「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

フィレンツェ

(Firenze)

場所

トスカーナ州

(Toscana)

時差

8時間

時期

春と秋

 

フィレンツェは「屋根の無い美術館」と称される都市で、市街中心部が「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産に登録されています。たくさんの見どころがあるため、当サイトでは4ページに渡り特集しておりますので、下記からご覧ください。こちらのページは「モデルルート①」になります。

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■観光パス「フィレンツェカード 」

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

フィレンツェカードは72時間以内なら市内の70ヶ所以上の観光スポットが入場無料になるカードです。フィレンツェは「屋根の無い美術館」と言われるほど見どころに溢れた街ですから、たくさん周る場合はフィレンツェカードを買った方がお得になります。ただ、周る箇所が少なかったりローシーズンだったりすると買わなくても大丈夫です。

 

概要

基本となるカードと、追加で7€払って交通機関も乗り放題になるカードの2種類があります。

■フィレンツェカード(Firenzecard)
・料金:85€
・72時間(最初の施設利用から)
・市内全76ヶ所の美術館、博物館、教会の入場が無料

 

■フィレンツェカードプラス(Firenzecard+)
・料金:追加7€
・72時間(最初の乗り物利用から
・市内のトラム(路面電車)とバスに乗り放題

 

主な対象施設

・ドゥオーモ
・アカデミア美術館
・ヴェッキオ宮殿
・アルノルフォの塔
・ウフィツィ美術館
・ピッティ宮殿
・サンタ・クローチェ聖堂
・サンタ マリア ノヴェッラ教会
・メディチ家礼拝堂
・フィレンツェ国立考古学博物館
・サン・マルコ修道院
・ガリレオ博物館

 

チケット購入

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

チケットはオンラインで購入可能です。上の画像から公式HPにとびます。

 

オンランで購入したチケットは「現地で受け取る」か「アプリを使う」かになります。アプリの方が便利ですが、現地でスマホネット環境が無いと使えません。

■「フィレンツェカード」アプリ
App Store
GooglePlay

 

現地で受け取る場合は、登録したメールアドレスに送られてきたバウチャーを、観光案内所などに持っていくことで受け取ることができます。

 

■受け取る場所
・バルディーニ博物館
・ブランカッチ礼拝堂
・ロッジア・デル・ビガッロ美術館
・ブランカッチ礼拝堂
・ストロッツィ宮
・駅前の観光案内所
・フィレンツェ・ペレトラ空港の観光案内所
・カブール通りの観光案内所
・ヴェッキオ宮殿の観光案内所

 

また、普通に現地で購入する方法もあります。料金は変わりませんので、ご自分に合った方で良いと思います。「オーソライズド・ポインツ(authorized points)」という販売所が市内に12ヶ所ありまして、そこで購入できます。

■販売所
・ブランカッチ礼拝堂
・バルジェロ美術館
・サンタマリア・ノヴェッラ教会
・ノヴェチェント美術館
・ヴェッキオ宮殿
・バルディーニ博物館
・ウフィツィ美術館
・ストロッツィ宮
・ピッティ宮殿
・駅前の観光案内所
・カブール通りの観光案内所

 

一度だけ再利用できる

 

フィレンツェカードプラスを購入した人は、カードの使用期限が切れた後、一度だけ、追加28€を支払うことで48時間再利用できます。使う条件は下記になります。

・フィレンツェカード購入時から1年以内
・再利用の手続きはネットでのみ可能
・現地での利用はアプリでのみ可能

 

3日間で周りきれなかった人や、たまたまもう1度フィレンツェに行ける機会が出来た人などには嬉しい制度です(^^)

 

利用方法

オンライン購入後、アプリでチケットを使用する場合、入場する毎にアプリから対象施設を選んで「START YOUR VISIT」ボタンを押し、入場時に提示すれば大丈夫です。

 

カードの場合、受け取ったら最初に裏に名前を書きます。後は普通に、入場時にカードを係員に提示します。

 

また、フィレンツェカードプラスには、自分のフィレンツェカードの裏面に記載されている番号を書きます。あとは、バスやトラムの乗車時にカードを機械に通せばOKです。

 

注意点

「ドゥオーモのクーポラ」「ウフィツィ美術館」「アカデミア美術館」へは、フィレンツェカードを持っていても、現地で別途予約手続きが必
要になりました。無料ではありますが「行ってすぐに優先的に入る」ができなくなったということです。

 

その結果、ハイシーズンだとカードを持っているのに予約がいっぱいで結局入場出来ない、または非常に待たされる、というケースが起こります。

 

必ずしも購入すると得になるわけではありませんので、ご自身の予定と合わせて検討してください。5~8ヶ所周るのであれば得になってくると思います。

 

 

■モデルルート

 

あくまでも当サイトで取り上げさせていただく見どころですが、フィレンツェカードの有効期限に合わせ、ざっくり3日間の想定で色分けしてみました。アイコンをクリックすると名前と写真が現れます。

 

フィレンツェは本当に見どころだらけで「天井の無い美術館」の名は伊達ではありません。中3日くらいを確保していくのがオススメです。こちらのページでは、一番の見どころである「ドゥオーモ」を中心とした「赤」のアイコンで示した観光スポットをご紹介します。

■赤のアイコン
・ドゥオーモ
・サン・ジョヴァンニ洗礼堂
・付属博物館
・ジョットの鐘楼
・クーポラ
・アカデミア美術館

 

青のアイコンについてはこちら緑のアイコンについては、こちらのページをご覧ください。「フィレンツェカード」の解説は共通で載せています。

■青のアイコン
・ヴェッキオ宮殿
・シニョリーア広場
・ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水)
・サンタ・クローチェ聖堂
・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
・サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

■緑のアイコン
・ウフィツィ美術館
・ヴェッキオ橋
・ピッティ宮殿
・ミケランジェロ広場

 

 

■ドゥオーモ

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 

 

フィレンツェのシンボルであり、正しくは「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」と言います。「大聖堂(ドゥオーモ)」「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」「ジョットの鐘楼」という3つの建築物で構成されています。1296年から140年以上をかけて建設されていて、全長153m,最大幅90m、高さ107m。八角形の大クーポラの内径は43m。聖堂は世界で4番目の大きさです。

 

初期のルネサンス建築の代表的な作品で、石積み建築のドームとしては現在でも世界最大です。建物の主軸はほぼ東西に通っていて、西に八角形の洗礼堂、東に大聖堂がならび、両者の正面玄関が正対する形になっています。

 

特に有名なのが、クーポラ内に描かれたフレスコ画「最後の審判」です。

 

 

ミケランジェロの弟子であるジョルジョ・ヴァザーリらの作品でイタリアの至宝ともいえる作品ですが、とても高いため小さい双眼鏡などがあると良いかと思います(^^;) ちなみに双眼鏡だとこれがスゴいです。

 

 

 

カメラで有名なニコンの商品なのですが、8倍ズームができる上で「195g」という軽さ。手のひらサイズの小ささ。それでいて5000円を切ってくるコスパ。デザインもスタイリッシュで「そうがんきょう!」という感じでないので、旅行では非常に活躍する優れものです。ポケットに入るのがありがたいですね。

 

観光する上では「ドゥオーモ共通パス」というチケットがあります。「大聖堂」「洗礼堂」「クーポラ」「鐘楼」「地下礼拝堂」「付属博物館」の6つの施設で利用でき18€ます。それではドゥオーモの各ポイントをご紹介します。公式HPはこちらです。

 

ファザード

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 教会の正面をファザードと呼びます。
 スペインのサグラダ・ファミリアでは
 「生誕のファザード」などと呼称に
 なっていますが、教会建築の「顔」と
 なる部分です。
 トスカーナ産の赤・白・緑の大理石
 で造られています。

 

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 大聖堂の正面玄関に向き合って立っている
 八角形の建築物でロマネスク様式の最も
 重要な集中形式の教会建築の1つです。
 ロレンツォ・ギベルティによる東側の扉が
 特に有名で、ミケランジェロが「天国への
 門」と呼んで称賛したそうです。
 現在の門はレプリカです。

■サン・ジョヴァンニ洗礼堂
・平日:8時15分~10時15分、11時15分~19時半
・土:8時15分~18時半
・日・祝:8時半~13時半
・共通チケット:18€

 

付属博物館

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 ドゥオーモの歴史を紹介した博物館で、
 鐘楼や「天国の門」のレリーフの本物が
 展示されています。あのミケランジェロの
 「未完のピエタ」やドナテッロの「マグダ
 ラのマリア」なども有名です。

・9時15分~20時
・共通チケット:18€

 

ジョットの鐘楼

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 高さ84m。ゴシック式の鐘楼です。
 1387年に完成したもので、
 頂上部に尖塔がないため、独特な
 四角いフォルムとなっています。
 56枚のレリーフと16体の彫刻で
 飾られています。階段は414段を
 登って頂上部に達すると、
 クーポラを含めたフィレンツェの絶景を
 一望することができます。

 

■ジョットの鐘楼
・8時15分~19時
・共通チケット:18€

 

大聖堂(ドゥオーモ)

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 荘厳で雄大な内部はキリスト教徒で無く
 ても神聖なパワーを感じてしまいます。
 祭壇の近くにある絵画「ダンテの神曲」
 も見逃さないようにしてください。

 

■ドゥオーモ
・平日:10時~17時
・土:10時~16時45分
・日・祝・13時半~16時45分
・共通チケット:18€

 

クーポラ

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 教会建築に見られる「ドーム」を
 イタリアでは「クーポラ」と呼ぶと
 思っていただけると一番分かりやすい
 と思います。八角形の大クーポラは
 内径43m。写真では感じられない
 とんでも無い大きさです。
 こちらも上に登ることができ、絶景を
 見ることができます。

 

 

グーグルストリートビューでは、最後の審判を近くから写している場所もありました。さすがの大迫力です(^^)

 

 

 

■アカデミア美術館

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典 

 

16世紀から続くフィレンツェ美術学校に付属する美術館で、日本で一番有名なルネサンス作品の1つであろう、ミケランジェロの「ダヴィデ像」があります。

 

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

ダヴィデ像はもともとシニョーリア広場のヴェッキオ宮殿前にありました。しかし1873年に風化を防ぐために移設されました。大理石で造られた実物は非常に大きく、高さは5.17mにもなります。

 

ダヴィデ像を見るにあたる豆知識として、左手に持っている岩に注目してください。これは旧約聖書の「「サムエル記」に登場する「ダヴィデとゴリアテの戦い」の一場面を具現化したものです。

 

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

ゴリアテとは身長約3mの巨人兵士で、ダヴィデが放った石によって倒れ、首をはねられました。

 

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

そんな場面を知っていると、このダヴィデ像が見つめる先に巨大な兵士を思い浮かべ、神話の世界に身を置くことが出来ると思います(^^)

 

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

ちなみに、弱者が強者を倒すことを「ジャイアント・キリング」と呼びますが、この伝説から生まれた言葉だそうです。

■アカデミア美術館
・火~日:8時15分~18時50分
・月曜日休館
・料金:12€

 

いかがでしたでしょうか。夜にはライトアップもされますから、また違った雰囲気の街並みとなります。続いて青のアイコン緑のアイコンの観光スポットをご覧ください。

■青のアイコン
・ヴェッキオ宮殿
・シニョリーア広場
・ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水)
・サンタ・クローチェ聖堂
・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
・サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

■緑のアイコン
・ウフィツィ美術館
・ヴェッキオ橋
・ピッティ宮殿
・ミケランジェロ広場

 

フィレンツェには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ローマ空港(約13時間、全日空)

 

ローマ-フィレンツェ(高速列車で約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「フィレンツェ観光①ドゥオーモ周辺、アカデミア美術館」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

フィレンツェ中心部(ドゥオーモ周辺)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆