「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

カザン・クレムリン

(Kazan Kremlin)

場所

カザン

(Kazan)

時差

6時間

時期

6月~8月

 

カザン・クレムリンは、2018年のサッカーワールド杯で日本代表がキャンプをした都市「カザン」にあるクレムリンです。カザンには市内にも周辺にも素晴らしい見どころがたくさんあるので、詳しくご紹介します。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

カザンは、ロシア連邦の都市でタタールスタン共和国の首都になります。タタール文化の中心地で、多くの歴史的建物が残されています。カザン大学にはロシア語を学ぶ日本人留学生なども多いです。人口は約110万人。

 

最寄りの空港はカザン空港(KZN)。国内外合わせて27都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カザン
Booking.com

 

 

■カザン空港から市内

 

 

空港は市内中心部から南東に約25km離れています。移動方法は鉄道とタクシーの2つです。

 

アエロエクスプレスで行く

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アエロエクスプレスという電車が、空港とカザン駅をつないでいます。終点がカザン駅なので安心です。

・1日8本程度
・6時半~22時半頃まで運行
・所要時間:約30分
・料金:40ルーブル

 

■カザン駅
 

 

ちなみに、カザンの市内交通はバス、トラム(路面電車)、トロリーバス、地下鉄の4種類です。一律25ルーブルになっているので使いやすいです。バスが路線も多いので一番使うことになります。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タクシーで行く

タクシーの場合、所要時間は約20分。料金は初乗りが100円ほどなので、タクシーで行くのも良いと思います。

 

 

■モスクワからカザンへ寝台車で行く

 

 

モスクワのカザンスキー駅から、上記のカザン駅まで直通列車が出ています。

・1日5本程度
・所要時間:約13時間
・料金:1075ルーブル~
時刻表検索

 

 

■カザン・クレムリン

 

 

クレムリンといえばモスクワのクレムリンをイメージしますが、元々は「クレムリ」といって「要塞」を意味する言葉なので、ロシアには各地にクレムリンがあります。その中でも、実はモスクワのクレムリンを超える規模のクレムリンが、このカザン・クレムリンなんです。

 

歴史

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

タタールスタン共和国の一帯は、紀元前8世紀頃からの記録が確認されている歴史あるエリアです。7世紀~13世紀ころにはヴォルガ・ブルガール人が一帯を支配し、その中で11世紀ころにクレムリンが造られました。

 

その後、紆余曲折を経て15世紀頃にカザン・ハン国として繁栄するも、モスクワ大公のイヴァン雷帝の侵攻によりクレムリンは破壊され、国もロシアに編入されます。しかし、すぐに跡地でクレムリンの再建が始まり、規模の大きな城郭が築き上げられていきました。

 

2000年には「カザン・クレムリンの歴史的・建築的複合体」として世界遺産に登録されました。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://kazan-tour.info/

 

タタール共和国の人口構成は53%がタタール人、40%がロシア人となっています。「タルタルソース」の語源がタタール人(タルタル人・ダッタン人)との説もありますよね。カザンの約110万という人口はロシアで6番目に多く、街はいつも活気に満ちています。

 

 

ブラゴヴェシェンスキー大聖堂

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

元々はクレムリンの中で最古の建築物の1つで、1562年に建設されました。日本語では「生神女福音大聖堂」といいます。カザンの建築物の多くはレンガで造られていますが、こちらの大聖堂は砂岩で造られているのが特徴です。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

白い壁に、星がきらめく青いドームと金色のドームが美しいコントラストになっています。

 

 

内部はイコンで埋め尽くされていて、荘厳な空間になっています。ロシア革命後の1930年に破壊されてしまいましたが、ソ連が崩壊後に再建されました。

 

クル=シャーリフ・モスク

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

上述のカザン・ハン国はイスラム教を信仰する国でした。そのため、このクル=シャーリフ・モスクが建てられたのですが、やはりイヴァン雷帝によって破壊されてしまいます。その後、2005年になってヨーロッパ最大級のモスクとして蘇りました。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらも白と青のコントラストが見事で、4本の尖塔がロシア正教会との違いを明確に主張しています。

 

 

内部には美しい装飾が施され、イコンで埋め尽くされたロシアの教会になれてしまうと、非常にシンプルな美しさを感じます。このモスクが完成した際には40カ国から約17000人が集まったということです。特に夜が美しいので、ぜひ行ってみてください。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ここは、モスクと教会を間近に見ることが出来る貴重な場所ですが、スペインのコルドバには「モスクの中に造られた大聖堂」もあります。リンクから特集ページにとびますので、よろしければご覧ください。

 

■メスキータ
「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スュユンビケ塔

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典 「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

カザン・クレムリンのシンボルともいえる建築物で、高さは6階建ての58m。約2m分傾いている斜塔として有名で、安定化工事が行われたため倒れる心配は無いそうです。謎が多い建物で、未だに建造時期などは特定されていません。

 

モスクワのカザンスキー駅には、この斜塔が再現されています。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ピサの斜塔については、こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■ピサの斜塔
「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スパスカヤ塔

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「救世主塔」という意味で、クレムリンを囲む城壁の門が塔になっています。真っ白な壁は青い空を背景に美しく輝いています。

 

 

■カザンの他の見どころ

カザンファミリーセンター

 

 

婚姻登録を提出する場所で、結婚式場も入っています。高さは8階建ての32m。屋上からは旧市街を一望できます。

 

 

独特な外観は夜が真骨頂。ライトアップされると、降り立ったUFOさながらの存在感になります。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周囲には様々な幻獣の像が設置されています。日本人からするとマンガでも見たことも無いものばかりなので意外と面白いです。グレムリンっていうんですかね?(^^;)

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典 「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

全宗教寺院
 

 

ロシア正教、イスラム教、ユダヤ教など様々な宗教の寺院が混ざった建築物で、寺院という名がついてはいますが、アート作品といった方が正しいです。地元の人や観光客などが多く訪れます。

 

 

現在も建設中で、最終的には世界の主要な16宗教に対応させるということです。ちなみに、タイにも仏教とヒンドゥー教を融合させた、アート作品に近い宗教的建築物が建てられています。こちらも未完成で「アジアのサグラダファミリア」と呼ばれています。リンクから特集ページにとびますので、よろしければご覧ください。

 

■サンクチュアリ・オブ・トゥルース
「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

epiphany cathedral

 

 

街の中心となる大通り「バウマン通り(Bauman Street)」にあります。1897年に造られていて、高さは74mにもなり、街のどこからでも見ることができるランドマークです。

 

 

階段で上部の展望台に行くことができ、カザンの街を一望できます。

 

 

スヴィヤズスク島

 

 

16世紀にイヴァン雷帝がカザンを攻めるための基地としたつくった場所で、元々は陸地でしたが、一ヶ月で周囲を掘り、水を引いて「島」となりました。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらはセントゼルギウス教会。ビザンティン様式の教会で、内部は多くのイコンが飾られています。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは木造のトロイツキー教会。こちらも内部はイコンが飾られています。木造なので、独特な雰囲気で見応えがあります。

 

 

次はウスペンスキー寺院(生神女就寝大聖堂)。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「馬の頭」を持つ「聖クリストファー」のイコンを見ることができます。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

これは非常に貴重なものだそうです。島には合計10個の歴史的建造物があり、2017年に世界遺産に登録されています。

 

 

ボルガル遺跡

 

 

カザン・クレムリンを造り上げた「ヴォルガ・ブルガール王国」の首都ブルガールの遺跡です。カザンからは走行距離で約180km南に離れているのでツアー参加の方が良いと思います。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

13世紀半ばに建てられた「カテドラル・モスク」で、別名は「四角形」を意味する「テトラゴン」。一瞬タージ・マハルを思わせる純白の寺院で、水面に写る美しい姿も人気です。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは金色のドームが美しい「イスラム記念碑」。外観もさることながら、中にスゴイものがあります。

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

世界最大のコーランです。開くとスゴイ迫力ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://bolgar.photokzn.ru/places/25

 

 

以上になります。モスクワのクレムリンを超える規模のカザン・クレムリンと周辺の歴史的建造物。どれも素晴らしいので、ぜひ行ってみてください♪

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-モスクワ空港(約10時間、アエロフロート)

 

モスクワ-カザン(電車で約13時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カザン・クレムリン」徹底ガイド:旅の大辞典
ロシアの設定です。

備考

 

⇒ロシアのガイドブック

 

⇒ロシア料理

 

⇒ロシア留学

 

カザン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆