「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

フィレンツェ

(Firenze)

場所

トスカーナ州

(Toscana)

時差

8時間

時期

春と秋

 

フィレンツェは「屋根の無い美術館」と称される都市で、市街中心部が「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産に登録されています。たくさんの見どころがあるため、当サイトでは4ページに渡り特集しておりますので、下記からご覧ください。こちらのページは「モデルルート②」になります。

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■観光パス「フィレンツェカード 」

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

フィレンツェカードは72時間以内なら市内の70ヶ所以上の観光スポットが入場無料になるカードです。フィレンツェは「屋根の無い美術館」と言われるほど見どころに溢れた街ですから、たくさん周る場合はフィレンツェカードを買った方がお得になります。ただ、周る箇所が少なかったりローシーズンだったりすると買わなくても大丈夫です。

 

概要

基本となるカードと、追加で7€払って交通機関も乗り放題になるカードの2種類があります。

■フィレンツェカード(Firenzecard)
・料金:85€
・72時間(最初の施設利用から)
・市内全76ヶ所の美術館、博物館、教会の入場が無料

 

■フィレンツェカードプラス(Firenzecard+)
・料金:追加7€
・72時間(最初の乗り物利用から
・市内のトラム(路面電車)とバスに乗り放題

 

主な対象施設

・ドゥオーモ
・アカデミア美術館
・ヴェッキオ宮殿
・アルノルフォの塔
・ウフィツィ美術館
・ピッティ宮殿
・サンタ・クローチェ聖堂
・サンタ マリア ノヴェッラ教会
・メディチ家礼拝堂
・フィレンツェ国立考古学博物館
・サン・マルコ修道院
・ガリレオ博物館

 

チケット購入

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

チケットはオンラインで購入可能です。上の画像から公式HPにとびます。

 

オンランで購入したチケットは「現地で受け取る」か「アプリを使う」かになります。アプリの方が便利ですが、現地でスマホネット環境が無いと使えません。

■「フィレンツェカード」アプリ
App Store
GooglePlay

 

現地で受け取る場合は、登録したメールアドレスに送られてきたバウチャーを、観光案内所などに持っていくことで受け取ることができます。

 

■受け取る場所
・バルディーニ博物館
・ブランカッチ礼拝堂
・ロッジア・デル・ビガッロ美術館
・ブランカッチ礼拝堂
・ストロッツィ宮
・駅前の観光案内所
・フィレンツェ・ペレトラ空港の観光案内所
・カブール通りの観光案内所
・ヴェッキオ宮殿の観光案内所

 

また、普通に現地で購入する方法もあります。料金は変わりませんので、ご自分に合った方で良いと思います。「オーソライズド・ポインツ(authorized points)」という販売所が市内に12ヶ所ありまして、そこで購入できます。

■販売所
・ブランカッチ礼拝堂
・バルジェロ美術館
・サンタマリア・ノヴェッラ教会
・ノヴェチェント美術館
・ヴェッキオ宮殿
・バルディーニ博物館
・ウフィツィ美術館
・ストロッツィ宮
・ピッティ宮殿
・駅前の観光案内所
・カブール通りの観光案内所

 

一度だけ再利用できる

 

フィレンツェカードプラスを購入した人は、カードの使用期限が切れた後、一度だけ、追加28€を支払うことで48時間再利用できます。使う条件は下記になります。

・フィレンツェカード購入時から1年以内
・再利用の手続きはネットでのみ可能
・現地での利用はアプリでのみ可能

 

3日間で周りきれなかった人や、たまたまもう1度フィレンツェに行ける機会が出来た人などには嬉しい制度です(^^)

 

利用方法

オンライン購入後、アプリでチケットを使用する場合、入場する毎にアプリから対象施設を選んで「START YOUR VISIT」ボタンを押し、入場時に提示すれば大丈夫です。

 

カードの場合、受け取ったら最初に裏に名前を書きます。後は普通に、入場時にカードを係員に提示します。

 

また、フィレンツェカードプラスには、自分のフィレンツェカードの裏面に記載されている番号を書きます。あとは、バスやトラムの乗車時にカードを機械に通せばOKです。

 

注意点

「ドゥオーモのクーポラ」「ウフィツィ美術館」「アカデミア美術館」へは、フィレンツェカードを持っていても、現地で別途予約手続きが必
要になりました。無料ではありますが「行ってすぐに優先的に入る」ができなくなったということです。

 

その結果、ハイシーズンだとカードを持っているのに予約がいっぱいで結局入場出来ない、または非常に待たされる、というケースが起こります。

 

必ずしも購入すると得になるわけではありませんので、ご自身の予定と合わせて検討してください。5~8ヶ所周るのであれば得になってくると思います。

 

 

■モデルルート

 

あくまでも当サイトで取り上げさせていただく見どころですが、フィレンツェカードの有効期限に合わせ、ざっくり3日間の想定で色分けしてみました。アイコンをクリックすると名前と写真が現れます。

 

フィレンツェは本当に見どころだらけで「天井の無い美術館」の名は伊達ではありません。中3日くらいを確保していくのがオススメです。こちらのページでは、ヴェッキオ宮殿を中心とした「青」のアイコンで示した観光スポットをご紹介します。

■青のアイコン
・ヴェッキオ宮殿
・シニョリーア広場
・ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水)
・サンタ・クローチェ聖堂
・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
・サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

 

赤のアイコンについてはこちら緑のアイコンについては、こちらのページをご覧ください。「フィレンツェカード」の解説は共通で載せています。

■赤のアイコン
・ドゥオーモ
・サン・ジョヴァンニ洗礼堂
・付属博物館
・ジョットの鐘楼
・クーポラ
・アカデミア美術館

■緑のアイコン
・ウフィツィ美術館
・ヴェッキオ橋
・ピッティ宮殿
・ミケランジェロ広場

 

 

■ヴェッキオ宮殿

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

1299年から1314年にかけて建設された宮殿で、建材はフィレンツェの市役所として使われています。一時期はメディチ家もピッティ宮殿に映るまで住んでいました。

 

高さ95mの「アルノルフォの塔」はフィレンツェで2番目に高い塔です。地上階からだと482段の階段を上りますが、頂上からはドゥオーモの全景を見られます。また、ジョットの鐘楼ほど混んでいませんのでオススメです。映画「インフェルノ」の冒頭にも登場しました。

 

■インフェルノ予告編

(ページ上部の動画と同じです)

 

■アルノルフォの塔からの眺め

 

内部は「フランチェスコ1世の仕事部屋」「500人大広間」「ゆりの間」などの部屋に分かれていて、2007年には、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画「アンギアーリの戦い」が「500人大広間」にある「ヴァザーリの壁画」の裏側に隠されていることが発表されました。「アンギアーリの戦い」は、レオナルド・ダ・ヴィンチと、ミケランジェロがその腕を競って対決したもので、ミケランジェロは「カスチーナの戦い」を描いています。

 

■500人大広間
「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

■10月~3月の営業時間
木曜日以外:9:00-19:00
木曜日:9:00-14:00

 

■4月~9月の営業時間
木曜日以外:9:00-23:00
木曜日:9:00-14:00

 

■料金
宮殿のみ:10€
宮殿+アルノルフォの塔:14€

 

■休館日:12/25

 

 

■シニョーリア広場

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

ヴェッキオ宮殿の前にある広場で、1873年までダヴィデ像の本物が置かれていました。現在はダヴィデ象のレプリカや「ネプチューンの泉」などを見ることができます。

 

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水)

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

メルカート・ヌオーヴォ(新市場)にあり「幸運の子豚」と言われていて、鼻をなでると幸運がもたらされるという言い伝えがあります。また、口の中にコインをいれて下にある受け皿に入れば「再びフィレンツェを訪れることができる」とか「望みがかなう」などとも言われています。

 

長年の間、無数の観光客に触られてきたことで、見事に鼻がピッカピカに輝いていて確かにご利益がありそうです(^^)

 

 

■サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

1221年に造られた世界最古の薬局です。フィレンツェのハーブが中心に扱われていて、好みの香水を調合してもらうこともできます。

 

 

■サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

1470年に完成した教会で、フィレンツェにおいてゴシック様式が適用された最初の建築物です。内部はひときわ美しいステンドグラスが輝いていて、それを見るだけでも価値があります。

 

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■サンタ・クローチェ教会

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典 

 

サンタ・クローチェ教会は「イタリアの栄光のパンテオン」とも呼ばれる教会で、ミケランジェロ、ガリレオ、マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・ジェンティーレ、ロッシーニといった歴史上の有名なイタリア人たちの埋葬場所になっています。

 

いかがでしたでしょうか。インフェルノの世界をぜひ満喫してみてください。赤のアイコン緑のアイコンの観光スポットをご覧ください。

■赤のアイコン
・ドゥオーモ
・サン・ジョヴァンニ洗礼堂
・付属博物館
・ジョットの鐘楼
・クーポラ
・アカデミア美術館

■緑のアイコン
・ウフィツィ美術館
・ヴェッキオ橋
・ピッティ宮殿
・ミケランジェロ広場

 

 

フィレンツェには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ローマ空港(約13時間、全日空)

 

ローマ-フィレンツェ(高速列車で約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「フィレンツェ観光②ヴェッキオ宮殿周辺」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

フィレンツェ中心部(ドゥオーモ周辺)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆