「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

ヴェネツィア

(Venezia)

場所

ヴェネト州

(Veneto)

時差

8時間

時期

2月~3月

(カーニバルの時期)

 

ヴェネツィアは、世界有数の観光地だらけのイタリアにおいても、世界に名だたる「水の都」として唯一無二の存在感を放っています。本土側とヴェネツィア本島に分かれていて、事前に知識があると効率的に観光できる典型的な場所です。

 

たくさんの見どころがあるため、当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「各地からの移動、宿泊、空港から市内」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

ヴェネツィアは中世にヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で「アドリア海の女王」「水の都」などと呼ばれます。呼び方は「ヴェネツィア」「ベネチア」「ヴェニス」「ベニス」などがあります。人口は約26万人。

 

最寄りの空港はヴェネツィア・テッセラ空港(VCE)。マルコポーロ空港とも呼ばれます。国内外合わせて約100都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿泊エリアですが、ヴェネツィアは「メストレ(黒)=イタリア本土」「ヴェネツィア本島(青)」「リド島(赤)」という3つのエリアに大きく分けられます。右下の細い島が「リド島」で真ん中のエリアが「ヴェネツィア本島」です。

 

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

まず「メストレ」は、ほとんどの団体ツアー客が宿泊するエリアです。メリットは鉄道駅から普通のタクシーなどでホテルに行けるということ。また、宿代が安めであるということです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

メストレ
Booking.com

 

続いて「ヴェネツィア本島」。こちらは当然一番人気のエリアになります。ヴェネツィアの運河に落ちる夕日や、夜のヴェネツィアを楽しみたい方はこちらがオススメです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヴェネツィア本島
Booking.com

 

リド島は、高級リゾート的な雰囲気の島です。とはいえ値段はそこまで高くないのですが。メリットは、落ち着いたリゾートを満喫できるということ。デメリットは、どこへ行くにも水上バスに乗らないと行けないので、アクセス面がめんどくさい、という感じです。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

リド島
Booking.com

 

 

■ヴェネツィアの2つの空港

■ヴェネツィア・テッセラ空港
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

イタリアの他の大都市と同じく、ヴェネツィアにも空港はメインとサブの2つがあります。メインは「ヴェネツィア・テッセラ空港」。「マルコポーロ空港」とも呼ばれ多くの国際便が発着します。通常、ヴェネツィア空港と言えばこちらをさします。

 

■トレヴィーゾ空港
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

そして、主にLCCが発着するサブ空港が「トレヴィーゾ空港」になります。いずれの空港からにせよ、ヴェネツィアならではの「水上バス」がからんできますので、事前に特徴を分かっておくと現地で楽になります。

 

 

■ヴェネツィア・テッセラ空港から市内

 

ヴェネツィア・テッセラ空港から市内への移動方法は「空港シャトルバス」「市バス」「「タクシー」「水上バス」「水上タクシー」の5つです。

 

ヴェネツィア本島は車の乗り入れが禁止されているので、鉄道やバスで移動できるのは、ヴェネツィア西端にある「ローマ広場」までになります。

 

■ローマ広場

 

空港シャトルバスで行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

ATVO社のバスが、空港と「ローマ広場」「メストレ駅」を直行でつないでいます。チケットは空港到着ロビーのチケット売場や券売機、または乗り場の券売機で購入できます。

■ローマ広場行き:35番
・5:20~25:20まで運行
・約30分間で運行

 

■メストレ駅行き:25番
・6:26~25:20まで運行
・頻繁に運行

 

ATVO社の公式HP
・所要時間:約20分
・料金:8€

 

市バスで行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

ACTV社のバスが、同じく空港と「ローマ広場」「メストレ駅」を直行でつないでいます。チケットは空港到着ロビーのチケット売場や券売機、または乗り場の券売機で購入できます。

■ローマ広場行き:5番
・4:10~23:10まで運行
・15~30分間隔で運行

 

■メストレ駅行き:15番
・5:45~20:15まで運行
・30~60分間隔で運行
・頻繁に運行

 

ATVO社の公式HP
・所要時間:約20分
・料金:1.3€
・75分以内ならヴァポレットへの乗り継ぎ可能

 

タクシーで行く

 

ローマ広場まで約30分。料金は30~40€です。

 

水上バス(ヴァポレット)で行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

「Alilaguna」という会社の水上バスが、空港から「サンタ・ルチア駅」「ローマ広場」「ヴェニス島内」「周辺の島々」を結んでいます。チケットは空港到着ロビーの券売機で購入しますが、乗船後にも購入できます。チケットは機械にタッチしておきます。

 

■空港の船乗り場
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

バスより少し高くなりますが、運河を使って市内中心部まで行くことができます。サンマルコ広場周辺に宿を取る方にはとても便利です。また、やはり初のヴェネツィアは運河から入ってみたいという気持ちもありますよね(^^) 公式HPはこちらです。

 

路線は「青(Blu)」「オレンジ(Arancio)」「赤(Rossa)」の3つあります。

 

青(Linea Blu)

・「Terminal Crociere」行き
・空港、ムラーノ、リド島、サン・マルコ、ザッテーレなどに停船
・6:15~24:40まで運行
・30~45分間隔で運行
・終点まで約2時間

■Terminal Crociere
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

オレンジ(Linea Arancio)

・「S.Maria del Giglio」行き
・空港、マドンナ・デッロルロ、グーリエ、サン・スタエ、リアルト、サンタンジェロなどに停船。
・8:00~24:20まで運行
・40分間隔で運行
・終点まで約70分

■S.Maria del Giglio
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

赤(Linea Rossa)

・「San Mrco」行き
・空港、ムラーノ・ムゼオ、リド、サン・マルコなどに停船
・9:40~18:40まで運行
・60分間隔で運行
・終点まで約90分

■San Mrco
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

水上タクシー(モトスカーフィ)で行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

最大10人乗りのモーターボートを使った水上タクシーです。木目調のかっこいいボートなので1回くらい乗りたくなりますね(^^;) サン・マルコ広場や主要ホテルの船着き場まで連れて行ってくれます。

 

行き先ごとの定額制で、チケットは空港到着ロビーにあるサービスカウンターで購入します。公式HPはこちらです。

・24時間運行
・ローマ広場まで約30分
・110€
・スーツケースは12個まで
・5個目から1個につき5€追加
・22時~7時は20€追加

 

 

■トレヴィーゾ空港から市内

 

トレヴィーゾ空港はヴェネツィア本島から北に約40km離れています。移動方法は、空港シャトルバス、タクシー、市バスと電車、の3つになります。

 

空港シャトルバスで行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

こちらもATVO社のバスがつないでいます。行き先はローマ広場です。

・所要時間:約1時間
・料金:12€(片道)/20€(往復)
・7:45~22:30まで運行

 

市バス+電車で行く

 

空港の建物の外にでて市バスの「6番」に乗り「トレヴィーゾ駅」へ行きます。料金は1.5€、所要時間は約20分です。

 

■トレヴィーゾ空港~トレヴィーゾ駅

 

そしてトレヴィーゾ駅から電車に乗り、ヴェネツィア本島にある「サンタ・ルチア駅」へと行きます。料金3.4€、所要時間は約30分です。約40分で運行しています。

 

■トレヴィーゾ駅~サンタ・ルチア駅

 

 

■ボローニャからヴェネツィアへのアクセス

鉄道で行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

「ボローニャ中央駅」から「サンタ・ルチア駅」へ多くの列車が出ています。

・高速列車:約1時間20分、15~24€
・鈍行列車:約2時間、11~13€

 

■サンタ・ルチア駅
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

バスで行く

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

ボローニャのセントラルバスステーションから、ヴェネツィア本島にある「トロンケット・バスターミナル」まで長距離バスが出ています。空港やメストレ駅行きもあります。

・所要時間:約2時間
・1日4本程度
・8~12€

 

■Venice Tronchetto
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

 

■ヴェネツィアからミラノへのアクセス

鉄道で行く

■ミラノ中央駅
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

ミラノ中央駅から、上記の「サンタ・ルチア駅」へ多くの列車が出ています。メストレ駅行きも多いです。

・高速列車:約2時間半、22~55€
・鈍行列車:約3時間半、20.70€

 

バスで行く

■ランプニャーノ・バスステーション
「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典 

 

ミラノの「ランプニャーノ・バスステーション」から、上記の「トロンケット・バスターミナル」へ長距離バスが出ています。ミラノ市内から「ランプニャーノ・バスステーション」へは、地下鉄のM1線で行くことができます。M1線はドゥオーモ駅もそうです。

・所要時間:3~4時間
・料金:10€~

 

 

以上になります。続いて「ヴェネツィア②見どころとモデルルート」をご覧ください。

 

ヴェネツィアには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ミラノ空港(約13時間、全日空)

 

ミラノ-ヴェネツィア(列車で約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ヴェネツィアの宿泊エリアと空港から市内」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

ヴェネツィア本島
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆