「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

名称

ミラノ

(Milano)

場所

ロンバルディア州

(Lombardia)

時差

8時間

時期

春と秋

 

ミラノは、イタリア最大の都市で「ミラン」とも呼ばれます。サッカーのセリエAの「ACミラン」「インテル・ミラノ」の本拠地でもあります。

 

こちらのページでは、観光の見どころとモデルコースについてご紹介します。宿泊エリアと空港から市内への移動方法は「ミラノ①宿泊エリアと空港から市内」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ミラノの観光パス①「ミラノパス」

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

48時間・72時間の2種類があります。「ドゥオーモ」「スカラ座博物館」「サン・シーロ・スタジアム」など主要観光スポットに無料で入ることができ、ホップオン・ホップオフ・バスなども利用できるようになります。

 

公式HPはこちら。日本語ではこちらのサイトで購入できます。

■無料になるスポット
・ドゥオーモテラスと博物館
・ドゥオーモ
・スカラ座博物館
・科学技術博物館
・トリエンナーレ・デザイン美術館
・サンシーロスタジアム&博物館
・カーサミラン-MONDO Milan博物館
・レオナルド3博物館
・レオナルドの葡萄園
・バガッティ・ヴァルセッキ博物館
・科学美術博物館

 

交通機関は、下記のどれか1つを選びます。

・ミラノシティツアーバス(Hop On Hop Off)の7日利用券
・5つの地下鉄線、約100路線のトラムの、48時間乗り放題
・10€追加で支払うと、2つとも利用できます

 

購入後、登録したメールアドレスにバウチャーが送られてきますので、ミラノのビジターセンターでチケットを受け取ります。チケットの引換時間は8時半~19時です。

 

■Milan Visitor Center - Zani Viaggi

 

 

■ミラノの観光パス②「ミラノカード」

概要

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

「24時間(11€)」「48時間(17€)」「72時間(19€)」の3種類のカードがあります。地下鉄、トラム、バス、市内電車が乗り放題になり、美術館や遺跡などの入場料も割引になる場所があります。

 

単に公共交通機関の乗り放題カードもあるのですが、24時間で7€で「ミラノカード」との差額が4€しかありませんので、観光をするのであれば「ミラノカード」の方が得になります。

 

ただ残念ながら「最後の晩餐」「スフォルツェスコ城」「ブレラ絵画館」など、主要な観光スポットで対象外になっている場所が多いです。

 

ミラノカードは「アプリ」を使いますので、現地でのスマホネット環境が必要です。また、乗り放題チケットをミラノ中央駅の「ビジターセンター」で受け取らなくてはいけません。

・乗り放題エリア:ミラノ中心部「Mi1~Mi3」ゾーン
 ドゥオーモ、スフォルツェスコ城、ミラノ中央駅、サン・シーロなど
・ガッレリアでもカード受け取りは可能
ミラノカードの公式HPはこちら

 

ドゥオーモとのセット

 

ミラノの象徴であるドゥオーモのチケット「ドゥオーモパス」と「ミラノカード」をセットで購入すると10%割引になります。ドゥオーモパスの公式HPはこちら

 

現地でも「ハイライン・ガレリア(Highline Galleria)という」というチケットオフィスで購入できます。

 

■ハイライン・ガレリア(Highline Galleria)

 

 

■モデルルート

まずはスカラ座へ

 

立地を優先して組み立てたルートです。必ずしも正解ではありませんが、それぞれの位置や距離感の把握ということで、ご参考に慣れば幸いです。各見どころについては後述致します。

 

まずは「スカラ座」からスタート「ガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」「ドゥオーモ」「ミラノ王宮」と隣接する見どころを進みます。そして「だまし絵」がある「サン・サティロ教会」へ行き、ダヴィンチの手稿が残る「アンブロジアーナ図書館」へと行きます。ノンビリ周ると、これで1日終わります(^^;)

 

続いてサンマウリツィオ教会へ

 

「アンブロジアーナ図書館」のあとは、圧倒的なフレスコ画で有名な「サンマウリツィオ教会」から「最後の晩餐」がある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」へと進み「スフォルツェスコ城」へとたどり着きます。

 

ここで終わりにしても良いのですが「センピオーネ公園」を抜けて「トッレ・ブランカ」へ行くと、108mの高さからミラノを一望できますので、それをゴールにしても良いと思います。

 

それでは、それぞれ順にご紹介していきます。

 

 

■モデルルートの見どころ

スカラ座

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

1778年に完成した歌劇場で「イタリアオペラの最高峰」といわれ、数々の著名なオペラの初演舞台となりました。プッチーニの「蝶々夫人」や「トゥーランドット」などがそれにあたります。

 

圧倒的に豪華な内装は、単なる劇場を超えてヨーロッパでも有名な観光地となっています。こんな劇場であれば、オペラに興味がなくてもオペラ鑑賞をしてみたくなりますね(^^)

 

 

ドゥオーモ

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

正しくは「サンタ・マリア・ナシェンテ教会」。ミラノのシンボルにして最大の観光スポットです。1386年に着工したものの、度重なる中断を経て1813年に完成しました。その間約500年という壮大な歴史を持つ教会です。

 

大きさ(体積)としてはフランスのボーヴェ大聖堂に次いで世界で2番目で、広さ(面積)もバチカンのサン・ピエトロ大聖堂に次いで2番目という、世界最大級のゴシック建築です。

 

135本の尖塔が備え付けられていて、尖塔の頂点にはそれぞれ聖人が立っています。一番高い位置に金のマリア像があり、以前はこのマリア像より高い位置に建物を建ててはいけないとされていました。

 

屋上にエレベーターで上がることができ、テラスからは絶景を望むことができます。

・ドゥオーモ+ドゥオーモ美術館:3.5€
・テラス:13.5€(エレベーター)、9.5€(階段)

 

すぐ横には「ガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」というショッピングモールがあります。天井はガラスになっていて非常に美しいです。

 

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

ミラノ王宮

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

ドゥオーモ広場の一角にあり「パラッツォ・レアーレ」といいます。かのフランス皇帝ナポレオンも住んでいたことがあります。現在はミュージアムとして一般公開されていて、その豪華絢爛な内装は眼を見張るものがあります。

 

サン・サティロ教会

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

非常に小さい教会ですが、レオナルド・ダ・ヴィンチの友人が造ったという由緒ある教会です。こちらの最大の見どころは「だまし絵」にあります。

 

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

それがこちらの聖堂です。何がどう「だまし絵」になっているのかは、現地で体感してみてください♪

 

アンブロジアーナ図書館

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

1607年に造られた図書館で、レオナルド・ダ・ヴィンチの「アトランティコ手稿」が残されていることで有名です。「手稿」とは「本人手書きの原稿」ということです。ダヴィンチの手稿は数多く残されていますが、中でも最も有名なのがこちらの手稿です。

 

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

聖マウリツィオ教会

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

イタリアのルネサンスを代表する芸術家たちが描いたフレスコ画で埋め尽くされた教会で、あまりの美しさから「ミラノのシスティーナ礼拝堂」と呼ばれています。

・9時半~19時半
・無料
・月曜は休み

 

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

この教会の名前は知らなくても「最後の晩餐」と言われれば分かるのではないでしょうか。レオナルド・ダ・ヴィンチの世界的名画が残されている教会です。

 

「最後の晩餐」は広い部屋の奥に静かにたたずんでいます。神秘的で荘厳な空間となっているので必見です。

 

 

スフォルツェスコ城

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

14世紀から建築が始まり、改築・増築・破壊が繰り返され、1905年頃に今の形に修復されました。もともとは星型の広大な城郭でしたが、現在は当初の4分の1ほどの面積になっています。

 

ミケランジェロの最後の作品である「ロンダニーニのピエタ」があるほか、レオナルド・ダ・ヴィンチの未完成の壁画が「塗りつぶされてしまった状態」であります。こちらは現在も修復中です。

 

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

トッレ・ブランカ

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

高さ108mのタワーで、上部の展望台からミラノを一望することができます。メトロ1・2号線の「カドルナ駅」で降りて徒歩15分程です。

・入場料:4€
・月曜は休み
・営業時間は公式HPをご覧ください

 

 

 

■モデルルート以外の見どころ

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

イタリアの人物といえばレオナルド・ダ・ヴィンチですよね。ここでは、世界の歴史に燦然と名を残す天才の功績・偉業を肌で感じることができます。

 

ヴェラスカ・タワー

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

以前「世界で最も醜い建物」に選ばれたことがあります。26階建てで、18階までがオフィス、それ以上は住居になっています。ドゥオーモの近くにありますので、完璧な芸術が並ぶミラノの珍スポットとして見てみてはいかがでしょうか。

 

サン・シーロ(San Siro)

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典 

 

正式名称は「スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ」というセリエA専用のスタジアムです。世界的ビッグクラブである「AVミラン」と「インテル・ミラノ」が本拠地としています。

 

2つのチームの試合は「ミラノダービー」と呼ばれ、街もスタジアムもチームカラーの赤と青で埋め尽くされます。

 

 

 

以上になります。ミラノには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ミラノ空港(約13時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ミラノ②見どころとモデルルート」(イタリア):旅の大辞典
イタリアの設定です。

備考

 

⇒イタリアの関連商品

 

⇒イタリア料理の関連商品

 

⇒イタリア留学の関連商品

 

ミラノ中心部(ドゥオーモ周辺)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆