「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

バイカル湖

(Lake Baikal)

場所

ロシア

(Russia)

時差

1時間

時期

2月末から3月上旬

 

バイカル湖は「シベリアの真珠」と呼ばれる美しい湖で、特に冬の「御神渡り」が有名です。アクセスが大変ですが、行く価値は十二分にありますので、詳しくご紹介します。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はイルクーツクとリストビャンカです。

 

イルクーツクはシベリア地方の重要都市の1つで、モスクワともシベリア鉄道でつながっています。街が非常に美しいことから「シベリアのパリ」とも呼ばれます。人口は約62万人。

 

最寄りの空港はイルクーツク空港(IKT)。国内外合わせて約40都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

イルクーツク
Booking.com

 

リストビャンカはバイカル湖畔にある町で、夏のバイカル湖観光の拠点になります。夏の最高気温は25℃くらい、冬の最低気温は-10℃くらいです。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

リストビャンカ
Booking.com

 

 

■イルクーツク空港から市内

 

 

空港は市内中心部から東に約6km離れています。空港から市内への移動方法は、トラム、路線バス、タクシーの3種類です。

 

トラムで行く

「4番」と「6番」のトラムが空港と市内をつないでいます。

・4番:キーロフ広場行き(停留所1)
・6番:ジュコフスキー駅行き(停留所3)
・所要時間:約30分
・料金:15ルーブル
・20分おきに運行
・21時頃まで運行

 

路線バスで行く

「3番」「80番」「90番」など色々な路線で市内とつながっています。

・停留所1と2から発車
・所要時間:約30分
・料金:20~30ルーブル
・頻繁に運行
・21時頃まで運行

 

タクシーで行く

タクシーの場合、所要時間は約15分、料金は約350ルーブルです。

 

 

■リストビャンカへのアクセス

 

リストビャンカはイルクーツクから南東に約70km離れています。移動方法は、バスと船の2種類です。

 

バスで行く

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最も定番の方法です。所要時間は約2時間。料金は110ルーブル。1時間に1本、下のバスターミナルから出ています。

 

■バスターミナル
 

 

船で行く

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スピードの出る「水中翼船」でアンガラ川を下っていくという方法もあります。所要時間は約1時間半。料金は1500ルーブルです。市内中心部から港はタクシーで約200ルーブルです。

 

■港

 

 

■オリホン島へのアクセス

 

 

リストビャンカまでくればバイカル湖はすぐなので、夏であればこれで到着です。しかし、バイカル湖の真骨頂である冬の「御神渡り(おみわたり)」を見るためには、バイカル湖の中央部に位置する「オリホン島」に行かないといけません。凍った湖面を車で走るため公共交通機関は無く、アクセスはツアーかレンタカーになります。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

オリホン島へは、イルクーツクからだと約5時間、リストビャンカからだと約4時間です。ただ冬の場合、リストビャンカへ行く意味はありませんので、イルクーツクからのツアー参加になります。

 

 

オリホン島はバイカル湖で唯一の有人島で「フジール村(フジュル村)」という小さな村が拠点になります。

 

■フジール村
「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■4つの世界一を持つバイカル湖

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バイカル湖は多くの魅力で溢れている湖なので「シベリアの真珠」の他にも様々な別名があります。それも合わせてご紹介します。

 

世界最古

世界には100万年以上存続している「古代湖」と呼ばれる湖が、わずか20湖だけあります。有名どころでは「カスピ海」「チチカカ湖」、そして日本の「琵琶湖」などがそれにあたります。

 

そしてバイカル湖は、その中でも最古のもので約3000万年前に海から独立して誕生しました。

■世界の古代湖
・オフリド湖(マケドニア-アルバニア)
・プレスパ湖(ギリシャ-アルバニア-マケドニア)
・ガリラヤ湖(イスラエル)
・カスピ海
(ロシア-アゼルバイジャン-イラン-トルクメニスタン-カザフスタン)
・アラル海(カザフスタン-ウズベキスタン)
・イシク・クル(キルギス)
・バイカル湖(ロシア)
・フブスグル湖(モンゴル)
・雲南省の湖沼群(中国)
・琵琶湖(日本)
・ラナオ湖(フィリピン)
・インレー湖 (ミャンマー)
・タホ湖(アメリカ合衆国)
・マラカイボ湖(ベネズエラ)
・チチカカ湖(ペルー-ボリビア)
・ボスムトゥイ湖(ガーナ)
・タンガニーカ湖(タンザニア-コンゴ-ザンビア-ブルンジ)
・ヴィクトリア湖(ケニア-ウガンダ-タンザニア)
・エーア湖(オーストラリア)
・ボストーク湖(南極大陸)

 

世界最深&世界最大量

バイカル湖の深さは、なんと最深で1741mにもなりますΣ(゚∀゚ノ)ノ 一番左がバイカル湖で、2番目に深いのは世界最大面積の湖である「スペリオル湖」。カナダとアメリカの間に広がる五大湖の1つです。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://infographic.tv/

 

そのため、貯水量が世界最大で「2310000 km3」とのこと。全くピンときませんが、地球上の淡水の17~20%がバイカル湖にあるとされています。そのため「地球の井戸」とも言われています。

 

世界一の透明度

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://anekrasov.com/

 

バイカル湖の透明度は最大で40mにもなります。以前は日本の摩周湖がトップだったのですが、現在では世界一と確認されています。

 

そのほか

世界一ではありませんが面積は31494平方km。これは琵琶湖の46倍の大きさです。そしてプレートの移動により現在も広がっています。

 

そんなバイカル湖は、世界最古という要素も相まって自然と「固有種」の宝庫になっています。温度が低い湖にも関わらず1334種の生物が生息し、そのうち1017種が固有種となっています。そこでついた別名が「ロシアのガラパゴス」や「生物の進化の博物館」です。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中でも観光客のアイドルといえるのが「バイカルアザラシ」。世界唯一の淡水のみに生息するアザラシです。

 

 

■冬のバイカル湖観光

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ハイライトが、この「御神渡り(おみわたり)」。日本でも長野県の諏訪湖などで見られる現象で、水が氷になる際に膨張して湖面が割れて盛り上がる状態をいいます。まるで神様が通った後のようということで「御神渡り」という名前が付きました。日本では「見られたらラッキー」ですが、バイカル湖では毎年見ることが出来ます。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

場所はもちろん毎年違うので、その意味でもレンタカーよりツアーがオススメです。毎日行っているガイドさんが的確に案内してくれます。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.levart.com.my/en/tour/frozen-lake-baikal-2020-feb15/

 

そして、世界最高のインスタ映えの1つ?が、こちらの氷越しのセルフィー。なんてキレイな氷なんでしょうか。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらはアイスバブルと呼ばれる現象です。カナダのアブラハム湖などでも見られるもので、バイカル湖でもバッチリ見れてしまいます。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてもう1つのハイライトがシャーマン岩。フジール村のブルハン岬の先にある神聖な岩場です。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

湖面が凍る中で岩場に打ち付けられた水が凍って、毎年違う氷の芸術作品がうみだされます。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは氷の洞窟。夏は普通の洞窟ですが、冬になるとやはり世界唯一の氷の洞窟が生まれます。夕日の時間が最高です。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.wallpaperflare.com/

 

島の周辺には凍ったままの船が点在していて、これも1つ珍しい光景です。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ブルハン岬に登ると「セルゲ」という塔が並んでいます。儀式で使われる神聖な塔です。

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

セルゲがあることで、周辺は神秘さを増しています。ほんとにマンガ「シャーマンキング」の舞台の1つのようです(^^)

 

 

以上になります。神秘的な絶景が広がるバイカル湖。ロシアだからか、まだまだ日本から訪れる人は少ない場所です。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■バイカル湖の名物

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「オームリ」というサケ科の魚で、バイカル湖にしか生息していません。マリネや焼き魚、燻製など様々な方法で食べることができます。フジール村では食事が出来ますので、ぜひ食べてみてください♪

 

 

■イルクーツクの見どころ

カザン教会

 

 

1885年に建てられたロシア正教会で、外観の美しさもさることながら、内部が圧巻の素晴らしさなので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

バイカル湖博物館

 

 

リストビャンカにある博物館なので、夏にバイカル湖に行く人にオススメです。上記のオームリやバイカルアザラシも見ることができます。

 

■オームリ
「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

プロシュリ・ベク

 

 

地元で有名なオームリ料理のレストランです。こちらもリストビャンカにあるので、夏にバイカル湖に行く人にオススメです。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハバロフスク空港(約3時間、日本航空)

 

ハバロフスク空港-イルクーツク空港(約3時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「バイカル湖」徹底ガイド:旅の大辞典
ロシアの設定です。

備考

 

⇒ロシアのガイドブック

 

⇒ロシア料理

 

⇒ロシア留学

 

イルクーツク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆