「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

名称

コスタノヴァ

(Costa Nova)

場所

ポルトガル

(Portugal)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

コスタノヴァは「パジャマシティ」と呼ばれる町で、SNS映えするストライプ模様が描かれた家々が近年一気に有名になっています。ポルトの町から日帰りで行くことが出来ますが、アヴェイロに滞在するのもオススメです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

拠点の街はポルト。首都のリスボンに次ぐポルトガル第2の都市で、5世紀以前からの歴史を持つ古都でもあります。人口は約160万人。

 

最寄りの空港はポルト空港(OPO)。国内外合わせて80都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ポルト
Booking.com

 

そして、もちろんコスタノヴァに泊まることも出来ます。宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コスタノヴァ
Booking.com

 

 

■空港から市内

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

ポルト空港は市内中心部から北に約12km離れています。移動方法は、地下鉄、バス、タクシーの3つです。

 

地下鉄で行く

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

最も便利なのが地下鉄です。市内中心部の「トリンダーテ駅(Trindade)」「カンパーニャ駅(Campanhã)」などに乗り換え無しで行くことができます。

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典
※クリックで拡大できます

・20~30分おきに運行
・所要時間:約30分
・料金:1.95€+発券代金0.5€
※観光パスを買った方が良いので後述します

 

シャトルバスで行く

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

いくつかの会社がシャトルバスを運行しているのですが、所要時間が地下鉄と変わらない上に、料金的にも、後述する観光パスなどで地下鉄を使った方が安いため、あまり使うメリットがありません。一応、主なシャトルの公式HPをご紹介します。

■シャトルバス
GOIN’ Porto
Airport Shuttle
100rumos

 

タクシーで行く

 

市内までは約20€です。

 

 

■ポルトの観光パス

 

ポルトの観光パスは「ポルトカード」「アンダンテツアー」「アンダンテ24」の3つが主です。ざっくりいうと下記のようになります。

・ポルトカード:観光地+乗り放題
・アンダンテ:乗り放題のみ(近郊でも使える)
・アンダンテ24:乗り放題のみ(市内のみ)

 

ポルトカード

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

観光地の無料・割引+公共交通機関の乗り放題カードです。

■料金
・1日券:13€。
・2日券:20€
・3日券:25€
・4日券:33€

 

■購入場所
・空港
・サンベント駅
・観光案内所など

 

公式HP

 

アンダンテツアー

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

こちらは、ポルト近郊でも使える乗り放題チケットです。ポルトのメトロはゾーンによって値段が変わりまして、例えば空港だとゾーン4になりますが、このカードだと全てのゾーンに行くことができます。

・料金:7€
・1日券か3日券
・券売機で購入

 

アンダンテ24

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

こちらはゾーンによって金額が変わってきます。近郊の電車には乗れないので、基本的にはポルト市内だけで使うイメージです。

・料金:4.15€~
・24時間券×必要な日数分
・券売機で購入

 

どれが良いのか

 

観光でポルトに訪れる場合、ポルトカードで大丈夫です。乗り放題のアンダンテツアーとの差額も6€しかありませんから、ポルトの主要な見どころを3つも回れば得になります。

 

 

■ポルトの「世界一美しい本屋」

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

ポルトには「世界一美しい本屋」と呼ばれる「レロ書店」があります。日本では絶対に見ることが出来ない本屋さんなので、ぜひ行ってみてください。

 

■1Fの様子

 

■2Fの様子

 

 

■ポルトからコスタノヴァへのアクセス

■カンパニャン駅
「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

■サン・ベント駅
「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

ポルトには2つの駅がありまして、どちらからでも良いので、まずは「アヴェイロ駅」へ行きます。アヴェイロ駅は白地の壁面に青で絵が描かれてる駅で、それ自体が観光名所になっています。

 

■アヴェイロ駅
「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

・頻繁に運行
・所要時間:約1時間
・料金:3.55€~

 

そして、アヴェイロ駅を出て左に少し歩くとバスターミナルがありますので、そこからコスタノヴァ行きのバスに乗ります。

 

 

チケットはバスの中で支払います。アヴェイロとコスタノヴァは「始発」「終点」なので、終始座れますし、最後まで乗っていればよいだけなので安心です。

 

・6時頃~23時頃まで運行
・30分~1時間に1本
・所要時間:約40分
・料金:約2.5€
公式HP

 

 

■コスタノヴァ

 

コスタノヴァのバスターミナルは観光案内所の前にあります。上の右側に写っている、屋根がせり出した変わった形の建物が案内所です。まずはそちらでマップをもらってください。

 

そして、既に1つ後ろの通りにシマシマ模様の家が見えていますね。その通りに行って右に曲がり歩いていくと、最もシマシマ家が密集している通りになります。

 

 

これらの建物は基本的に全て普通の家。自分たちの家が世界的観光地になって、連日人々が写真に収めていくというのは、どういう気持なんでしょうか(^^;)

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

カラフルな建物が並ぶ港町は世界に無数にありますが、ストライプの家々というのは世界でもここだけ。愛くるしい町並みは「パジャマシティ」と呼ばれています。

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

しかし、それにしても羨ましすぎる立地です。目の前は大西洋の絶景で…こんなところに暮らしてみたいものですね。ちなみに、訪れるときは午前中がおすすめです。午後になるとストライプの家々が逆行になってしまうからです。

 

 

目の前はビーチになっているので、夏であれば海水浴をしてしまうのも良いですね。

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

そして日本人で訪れる人は少ないと思いますが、可愛らしい教会も建っています。

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 

 

内部もほのぼの感が溢れていて、一人で静かに時間を過ごせる場所になっています。

 

 

そして食べるべきは当然シーフードですね。ポルトガルはどこでもシーフードが美味しいですが、やはり海辺の街ではテンションが違います(^^)

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典 「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

コスタノヴァはストライプの町並み以外には大きな見どころはありませんが、この世界観の中でノンビリするのが最高の贅沢なんだと思います。ぜひ行ってみてください♪

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

パリ空港-ポルト空港(約2時間)

 

ポルト-アゲダ(電車で約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「コスタノヴァ」(ポルトガル):旅の大辞典
ポルトガルの設定です。

備考

 

⇒ポルトガルのガイドブック

 

ポルト
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆