「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

名称

メスキータ

(Mezquita Catedral)

場所

コルドバ

(Córdoba)

時差

8時間

時期

春と秋

(四季があります)

 

メスキータは、世界唯一の「モスクの中に造られた大聖堂」で、イスラム教とキリスト教が混在する唯一無二の空間となっています。礼拝堂に並ぶ850本の列柱は圧巻です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

拠点の街はコルドバ。イスラム時代の後ウマイヤ朝の首都で、当時のイスラム文化を伝える街並みが残されていて、1984年に世界遺産に登録されました。

 

最寄りの空港はコルドバ空港(COR)。国内外合わせて20都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コルドバ
Booking.com

 

 

■マドリードからコルドバへのアクセス

鉄道で行く

マドリードの駅は「アトーチャ駅」と「チャンマルティン駅」があり、さらに「アトーチャ駅」は2つの駅が隣接していまして、行先や列車の種類によって使う駅が変わります。

 

・アトーチャ・セルカニアス駅
 グアダラハラやアランフェスなど「近隣へ向かう電車」が発着します。

 

・プエルタ・デ・アトーチャ駅
 セビーリャ、バレンシア、トレドなど「長距離電車」が発着します。

 

マドリードからコルドバへは「プエルタ・デ・アトーチャ駅」を使います。

 

■プエルタ・デ・アトーチャ駅
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

・AVE・AVANT
・1時間に1本以上
・所要時間:約2時間
・片道:約62.7€~

 

■コルドバ駅
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

バスで行く

■南バスステーション
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

マドリードは長距離バスターミナルも2つありまして、グラナダなどへ向かう「アベニーダ・デ・アメリカ・バスターミナル」とは別なので注意してください。

・バス会社:Socibus
・1日8本
・所要時間:4~5時間
・片道:約17.7€~

 

■コルドバのバスターミナル
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

 

■セビーリャからコルドバへのアクセス

バスで行く

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

セビーリャのバスターミナルは2つありまして、こちらは「アルマス広場」の長距離バスターミナルを使用します。「セバスチャン駅」のバスターミナルではありませんので注意してください。コルドバのバスターミナルは上記と同じです。

・バス会社:ALSA
・1日7本
・所要時間:約2時間
・片道:12.67€、往復:22.87€

 

電車で行く

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

セビーリャは駅も2つありまして、コルドバへは「サンタフスタ駅」からになります。「AVE」「AVANT」「MD」と、様々な高速列車が出ています。コルドバの駅は上記と同じです。

・AVE:30.4€(片道)、50.6€(往復)
・AVANT:22.3€(片道)
・MD:14€(片道)
・所要時間:約1時間

 

 

■グラナダからコルドバへのアクセス

バスで行く

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

グラナダのバスターミナルは市内中心部から離れていますが「33番」の路線バスがバスターミナルとカテドラル前とをつないでいます。カテドラルへの所要時間は約20分、料金は一律1.4€です。コルドバのバスターミナルは上記と同じです。

・バス会社:ALSA
・1日約8本
・所要時間:3~4時間
・片道15.26€~

 

鉄道で行く

■グラナダの駅
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

「4番」の路線バスが、グラナダ駅と市内中心部のカテドラル前をつないでいます。料金は一律1.4€です。コルドバの駅は上記と同じです。

・バス会社:MD、AVE
・1日約8本
・所要時間:2~3時間
・片道28.95€~

 

 

■マラガからコルドバへのアクセス

バスで行く

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

本数は少ないですが値段がとても安いです。所要時間が短いので、時間が合えばバスもオススメです。

・バス会社:ALSA
・1日4本
・所要時間:約3時間
・片道:12.34€~

 

鉄道で行く

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

本数がとても多いので便利です。コルドバの駅は上記と同じです。

・1時間に1本以上
・所要時間:約1時間
・AVE料金:41.6€~(片道)
・AVANT料金:29.4€~(片道)

 

 

■メスキータへのアクセス

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

「3番」の路線バスで行く

■乗車のバス停
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

「Albaida – Fuensanta」間を走るバスです。コルドバ駅にある「RENFE-Est.Buses OESTE」というバス停で乗車したら、6つ目の「San Fernando」というバス停でおります。そこから徒歩10分弱です。

 

■降車のバス停からメスキータ

 

「5番」の路線バスで行く

■乗車のバス停
「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典 

 

「Valdeolleros – C.sanitaria」間をはしるバスで、上記の「RENFE-Est.Buses OESTE」から、少し東に歩いたところにある「RENFE- Est. Buses」というバス停で乗車します。

 

5つ目の「Glorieta Media Luna」というバス停で降りて、徒歩で約10分です。

 

■降車のバス停からメスキータ

 

 

■メスキータの概要

拝観時間

■3月から10月
・月~土曜日:10時~19時
・日、祝:8時半~11時半、15時~19時

 

■11月から2月
・月~土曜日:10時~18時
・日、祝:8時半~11時半、15時~18時

 

・月~土の8時半~9時半は大聖堂でミサが行われていて、無料で中に入ることができます。

 

・夜は21時半、23時に夜のモスクを見学するツアーが催行されています。夜のモスクも非常に美しいのでオススメです。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

チケットの種類と料金

・モスク入場(昼):10€
・モスク入場(夜):18€
・鐘楼に登る:2€

 

・日中のチケットは、当日に現地でのみ購入できます。「オレンジの木の中庭」にチケット売り場があります。

 

・チケット売り場ではオーディオガイドがレンタルできますが日本語はありません。(3.5€)

 

・夜のチケットのみネット予約ができます。

 

入り口

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

朝、入場できるのは赤で囲んだ②の「ディアネス門」になります。

 

そのほか

 

所要時間は1~2時間。年中無休です。

 

 

■メスキータ

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

メスキータはスペイン語で「モスク」を意味します。785年、イベリア半島をイスラム王朝である「後ウマイヤ朝」が支配していた時代に、アブド・アッラフマーン1世によって建設されました。

 

しかしその後、カトリック教徒が権力を取り戻した1236年からは、モスクの内部に礼拝堂が設けられたりカテドラルが新設されたりして、世界で唯一の「モスクの中にある大聖堂」が造られました。正式名称は「聖マリア大聖堂」といいます。

 

面積は22400平方km、南北は175m、東西は128mで、エリアは大きく3つに分かれています。

 

礼拝の間

 

856本の列柱が並ぶ圧巻の礼拝堂です。柱は元々約1000本ありましたが、礼拝堂が造られるときに150ほど本抜かれてしまいました。赤いレンガと白い石灰岩が交互に配置されていて、二重の馬蹄型アーチになっています。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

この列柱には悲しい伝説が残されています。

果実園で働いていた男が果物を買いに来たアラブの女性に恋をした。彼女にプロポーズすると、彼女は承諾しキリスト教徒になることに。しかし洗礼の前日に彼女は殺されてしまい、男もメスキータの柱に結ばれて人々にさらされた。彼は、囚われているときでもキリスト教の信仰心を忘れないように、爪で柱に十字架を書いていた。その十字架は今でもどこかの柱に残されている・・・。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

そして床を見ると、ガラス張りの下にモザイクのタイルがある場所があります。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

メスキータは、西ゴート王国の教会だった「サン・ビセンテ教会」を壊して建てられていて、下のイラストのような2層構造になっているので、それを一部見せてくれています。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

そして、列柱の森は壮観ですが、見逃してはいけないのが奥の壁にある「ミフラーブ (Mihrab)」というくぼみです。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

「キブリ壁」といわれる「メッカのカーバ神殿を指し示す壁」の目印で、モスクには必ず設けなければならず、非常に重要な場所です。このミフラーブはガラスを使った精緻なモザイク模様がほどこされていて見ごたえがあります。

 

そして、ミフラーブの手前には「マスクーラ」と呼ばれる仕切られたスペースがあります。「VIP席」的な場所です(^^;) ここの天井がスゴいです。

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

青と金で描かれた精密な模様に圧倒されてしまいます。そして奥にはカテドラルがあります。

 

 

こちらは、ゴシック式、ルネサンス式、バロック式という、ヨーロッパの3様式が混ざった造りになっています。イスラム教とキリスト教が混ざっただけでなく、キリスト教の中でも色々な様式が混在しているというのがメスキータの凄さの1つです。

 

鐘楼「アルミナール」

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

アルミナールは、モスクのときには「ミナレット」としてアザーンが行われ、大聖堂になってからは「鐘楼」が設置されています。

 

 

10時から30分ごとに入場できるようになっています。塔の高さは54mで、203段の階段で上部まで登ることができ、絶景を眺めることができます。

 

オレンジの木の中庭

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

こちらは巡礼者が沐浴を行うための中庭です。モスクの時代には「地下水の泉」があったということで水路も設けられています。現在は回廊に囲まれた空間になっています。

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-マドリード空港(約14時間、イベリア航空)

 

マドリード空港-コルドバ空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「メスキータ」(スペイン):旅の大辞典
スペインの設定です。

備考

 

⇒レアルマドリードの関連商品

 

⇒バルセロナの関連商品

 

⇒フラメンコの関連商品

 

コルドバ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆