「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ベルン高地のパラグライダー

(interlaken paragliding)

場所

インターラーケン

(interlaken)

時差

8時間

時期

5月~9月

 

パラグライダーは天気に完全に左右されるスポーツですが、ベルン高地は年間で300日以上も飛行可能な日がある、パラグライダーの聖地のような場所です。アルプスを望む絶景の中でパラグライダーデビューしてみてはいかがでしょうか。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の町はインターラーケンとベルンです。

 

インターラーケンは、ベルン高地の観光拠点になる町で「グリンデルヴァルト」や「ラウターブルンネン」への列車が出ています。町では基本的にドイツ語が使われます。人口は約6000人。空港はありません。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

インターラーケン
Booking.com

 

ベルンは、スイス国内で4番目の都市で、高さ100mの尖塔を持つ「ベルン大聖堂」や「アインシュタインの家」などが有名です。人口は約14万人。ベルンについては、こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

最寄りの空港はジュネーブ空港(GVA)。国内外合わせて130以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。(ベルン空港は現在一般には使われておりません)

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ベルン
Booking.com

 

 

■ベルンからインターラーケンへのアクセス

■ベルン駅
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ベルン駅から、インターラーケンへ直通列車が出ています。インターラーケンは小さい町ですが「東駅(Interlaken Ost)」と「西駅(Interlaken-West)」の2つがありますので、目的地に合わせて降車します。

 

・6時頃~24時頃まで運行
・30分おきに運行
・所要時間:約1時間
・料金:14フラン~

 

■東駅(Interlaken Ost)
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■西駅(Interlaken-West)
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■パラグライダーのタンデム飛行

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

パラグライダーは、インストラクターの前にくっついて飛ぶ「タンデム飛行」になります。なので、まずはタンデム飛行を実施している旅行会社のツアーに申し込みます。

 

現地の旅行会社では、例えば「PARAGLIDING INTERLAKEN」などがあります。画像をクリックするとサイトへ飛びます。中国語と韓国語はあるのに残念ながら日本語はありません。

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

日本語で申し込めるツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

インターラーケンには、三木文生さんという、スイスでは唯一の日本人パラグライダーパイロットの方がいらっしゃいます。現地のツアー会社の方は必ず知っていますので、三木さんを希望される方はツアー会社に聞いておくと良いと思います。

 

■三木文生さん
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.swissinfo.ch/

 

ツアー当日、指定のピックアップ場所でツアー会社の車に乗り込み出発ポイントへ行きます。インストラクターから説明を受け、装備を準備したら、いよいよテイクオフ。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

飛び立つ際の推進力は「自分の足」です。インストラクターは「風」を見て「行けるっ!」と思ったときに合図を出しますので、そしたら自分が思うよりも遥かに速いスピードで走ってください。テケテケという「駆け足」ではなく「全速力」で大丈夫です。パラシュートは思いっきり風の抵抗を受けるわけなので。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

走り出したら飛び上がるまではすぐです。インストラクターは上昇気流を掴んで、どんどん上空へ上がっていきます。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

飛行する高さは何と約800m。海抜としては約1350mですΣ(゚∀゚ノ)ノ インストラクターはビデオを撮ってくれます。お値段は高くなりますが、素晴らしい思い出になりますのでオススメです。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

飛んでいるのは自分だけではありません。たくさんのパラグライダーと一緒に大空を滑空します。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典
出典https://skywings.ch/ko/

 

ときにはこんな雲海の上を飛ぶこともあるそうです。これはこれでスゴイですね。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして着陸。15~20分の空の旅です。

 

 

以上になります。一回体験すると、本格的に始める人も多いパラグライダー。アルプスの山々を望む、世界最高のロケーションで、ぜひ体験してみてください♪

 

 

■ハーダー・クルム

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

「東駅(Interlaken Ost)」から徒歩で約5分の場所にあるロープウェー乗り場から簡単に行ける展望台です。

 

■ロープウェー乗り場
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

空中へ突き出した55平方mのウッドデッキからは「アイガー」「ユングフラウ」「メンヒ」などの名峰を一望できます。

 

 

ロープウェー乗り場の前には「ヴィルト・パーク」という無料の動物園があり、日本では見られないアイベックスを見ることができます。

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

■ロープウェー
・9時~21時まで運行
・30~60分おきに運行
・5月~9月のみ運行

 

 

■スイスでは必須の観光パス

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スイスは世界トップクラスに物価が高い国です。たくさんの素晴らしい絶景観光列車があり「全部行きたい!」と思うものの、その料金を知ると「…1つ2つが限界かな…」となってしまうと思います(^^;)

 

世界の物価をはかる基準の1つとされる「ビックマック指数=世界のビックマックの値段」では、日本が390円なのに対し、スイスはなんと860円ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロープウェーやケーブルカー、登山鉄道が往復で1万円を超えることも珍しくなく、食事や宿代なども合わせると、個人旅行で安く抑えようとしてもすぐに10万、20万という単位になってしまいます。例えばですが、ヨーロッパ最高所の鉄道駅として有名なユングフラウヨッホ駅にベルンから行くとします。

 

■ユングフラウヨッホ駅
「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すると「片道」の交通費だけで下記の料金がかかります。(小数点以下は省略します)

・ベルン~インターラーケン:14フラン
・インターラーケン~グリンデルワルト:15フラン
・グリンデルワルト~クライネ・シャイデック:27フラン
・クライネ・シャイデック~ユングフラウヨッホ:64フラン
⇒合計:120フラン=13460円

 

とんでもないですね(^^;) LCCで東南アジアまで行ける額です。そこで欠かせないのが各種の観光パスになります。種類が多くて分かりづらいのですが、一般的に検討される3つのパスをご紹介しますので、それぞれの予定に合わせて選んでみてください。

 

スイスハーフフェアカード(半額パス)

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スイスの公共交通機関が「1ヶ月間半額」になるカードです。博物館や美術館には使えません。上記の「ユングフラウヨッホ駅」へ行く「ユングフラウヨッホ鉄道」も50%オフになります。値段などは変化してしまうので、リンク先から最新の情報をご覧ください。公式HPと値段は同じです。

 

スイストラベルパス(旧スイスパス)

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは、スイスの公共交通機関が「乗り放題」になるカードです。また約500の博物館・美術館が無料になります。博物館などがメインになる方は、完全にこちらになります。ユングフラウヨッホ鉄道は25%オフになります。

 

また、有効期限は「3日/4日/8日/15日」と設定されていて、それぞれ料金が変わります。

 

スイストラベルパス・フレックス

こちらは、トラベルパスの使用条件が少しだけ変わったもので、トラベルパスは「連続した3日/4日/8日/15日」で使わなければいけないのですが、フレックスになると「1ヶ月の中の任意の3日/4日/8日/15日」で使うことができます。詳細はこちらから。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-アブダビ空港(約10時間)

 

アブダビ空港-ジュネーブ空港(約6時間)

 

ジュネーブ-ベルン(電車で約1時間)

 

ベルン-インターラーケン(電車で約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ベルン高地のパラグライダー」徹底ガイド:旅の大辞典
スイスの設定です。

備考

 

⇒スイスのガイドブック

 

インターラーケン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆