「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ロングヤービーエン

(Longyearbyen)

場所

スヴァールバル諸島

(Svalbard)

時差

7時間

時期

6月~8月

 

ロングヤービーエンは、人口1000人以上の町としては世界最北端にあたり、「○○端」が好きな旅人たちからは昔から人気の渡航先です。ノルウェー本土ではなくスヴァールバル諸島のスピッツベルゲン島にあります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

ロングヤービーエン(ロングイェールビーン)は、北緯78度13分、東経15度33分にあり、一年の大部分が白夜か極夜になるという、まさに極地にある町です。人口は約2000人。

 

最寄りの空港はロングヤービーエン空港(LYR)。国内の2都市と就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。極北の小さな町なので宿は非常に少ないです。野営は不可能な場所ですから、必ず宿を確保してから行ってください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロングヤービーエン
Booking.com

 

 

■ロングヤービーエン空港から市内

 

 

空港は市内から北西に約5km離れています。空港から市内へはシャトルバスが出ていて、全ての到着便に対応しています。また全てのホテルへ送迎してくれるので、よほどのことがない限りシャトルバスの利用で大丈夫です。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

・所要時間:約10分
・料金:75クローネ
公式HP

 

 

■ロングヤービーエンの概要

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

町の見どころは、そう多くは無いのですが、そもそも全てが世界最北端ですから、そう考えると全部記念になるとも言えます(^^) また町の人口は約2000人ですが、諸島全体には約3000頭のホッキョクグマが生息しているとされています。幸い町には来ないそうですが、あまり辺鄙な場所には行かない方が安全です。

 

ロングヤービーエンは、スヴァールバル条約という条約が締結されていて、加盟国の国民であれば、ビザ無しで自由に移住してビジネスをして良いことになっています。何と日本も加盟しているので、我々はいつでも世界最北端の町に移住できるんですねΣ(゚∀゚ノ)ノ 実際、現地には数名の日本人が暮らしています。また、約2000人の内、6分の1はノルウェー以外の国籍だそうです。

 

これは「ノルウェーの領地ではあるものの、ノルウェーの法律は適用されていない」ということでもあります。そのため物価が意外と高くないです。もちろん北欧なので高いは高いんですが、通常、このような極地や離島などアクセスの悪い場所は、日本であっても物価が高くなるものですが、ノルウェー本土の税金がかかっていないので、意外と高くならないんですね。本土と同じくらいだと思ってください。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは映画館と図書館が入っています。一応2000人の町なので、他にも幼稚園から高校、病院や銀行など一通りの施設は揃っています。また郵便局もあるのですが、ここは世界最北ではなく2番目になります。最北は同じスピッツベルゲン島の「Ny-Ålesund Post Office」です。

 

■Ny-Ålesund Post Office
 

 

やることが定まっていない場合は、一度インフォメーションに行って、その時期のオススメを聞くのが良いと思います。

 

■観光案内所
 

 

 

■ロングヤービーエンの見どころ

白夜と極夜

 

緯度が約78度にもなるロングヤービーエンでは、4/20~8/23までが白夜になります。日本では中々イメージが付きませんが、上の動画が分かりやすいので見てみてください。

 

そして、10/26~2/15までは逆に一日中太陽が昇らない「極夜」になります」。こちらも美しい動画がありますので、見てみてください。

 

 

メインストリートと鉱山労働者の像

 

町唯一のメインストリートでレストランやカフェ、土産物屋などが並んでいます。ロングヤービーエンは20世紀初頭に炭鉱の町として発展したので、メインストリートには「名もなき鉱山労働者の像」が立っています。

 

ホッキョクグマやセイウチのグッズなども人気ですが、防寒具もさすがにクオリティが高いので人気があります。

 

スヴァールバル博物館
 

 

スヴァールバル諸島の歴史が、動物の剥製などと共にわかりやすく展示されています。お土産も色々揃っています。営業時間は12時~17時、料金は90クローネです。

 

コープ(COOP)

 

 

世界最北端のスーパーです(^^) それだけですが話のタネに記念写真を撮ることをオススメします。中は充実していて大抵のものは手に入ります。営業時間は11時~18時です。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

北極点遠征博物館

 

 

スキー、犬ぞり、ボート、飛行船など様々な方法で極地探検をしてきた歴史が展示されています。ここでぜひ見ていただきたいのが、お土産で売られているホッキョクグマのヌイグルミです。面白い売られ方をしているので、ぜひ見てみてください。営業は2月~9月の9時~17時で、料金は100クローネです。

 

スヴァールバル世界種子貯蔵庫

 

 

現代版「ノアの箱舟」とも称される施設で、空港の近くにあります。正しくは「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」といいます。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://annx.asianews.network  ※拡大できます

 

最大450万種までの貯蔵が可能で、1品種あたり平均500粒の種子が保存されています。温度は常に-18~20℃に保たれていて、仮に機械が壊れても-4℃に保てる環境になっています。また、温暖化による海面上昇を考え、海抜120~130m地点に建設されています。

 

2018年の段階で100万種を超えていて、それらは20年ごとに新しい種子に入れ替えられるそうです。残念ながら観光客が中に入ることは出来ません。ただ、現代版「ノアの方舟」は良い記念になるのではないでしょうか。

 

スヴァールバル教会

 

 

1921年に建てられた、スヴァールバル諸島で唯一の教会で、もちろん世界最北の教会です。元々は「スピッツベルゲン救世主教会」という教会でしたが、戦時中にドイツ軍によって破壊されてしまいました。現在の教会は1958年に再建されたものです。

 

 

内部はヨーロッパのごてごてしい教会と比べると非常にスッキリしていて、後ろを見ると飲食スペースもあります。ここには実はホッキョクグマの剥製も置かれていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ツアーアクティビティ

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロングヤービーエンでは様々なツアーが催行されています。代表的なのが「犬ぞりツアー」で、氷の洞窟への往復が人気です。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.visitnorway.com

 

そのほか、オーロラツアー、氷河ツアー、ホエールウォッチング、カヤックツアー、スノーモービルツアーなど多種多様なツアーがありますので、ぜひトライしてみてください(^^) 夏であればパフィン(ニシツノメドリ)も見られる可能性があります。

 

■パフィン
「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ピラミデンの町

 

 

ロングヤービーエンから50kmほど北に位置する、世界最北の「ゴーストタウン」です。1910年にスウェーデンが炭鉱を発見し誕生した町で、1927年にはソ連に売却されます。その後1998年に炭鉱が閉じられてから完全なゴーストタウンになっています。旧ソ連の香りがプンプンする町は、廃墟好きにはたまらない場所です。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://en.visitsvalbard.com

 

ツアーが催行されているので実は簡単に行けます。スノーモービルで爆走するツアーや、フェリーで海を渡るツアーがあります。フェリーの場合は氷河やアザラシを見ることもできるのでオススメです。ツアーが出ている関係で、ゴーストタウンではありますがホテルが1軒あります。なので宿泊することも可能です。ツアーはこちらの会社が催行しています。

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.cruisemapper.com

 

 

以上が個人での行き方になります。世界最北端の町に、ぜひ行ってみてください♪

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン空港-オスロ空港(約2時間)

 

オスロ空港-ロングヤービーエン空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ロングイェールビーン」徹底ガイド:旅の大辞典
ノルウェーの設定です。

備考

 

⇒ノルウェーの絶景

 

ロングヤービーエン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆