「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

モスクワ

(Moscow)

場所

ロシア

(Russian)

時差

6時間

時期

6月~8月

 

モスクワは、ロンドン・パリに次ぐヨーロッパ3番目の経済都市圏で多くの見どころがあります。当サイトでは4ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「モスクワ③市内周辺部の見どころ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■モスクワの見どころ一覧

 

モスクワには多くの見どころがありますが、ここは外せないという場所を厳選しました。赤のアイコンが市内中心部で、青のアイコンが市内周辺部、緑のアイコンが郊外の見どころです。このページでは青のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■雀が丘

 

 

モスクワの南西部にある小高い丘で、少し遠いですがモスクワ市内を見渡せる展望台として古くから知られています。

 

手前にはモスクワ川が流れていて、川からの高さは約50m。周辺には「チュッチ族の神秘の森」や「雷神ペルーンの伝説」などが残されていて、ここで結んだ誓いは成就するというパワースポットでもあります。

 

 

反対側にはロシアの最高学府の1つであるモスクワ大学が見えます。

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

対岸とをつなぐケーブルカーがあり、モスクワ川の上を横断することができます。

 

 

■雀が丘駅
 

 

■ルジュニキ駅(対岸駅)
 

 

チケットはオンラインでも現地でも購入できます。

曜日 営業時間 料金
16時~22時 100ルーブル
10時~22時 150ルーブル
水・木 10時~22時 250ルーブル
金・土・日・祝 10時~23時 250ルーブル

 

また、モスクワ川はたくさんのクルーズ船が航行していますが、雀が丘は多くのクルーズプランに含まれています。

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

詳細はこちらからご覧ください。

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アクセス

 

市内中心部からメトロ1号線に乗り「ヴァラビヨーヴィ ゴールィ駅」で下車します。そこから上記のケーブルカーの対岸駅まで徒歩で約15分です。

 

 

ケーブルカーを使わずに行く場合、徒歩で約30分かかります。

 

 

■ノヴォデヴィチ女子修道院

 

 

1524年に造られた女子修道院で、17世紀末の頃には周辺の36の村を保有する大地主でもありました。敷地内には15の建築物があり、1994年に全部まとめて世界遺産に登録されました。

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://planeta.turtella.ru/

 

外壁

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まず目を惹かれるのが赤と白で可愛らしく塗装された壁です。この修道院はモスクワの湾曲部にあるため、要塞の意味も兼ねていました。しかし、やはり女子修道院だからなのかオモチャのお城のような色使いがなされています。

 

特に、門の上には玉ねぎ型のドームがあります、反対側の門も同様になっています。

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スモレンスキクの生神女大聖堂

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1525年に建てられた大聖堂で、この修道院のシンボルです。内部のフレスコ画とシャンデリアは圧巻です。

 

 

ウスペンスカヤ教会

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

外壁と同様の赤白の塗装が可愛らしい教会です。内部は広々とした空間で、たくさんのイコン(聖人画)が黄金の装飾に囲まれて飾られています。

 

 

墓地

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

併設されている墓地には多くの著名人が埋葬されています。上の写真は、ロシアの初代大統領を務めたエリツィンの墓です。他にもフルシチョフ書記長や、ゴルバチョフ書記長の妻であるライサ・ゴルバチョワなどが眠っています。

 

アクセス

 

市内中心部からは、地下鉄1号線の「スポルチーヴナヤ駅(Спортивная)」で下車します。そこから徒歩約15分です。

■ノヴォデヴィチ女子修道院
・9時~17時
・火曜日休み

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■モスクワ・シティ

 

 

再開発によって造られた地区で「モスクワ国際ビジネスセンター・モスクワ・シティ」が正式名称です。1992年に端を発するこのプロジェクトは、ドバイやカタール、アゼルバイジャンのように、見るものを圧倒する高層ビル群を生み出しました。観光で行きたいビルは2つです。

 

エヴォリューション・タワー

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 ひときわ目を引くねじ曲がった外観が特徴的で、
 モスクワ・シティの象徴的なビルです。
 55階建ての246m。2014年に建てられました。
 下から見上げたときの迫力は圧巻です。
 出典:ウィキペディア

 

 

フェデレーション・タワー

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 モスクワ・シティのビル群で最も高いビルです。
 東塔(タワーA)が93階建ての374m。
 西塔(タワーB)が62階建ての242.4m。
 89階にパノラマ360という展望台があり、
 モスクワの街を一望できます。
 特に夜景が素晴らしくモスクワっ子に人気です。
 出典:ウィキペディア

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■パノラマ360
・料金:1200ルーブル
・10時~23時

 

アクセス

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

一大商業エリアなので地下鉄の駅も多く、アクセスは簡単です。

・黒:フェデレーション・タワー
・赤:地下鉄4号線「Mezhdunarodnaya駅」
・緑:地下鉄4号線「Vystavochnaya駅」
・青:地下鉄11号線「Delovoy tsentr駅」

 

 

■レストラン「white rabbit」

 

 

「世界のベストレストラン50」で13位にランクインした世界最高峰のレストランで、モスクワの街並みを一望できるガラスドームづくりになっています。

 

 

シェフのウラジミール・ムーヒンさんは「ロシア料理界に革命をもたらした天才」と称され、東ヨーロッパならではの食材をふんだんに使ったロシア料理を堪能することができます。

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://champ-magazine.com/

 

アクセス

 

 

「スモレンスキー・パサシュ」というショッピングモールの16階にあり、モールに隣接する地下鉄3号線の「スモレンスキー・パサシュ駅」で下車します。

 

 

以上が周辺部の見どころになります。モスクワは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

モスクワの主要な見どころを周る場合、シティパスは非常にお得になるので必携になります。

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

以上になります。続きまして下記から他のモスクワの見どころをご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-シェレメチェヴォ空港(約10時間、アエロフロート)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「モスクワ③市内周辺部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
ロシアの設定です。

備考

 

⇒ロシアのガイドブック

 

⇒ロシア料理

 

⇒ロシア留学

 

モスクワ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆