名称

セルギエフ・ポサド

(Sergiev Posad)

場所

ロシア

(Russian)

時差

6時間

時期

6月~8月

 

セルギエフ・ポサドは、ロシア正教において最重要な修道院であり、世界遺産にも登録されている「至聖三者聖セルギイ大修道院」がある場所です。モスクワから日帰りで訪れることができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はモスクワとセルギエフ・ポサドです。

 

モスクワは、ロシアの首都でありモスクワ州の州都です。人口は1250万人で、これはヨーロッパの都市としては最多になります。そのうち約100万人は中央アジアからの移民です。

 

空港は「ドモジェドヴォ空港」「シェレメチェヴォ空港」「ヴヌーコヴォ空港」の3つで全て国際空港です。市内へのアクセスはこちらのページをご覧ください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

モスクワ
Booking.com

 

セルギエフ・ポサドはモスクワ州の都市で、モスクワ市の北東約70km地点に位置します。ロシアの文化や芸術の根幹が形成された「黄金の環」と呼ばれる都市郡に含まれます。人口は約11万人。

 

 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

セルギエフ・ポサド
Booking.com

 

 

■モスクワからのアクセス

鉄道で行く

 

 

モスクワの「ヤロスラヴスキー駅(Ярославский вокзал)」から、セルギエフ・ポサド駅へロシア鉄道(Rzd)が直通列車が出ています。

・6時半頃~21時頃まで運行
・1日18本ほど
・所要時間:約1時間半
時刻表検索

 

■セルギエフ・ポサド駅
 

 

バスで行く

 

 

地下鉄6号線の「ヴェデンハ駅(VDNKh)」の近くにある「ヴェデンハ・バスステーション(Автостанция ВДНХ)から、セルギエフ・ポサド駅前行きのバスが出ています。

・「388番」の路線バス
・1時間に2~3本運行
・料金:200ルーブル~
・所要時間:約1時間半

 

 

■駅から至聖三者聖セルギイ大修道院へのアクセス

 

駅からは約1.3km離れていて、徒歩で約20分ほどです。

 

 

■至聖三者聖セルギイ大修道院

 

 

1345年に聖セルギイによって建てられた修道院で、壁で囲まれた敷地内に大聖堂や教会などが立ち並んでいます。ロシア正教における最重要な修道院の1つで、今でも多くの巡礼者が訪れます。

 

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://putidorogi-nn.ru/

 

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「至聖三者」とはカトリックでいうところの「三位一体」で、「父・子・霊が一体である」という教えを意味します。

 

ヨハネ生誕教会の門

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2ヶ所ある入口の1つで、門の上が教会になっています。ここはまだ違います(^^)

 

 

中に入っていくと、白い壁にモスグリーンを基調にした可愛らしいフレスコ画が描かれています。そしてさらに進むと「ヨハネ生誕教会の門」が現れます。

 

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

門の中は一面のフレスコ画で覆われていて、とても見応えがあります。

 

 

ウスペンスキー聖堂

 

修道院内の最大の建物で、シンボルでもあります。1585年にモスクワのクレムリンの中にあるウスペンスキー聖堂を見本に造られました。

 

■ウスペンスキー聖堂(モスクワ)
「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

黄金のドームをコバルトブルーのドームが囲んでいて、白い壁とのコントラストが非常にロシアらしい美しさです。

 

 

内部は全面がフレスコ画で覆われていて圧巻です。夏の間だけ使われたため「夏の聖堂」と呼ばれています。床暖房が入っていて、年間を通して礼拝をすることができます。

 

鐘楼

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さ88m。建設当時はロシアで最も高い建物でした。スカイブルーと白のストライプという可愛らしい外観です。中は土産物屋さんになっています。

 

ツァーリ宮殿

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バロック様式で造られた豪華な宮殿です。ツァーリとは「大公」のことで、国の元首の爵位の1つです。

 

至聖三者大聖堂(トロイツキー大聖堂)

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

真っ白な壁に金色のドームが美しい大聖堂で「冬の大聖堂」と呼ばれています。

 

 こちらは有名なイコン(聖人画)画家の
 アンドレイ・ルブリョフが描いた
 「至聖三者」で、この大聖堂に飾られて
 いましたが、現在はモスクワの
 トレチャコフ美術館に収蔵されています。
 出典:ウィキペディア

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典

 

モスクワから簡単に行けるので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-シェレメチェヴォ空港(約10時間、アエロフロート)

 

モスクワ-セルギエフ・ポサド(電車で約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「セルギエフ・ポサド」徹底ガイド:旅の大辞典
ロシアの設定です。

備考

 

⇒ロシアのガイドブック

 

⇒ロシア料理

 

⇒ロシア留学

 

セルギエフ・ポサド
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆