「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

エルサレム

(Jerusalem)

場所

イスラエル

(Israel)

時差

夏:-6時間

冬:-7時間

時期

春と秋

 

エルサレムは世界屈指の古都であり、3つの宗教の聖地として複雑な歴史を歩んできたことで知られています。当サイトでは5ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「エルサレム⑤そのほかの見どころ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■当ページの観光スポット一覧

 

ここまでの4ページで、観光の見どころとしては「城壁と門」「神殿の丘(岩のドーム・嘆きの壁)」「悲しみの道(ヴィア・ドロローサ)」「聖墳墓教会」をご紹介してきました。

 

しかし、まだまだ見どころは無数にありますので、一般的な観光客の目線でここは外せないという場所を9ヶ所厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。また、旧市街はこのようなつくりになっています。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://news.yahoo.co.jp

 

 

■ダビデの塔

 

 

旧市街西部のヤッフォ門に隣接する城塞で、紀元前1世紀から現在に渡り増改築が行われているため、2000年に及ぶイスラエルの歴史を学ぶことが出来ます。現在は歴史博物館として使用されていて、ここに行くときはガイドブックを持参するか、むしろガイドを付けてしっかり説明してもらうのがオススメです。

 

一番高い「ファサエルの塔」からは旧市街を一望することができ、岩のドームなども良いアングルで写真に撮ることができます。(正面中央の金色のドームがそうです。)

 

 

ここでは、城壁を使ったプロジェクション・マッピング・ショーが行われています。内容はイスラエルの壮大な歴史がテーマになっています。チケットは予約制で公式HPから予約できます。

 

【ダビデの塔】
■営業時間:9時~16時(8月は17時まで)
■料金:40シェケル
■音と光のショー
・1日2~3回
・ダビデの塔との共通券:80シェケル

 

 

■聖アンナ教会

 

 

聖母マリアが誕生したとされる場所で、5世紀頃に教会が造られました。地下には洞窟があり、そこでマリアが生まれたとされています。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

【聖アンナ教会】
■営業時間
・夏:8時~12時/14時~18時
・冬:8時~12時/14時~17時
■料金:10シェケル

 

■聖ヤコブ大聖堂

 

 

アルメニア人地区最大の見どころで、エルサレムで最も美しい宗教建築物と言われています。入場時間が15:00~15:30と限られていて、自由見学ではなく儀式を見学します。黒装束の司祭たちが現れて行うのですが、これはこれで中世にタイムスリップしたようでオススメです。

 

【聖ヤコブ大聖堂】
・営業時間:15時~15時半
・料金:無料

 

 

■オリーブ山

 

 

旧市街の東にある山で、旧市街と同じくらいの面積があります。イエスの足跡が残っている場所が多く、キリスト教徒にとって重要な場所になっています。しかし同時に、ユダヤ教の巡礼の終着地点でもあります。主な建築物をご紹介します。

 

昇天教会

 

 

イエスが復活40日後に弟子たちの目の前で昇天した場所で、昇天した際につけたとされる足跡が残っています。入場料は5シェケルです。

 

聖母マリア墳墓教会

 

 

聖母マリアが埋葬されているとされる教会で、墓石には3つの穴が空いていて中を触ることができますΣ(゚∀゚ノ)ノ 内部はとてもキレイに装飾されています。入場料は無料です。

 

マグダラのマリア教会

 

 

ロシア正教の教会で、特徴的なタマネギドームが7つ金色に輝いています。2人のマリアを記念して築かれた教会で、1人はマグダラのマリア。諸説ある人物で、イエスにつき従った女性、イエスの伴侶、復活したイエスを最初に目撃した女性、などが挙げられます。

 

もう1人はロシア皇帝アレクサンドル3世の母マリアで、地下聖堂に今も眠っています。旧市街を一望できるビュースポットでもあります。入場料は無料です。

 

このほか、エルサレム発祥の地と言われる「ダビデの町」、ダビデの町と旧市街の間に広がる岩窟墓エリア「ケデロンの谷」などが有名です。

 

 

■最後の晩餐の部屋

 

 

旧市街の南西部にあるシオン門を出ると「シオンの丘」に出ます。ここもイエスの足跡が多いエリアです。中でも必見は有名な「最後の晩餐」が行われた部屋です。ダビデ王の墓がある建物を出て、裏の階段から2階に上がります。

 

 

イエスが「この中に私を裏切る者がいる」と言った部屋ですね。伝説の中の世界という感じがします。ただ、現在の建物は十字軍が建てたそうです(^^;) 入場料は無料です。

 

ちなみに、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、イタリア・ミラノの「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」にあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■マリア永眠教会

 

 

こちらもシオン門のすぐ南にあるエルサレムで最も大きな教会です。1910年に建てられた比較的新しい教会なので内部もキレイです。ここにはマリアの像が横たわっています。こちらも入場料は無料です。

 

上記の「聖母マリア墳墓教会」と間違えないようにしてください。グーグルマップは完全に間違えていて、「聖母マリア墳墓教会」の場所に「マリア永眠教会」と表示されています。

 

 

 

■イスラエル博物館

 

 

イスラエルの国立博物館で、写真の「聖書館」には、日本でも大人気アニメ「エヴァンゲリオン」で一躍有名になった「死海文書」が保存されています。

 

死海文書は、紀元前2世紀頃に書かれた972の古文書の総称で、1947年頃にベドウィンの少年たちが洞窟の中で偶然発見したとされています。それまでの最古の写本よりも1000年以上古いもので、20世紀最大の考古学的発見と言われました。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中央のケースの中に一部が展示されていて、オバマ大統領が訪れたことでも知られています。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.google.com

【イスラエル博物館】
・営業時間:10時~17時
・料金:54シェケル

 

■ヤド・ヴァシェム

 

 

日本語だと「ホロコースト博物館」で、大戦中にナチス・ドイツによって虐殺された600万人以上のユダヤ人を慰霊するために建てられました。特に「ホール・オブ・ネームズ」という部屋には、200万人以上の個人名と、その人生の記録が保存されています。そして、天上のドームには犠牲者600人の顔写真が貼ってあります。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

【ヤド・ヴァシェム】
・営業時間:9時~17時
・料金:無料

 

 

■ベツレヘムの生誕教会

 

 

イエスは、エルサレムから南に約10km離れたベツレヘムという町の洞窟で生まれたとされています。その洞窟の上に聖堂が建てられていて、カトリック教会・東方正教会・アルメニア使徒教会が区分けして管理しています。特にクリスマスになると大勢の観光客が訪れます。

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

【ベツレヘムの生誕教会】
■営業時間
・夏:6時~19時半
・冬:5時半~17時
■料金
・無料

 

以上になります。5ページに渡りエルサレムをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

エルサレムには日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ベン・グリオン国際空港(約12時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「エルサレム⑤そのほかの見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
イスラエルの設定です。

備考

 

⇒イスラエルのガイドブック

 

⇒中東のガイドブック

 

エルサレム
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆