「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

ヴェネツィア

(Venezia)

場所

ヴェネト州

(Veneto)

時差

8時間

時期

2月~3月

(カーニバルの時期)

 

ヴェネツィアは、世界有数の観光地だらけのイタリアにおいても、世界に名だたる「水の都」として唯一無二の存在感を放っています。本土側とヴェネツィア本島に分かれていて、事前に知識があると効率的に観光できる典型的な場所です。

 

たくさんの見どころがあるため、当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「モデルルート①サン・マルコ広場周辺」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ヴェネツィアの観光パス「ベニスカード」

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

これが非常に難しいシステムで、まず理解するのが大変です(^^;) 公式HPはこちらです。

 

カードの種類

まず2つの「シティパス」があります。「普通のシティパス」と「サン・マルコ広場周辺のシティパス」です。これらに無料ツアーが付いたりして、また値段が変わるのですが、とりあえず、この2つを「シルバーシティパス」と呼びます。

 

内容 サンマルコ広場シティパス 普通のシティパス
ドゥカーレ宮殿・無料入場
市民博物館・無料入場 3ヶ所 10ヶ所
コールス加盟の教会・無料入場 3ヶ所 16ヶ所
ユダヤ博物館・無料入場
料金 ・29歳以下:21.9€

・30歳以上:28.9€

・29歳以下:29.9€

・30歳以上:39.9€

 

そして「普通のシティパス」に追加で付く内容によって「ゴールドシティパス」と「プラチナシティパス」に分かれます。

 

内容 ゴールドシティパス プラチナシティパス
普通のシティパス
ACTV社の公共交通機関の

乗り放題チケット(3日間)

24時間フリーWi-Fi
コンタリーニ デル ボーヴォロ館への無料入場
料金 ・29歳以下:58.9€

・30歳以上:80.9€

・29歳以下:70.9€

・30歳以上:125.9€

 

という感じです。ですので、まずは「3日間滞在するのか」「公共交通機関をどれくらい乗るのか」を考えて、必要なパスを選択するという流れになります。

 

ただ、個別のパスも色々あるんですね。こちらが結構利用価値があります(^^;) なので、それぞれの旅程に合わせて最適なものを選んでみてください。

 

①ミュージアムパス

・ドゥカーレ宮殿
・市民博物館10ヶ所の無料入場
・29歳以下:18€
・30歳以上:24€
・「普通のシティパス」の教会とユダヤ博物館が付いていないバージョンです。

 

②サン・マルコ広場博物館パス

・ドゥカーレ宮殿
・市民博物館3ヶ所
(コッレール博物館、マルチャーナ図書館、ベネチア国立考古学博物館)
・「サンマルコ広場シティパス」の教会が付いていないバージョンです。

 

③ACTV社の公共交通機関の乗り放題チケット

・24時間:20€
・48時間:30€
・72時間:40€
・7日間:40€

 

ベニスカードで入れる施設

・ドゥカーレ宮殿
・コッレール博物館
・マルチャーナ図書館
・ベネチア国立考古学博物館
・カ・レッツォーニコ
・カ・ペーザロ
・カルロ ゴルドーニの家
・ムラーノ・ガラス美術館
・モチェニゴ博物館
・レース博物館
・ベネチア市立自然史博物館

 

ベニスカードで入れる教会

・アルヴィーゼ教会
・サンタ・マリア・デル・ジッリオ教会
・サン・スタエ教会
・サント・ステファノ教会
・サンタ・マリア・フォルモーザ教会
・サン・ピエトロ・ディ・カステッロ聖堂
・サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会
・サン・ジョバンニ・エレモシナリオ教会
・サン・ポーロ教会
・サン・セバスティアーノ教会
・サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂
・サン・ジャコモ・デローリオ教会
・サン・ジョッベ教
・サン・ジュゼッペ教会
・ジェスアーティ教会
・レデントーレ教会

 

ベニスカードで入れない場所

・フォルチュニイ宮
・サン・マルコ時計塔
※割引が効くことがあります

 

 

■水上バス(ヴァポレット)の乗り方

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

水上都市ヴェネツィアを観光する上で必ずお世話になるのが水上バスです。「ヴァポレット」といって「Alilaguna社」と「ACTV社」の2社が運行しています。

 

ただ「ベニスカード」を利用する場合は上記のとおり「ACTV社」しか乗れませんので注意してください。

 

路線図

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

クリックすると大きなPDFが見られます。

 

チケットの購入

 

チケットは「ベニスカード」の場合は公式HPから購入できます。現地では、サンタ・ルチア駅の前にある「フェロヴィア」の停泊所の券売機で購入できます。

 

 

チケットの種類と料金ですが、前記したものに「75分有効券」が加わります。

・75分有効券:7.5€
・24時間:20€
・48時間:30€
・72時間:40€
・7日間:40€

 

乗車する際は、チケットを停留所の入り口にあるチケット刻印機に通します。刻印を忘れてしまうと罰金になりますので注意してください。乗り放題チケットでも刻印が必要です。スーツケースなどが2個以上になると3€追加になります。

 

 

■ヴェネツィアの見どころ一覧

 

ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅(緑)に到着すると、目の前にはヴェネツィア本島をS字に走る大運河「カナル・グランデ」があります。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

全長3800mの運河沿いには、12世紀から17世紀にかけての美しい建物が並んでいて、ヴェネツィアを象徴する景色が連続します。カナル・グランデを始めとして、街には大小150以上の運河があり、水上バスやゴンドラで市内を巡るのが定番です。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

有名な見どころはS字の反対側の「サン・マルコ広場周辺」(赤)に集中しています。なので、あらかじめサン・マルコ広場周辺に宿をとっておき「Ferrovia A」の船着き場(青)から水上バスに乗ってサン・マルコ広場へと移動すると効率の良い観光になります。

 

ヴェネツィアは様々な作品のモデルになっていますが、日本では「ONE PIECE」の「ウォーターセブン編」でおなじみです。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

 

■サン・マルコ広場周辺の見どころ

サン・マルコ広場

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

「世界で最も美しい広場」と呼ばれ、周辺には「ドゥカーレ宮殿」「サン・マルコ寺院」「鐘楼」「コッレール博物館」「マルチャーナ図書館」「考古学博物館」などがあります。観光名所であり、ヴェネツィアの海からの玄関口です。

 

運河から陸に上がると「聖マルコと聖テオドーロの円柱」という2本の円柱が、カナル・グランデに面して建っています。

 

 

非常に立派ですが、実は中世の頃には、この柱の間に死刑執行台を設置していたため、それを知るヴェネツィアの人たちは柱の間を通り抜けないそうです。

 

そして広場には、あの文豪ゲーテが訪れたカフェ「フローリアン」があります。お時間がありましたら、ぜひ行ってみてください。

 

■カフェ・フローリアン
「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

そして、広場の一角に立つヴェネツィアのシンボルが「鐘楼(しょうろう)」です。高さは98.6m。上部に5つの鐘があり、1日1回、正午に鐘の音が響き渡り渡ります。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

上部まではエレベーターで登ることができ、ヴェネツィアの街を一望できます。

 

 

1514年に現在の形になりましたが1902年に崩壊したため、現在の鐘楼は1912年に再建されたものになります。

 

この鐘楼は、全世界で塔や高層ビルのデザインに大きな影響を与えていて、オーストラリアの「ブリズベン市庁舎」、ニューヨークの「メトロポリタン・ライフ・タワー」などがそれにあたります。

 

■メトロポリタン・ライフ・タワー   ■ブリズベン市庁舎
「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

■鐘楼
・9時~21時
・無休
・料金:8€

 

サン・マルコ大聖堂(サン・マルコ寺院)

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

サン・マルコ広場に面していて、ヴェネツィアで最も有名な大聖堂です。完成は1090年代ですが、その後に何度も増築されています。そのため、ロマネスク式、ゴシック式、ルネサンス式と、様々な建築様式が混在しています。

 

内部の祭壇には2000個もの宝石が埋め込まれた黄金の衝立があります。2階から見るサン・マルコ広場も絶景です。大きなバッグは持ち込み不可なので注意してください。

 

■サン・マルコ大聖堂
・水上バス1・2番「サンマルコ」駅
・9:45~17:00
・無休
・パラ・ドーロ:2€、宝物館:8€、博物館:5€

 

ドゥカーレ宮殿

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

こちらもサン・マルコ広場に面していて、ヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁だった建物です。「ドゥカーレ」は英語では「ドージェ」といって「総督」を意味します。つまり「総督の家」ということになり、イタリア各地に同じ名前の建物はあります。イタリアではどこでも大聖堂を「ドゥオーモ」と呼ぶのと同じことです。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

14世紀から16世紀にかけて何度も改修を重ねて現在の形になっていて、運河を挟んで対岸にある牢獄跡とは「ため息橋」で結ばれています。現在内部は美術館として公開されています。

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

見どころは「世界最大の油絵」と言われている「天国」。大きさはなんと25m×7m。「最も高貴な国」と言われた当時の繁栄を感じられる場所ですので、ぜひ見てみてください。

■ドゥカーレ宮殿
・4月~10月:8時半~19時
・11月~3月:8時半~17時半
・元旦とクリスマスは休み
・入場料:20€

 

コッレール博物館

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

サン・マルコ広場に面していて、彫刻家カノーヴァ、風景画家カナレット、ルネサンスの巨匠カルパッチョなどの貴重な作品が展示されています。こちらも内部が非常に美しいので「ベニスカード」がある方は、ぜひ行ってみてください。

■コッレール博物館
・11月~3月:9時~17時
・4月~10月:10時~18時
・元旦とクリスマスは休み
・入場料:19€

 

ため息橋

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

16世紀にかけられた橋で、石でできた格子の付いた窓が付けられています。「囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色」だったため「ため息橋」と名付けられました。

 

「恋人同士がこの橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束される」という言い伝えがあり、ヴェネツィアを代表する名所の1つとなっています。

 

 

サン・マルコ広場周辺については以上になります。続きまして「モデルルート②サン・マルコ広場以外」をご覧ください。観光パスなどの説明は同じです。

 

ヴェネツィアには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ミラノ空港(約13時間、全日空)

 

ミラノ-ヴェネツィア(列車で約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ヴェネツィア観光①サン・マルコ広場周辺」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

ヴェネツィア本島
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆