろん複数ありまして、一番オススメは「Wadi Rum Bubble Luxotel」です。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ガラス張りの個室なので、満天の星空を堪能しながら寝ることができます。ジャグジーがあるのもスゴイですね。予約はこちらからできます。

 

砂漠の星空は素晴らしいので、どの宿に泊まっても最高の思い出になります。

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.outlookindia.com

 

以上になります。ワディ・ラムのツアーは短いものでは2時間からあるので、砂漠観光だけして通り過ぎる人も多いです。しかし、エリアは非常に広くて3泊4日のツアーなども催行されています。それだけ見どころにあふれていますので、ぜひ一泊はして砂漠の星空を見てみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間)

 

バンコク空港-アンマン空港(約9時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ワディ・ラム」徹底ガイド:旅の大辞典
ヨルダンの設定です。

備考

 

⇒ヨルダンのガイドブック

 

⇒中東のガイドブック

 

ワディ・ムーサ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆