「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

レナ川の柱群

(Lena Pillars Nature Park)

場所

サハ共和国

(Sakha)

時差

0時間

時期

6月~8月

 

レナ川の柱群は、ロシアの大河レナ川沿いに立ち並ぶ巨大な柱群で、ヤクーツクからツアーに参加してアクセスします。ボートから見る雄大な景色は圧巻です。ヤクーツクにはマンモス博物館などもあります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はヤクーツク。「世界一寒い国」としておなじみの「サハ共和国」の首都です。経度で見ると九州の上に位置するため、意外にも時差がありません。人口は約30万人。

 

最寄りの空港はヤクーツク空港(YKS)。国内外合わせて45都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヤクーツク
Booking.com

 

 

■ヤクーツク空港から市内

 

 

ヤクーツク空港は、市内中心部から北に約7km離れています。市内への移動はバスかタクシーの2つです。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

空港から市内をつなぐ路線バスは色々あるのですが、「4番」のバスが市内中心部の「レーニン広場」へ行くのでオススメです。料金は25ルーブル。

 

■レーニン広場
 

 

7kmしかないので、タクシーで自分のホテルに行くのもありだと思います。

 

 

■レナの柱群へのアクセス

 

 

レナの柱群は、ヤクーツクから南西に約180km離れた場所にあります。世界で10番目に長い大河「レナ川」沿いの一部分の台地が柱状になっています。ヤクーツクからツアーに申し込みます。公共交通機関などはありません。

■レナ川の柱群ツアー
①ヤクーツクの港からボートツアー
②ヤクーツクからブルガンニャクタフ村へ車で行き、ボートに乗り換えるツアー
③ヘリツアー

 

③は数十万するため割愛します(^^;) 基本は①と②で含まれるものによって料金は変わりますが、日帰りツアーで4千~1万ルーブルをみてください。

■ツアー会社の例
ヴィジットヤクーチア
プラネットヤクーチア(インスタグラム)

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典 「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

一番値段が変わってくるのは船の種類です。左は小さなタイプで右は大きなタイプです。個室や食事付きもありますし、1泊2日・2泊3日などもありますので、内容をよく確認してください。

 

 

■レナの柱群

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ヤクーツクを出発。世界に大河は様々ありますが、やはりロシアの大河だけあって、とてつもなく広いです(^^;) 中洲も雄大過ぎて見入ってしまいます。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

船は種類によりますが数時間で柱群に到着します。この柱群は高さ150~300mで、なんと約40kmに渡って続いています。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

一帯は約5億年前のカンブリア紀の地層で石灰質の土壌が広がっています。世界中のカルスト地形と同じように風雨による侵食を受けたほか「凍結破砕作用」も加わり、約40万年という歳月の中で「レナの柱群」がうみだされました。

 

「凍結破砕作用」とは、土に染み込んだ水が凍結する際に膨張し周囲の土を崩していくものです。一帯は冬には-60℃になるため、有名な「永久凍土」になっているのですが、夏はなんと40℃近くになるため表面近くの水分は融解して染み込んでいきます。それが冬になり再度膨張して土を崩していくという繰り返しです。

 

 

ちなみに、永久凍土からはマンモスが発見されることで有名ですが、このレナの柱群一帯もカンブリア紀の化石が発掘されることで有名です。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

到着したら上陸して展望台を目指します。周辺は神聖な地で、シャーマンが暮らしていたこともあるそうです。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周辺には公園の関係者が数名住んでいて、お土産物屋もあります。また、対岸には小さな村もあります。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まずは、山道を登って展望台へ行きます。山道は整備されているので安心です。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらがゴールの展望台。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

雄大な景色が広がります。一帯は1994年に「レナ川の石柱自然公園」に指定され、2012年には世界遺産にも登録されています。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

レナの柱群は、海外の人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地にもなっています。冬の雪化粧の中で撮影されました。

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.travelyakutia.com/

 

ちなみに、冬には川が凍るため川の上を車で爆走して行くそうです(^^)

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tripstosiberia.com/

 

ヤクーツクまで行くのが大変ですが、そこまで行けば後は簡単なので、ぜひ行ってみてください。

 

 

■ヤクーツクの見どころ

マンモス博物館

 

 

2002年に永久凍土から発見されたマンモスが展示されています。お土産でマンモスの毛を買うことが出来ます(^^)

・火~金:10時~17時
・土:11時~17時
・日月:休み
・料金:200ルーブル

 

Kingdom Permafrost

 

 

日本語にすると「永久凍土の王国」で、ソ連時代に食料の貯蔵庫として使われていた永久凍土の洞窟が美術館になっています。氷漬けのマンモスの赤ちゃんは必見です。

 

 

中は-9℃に保たれているので「寒そう」なんですが、冬には「外より暖かい」となります(^^;)

・10時~19時
・無休
・料金:500ルーブル

 

ブルース氷河

 

 

夏でも氷が溶けないため、簡単に氷河を楽しむことが出来る場所です。こちらもツアーで行くことができます。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハバロフスク空港(約3時間、日本航空)

 

ハバロフスク空港-ヤクーツク空港(約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「レナ川の柱群」徹底ガイド:旅の大辞典
ロシアの設定です。

備考

 

⇒ロシアのガイドブック

 

⇒ロシア料理

 

⇒ロシア留学

 

ヤクーツク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆