「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

サントリーニ島

(Santorini)

場所

ギリシャ

(Greece)

時差

6時間

時期

5月~10月

 

サントリーニ島は、エーゲ海で最も有名な観光地の1つで「真っ白な建物と青いドーム」はギリシャを象徴する景色として知られています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

サントリーニ島はアテネの南東約200kmに位置し「サントリーニ本島」を含めた5つの島々の総称です。人口は約13000人。

 

最寄りの空港はサントリーニ空港(JTR)。国内外合わせて30以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿泊エリアは大きく2つで、安宿などがある「フィラ」と、高級ホテルが並ぶ「イア」になります。宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

フィラ
Booking.com

 

イア
Booking.com

 

 

■アテネから船で行く

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

アテネのピレウス港から高速船とフェリーが出ています。ピレウス港は非常に広いので、チケットを購入した際に、どこが自分の船の出発地点なのかをしっかり確認してください。

 

フェリー会社やシーズンによって料金は大きく変わりますので、「Direct Ferries」で検索してみてください。

■5つのフェリー会社が運行

 

■高速船
・所要時間:約5時間
・料金:約80€

 

■フェリー
・所要時間:8~12時間
・料金:約50€

 

■サントリーニ港
「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

港に着いたら、バスかタクシーでフィラの町へと向かいます。

 

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バスは所要時間約30分、料金は2.3€です。切符はドライバーから購入します。タクシーだと約20分で、料金は20€です。島内は一律料金で設定されています。

 

 

■サントリーニ空港から市内

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

飛行機で行く場合、サントリーニ空港は島の東部にあり、町への移動は路線バスかタクシーになります。また、イアへの直行バスは無く、フィラで乗り換えが必要です。

 

バスでフィラへ行く

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

・6時頃~22時半頃まで運行
・1時間に1本程度
・料金:2€
・所要時間:20~30分
時刻表

 

■フィラのバスステーション
「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスでイアへ行く
■空港→フィラ→イアの路線

・8時頃~19時頃まで運行
・1時間に1本程度
・料金:1.8(昼)/2.3€(夜)
・所要時間:約20分
時刻表

 

■イアのバスステーション
「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

タクシーで行く

■フィラまで
・約10分
・30~40€

 

■イアまで
・約30分
・45~55€

 

 

■サントリーニ島の見どころ一覧

 

サントリーニ島は、空港がある本島を含めた5島の総称ですが、実は元々は1つの大きな島でした。しかし、紀元前1628年頃に海底火山が噴火し、海底のマグマが地上に噴出したことで、空洞になった部分が陥没して現在の姿になりました。この一連の流れが、いわゆる「アトランティス伝説」につながっています。

 

「青」のアイコンが「イア」の5つの見どころで「赤」のアイコンがそれ以外の見どころです。まずは「The サントリーニ島」という景色が見られる「イア」の町からご紹介します。

 

 

■イアの見どころ

イアの古城

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

「世界一美しい夕日」と称されるサンセットポイントで、イアの代表的な観光名所です。ハイシーズンなどであれば2時間前からベストポジションを確保する位の気持ちが必要です(^^;)

 

イアのバスターミナルからは徒歩15分ほど。夕日が沈んだ後には、イアの町に明かりが灯りだし幻想的な光景を見ることができます。

 

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

青のドームの教会

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

「The サントリーニ島」の景色が見られる場所です。少し分かりづらい場所にありますが、教会の場所もフォトスポットもグーグルマップでしっかり表示されるので安心です。

 

教会の場所は「青い屋根の教会 イア サントリーニ島」と表示される場所です。ただ、そこでは当然「教会を含めた写真」は撮れないので、少し離れた場所へ行かなくてはいけません。グーグルマップで見ると、教会のすぐ右隣に「Three Domes of Santorini」と表示される場所があります。そこがフォトスポットです。

 

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こんな場所ですね。滑られないように気をつけてください(^^)

 

 

パナギア教会

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

サントリーニ島ならではのフォトジェニックな教会で、左上のピラミッド型の部分には6つの鐘が置かれています。すぐ後ろにはエーゲ海の絶景が広がっています。

 

 

聖ジョージ教会

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

イアのバスターミナルから約10分歩いた場所にある教会です。白壁が多いサントリーニ島にあって珍しい黄色い壁の教会になっています。残念ながら中に入ることはできません。

 

エクリシア・アギア・エカテリーニ

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

イアの古城に向かう途中にある教会で、サントリーニ島でも屈指のインスタ映えスポットです。

 

 

■その他の見どころ

レッドビーチ

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

島の南部に位置する赤土のビーチで、島内屈指の人気スポットです。ビーチにはカフェなどが無いため水や軽食を持っていってください。フィラからは「アクロティリ遺跡」行きのバスに乗り、約40分で到着します。ただ、駐車場からビーチまでは約15分ほど歩かないといけません。

 

ホワイトビーチ

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

レッドビーチから少し西に離れた場所にある白砂のビーチです。陸路では行けない場所にあり、レッドビーチから船に乗ります。浜辺まで船が行けないため、海に入って歩いて歩く必要があります。

 

ちなみに、こーゆー場所に行くときは「マリンシューズ」があると水中での動きが格段に楽になります。水の抵抗は強いので普通のビーチサンダルだと脱げてしまうばかりか、鼻緒の部分がちぎれてしまったりします。

 

■マリンシューズ       ■アウトドアサンダル
 

 

例えば「アウトドアサンダル」なら、脱げることが無いためまだマシなのですが、肌が露出しているので下が岩場だと肌を切ってしまうことがあります。マリンシューズなら足全体が保護されている上に、メッシュ素材のものが多いので「乾きやすい」「かさばらない」といったメリットもあります。ケガをしたら楽しい旅行も台無しですので、水に入りたい場合は、ぜひ持っていってください。

 

 

ブラックビーチ

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

別名「ペリッサビーチ」といって、黒い砂で出来たビーチです。こちらは飲食店があり、駐車場からも歩いてすぐの距離です。フィラからはペリッサ行きのバスで約30分です。

 

カマリビーチ

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ペリッサビーチと同じく島の東岸にあり、ペリッサビーチよりも砂浜部分が広いのでゆったりとしています。また客もペリッサビーチよりは少ないので、ノンビリ時間を使いたい人にオススメです。

 

Venetsanos Winery

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

フィラの町の海沿いにある入場無料のワイナリーで、テラスから絶景を一望することが出来ます。ワインを購入する必要も無いのでオススメの場所です。

 

ケーブルカーとロバタクシー

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

フィラの町からオールドポートという港までを、片道6€でつないでいます。営業時刻は時期によりかなり違うので、こちらからご覧ください。

 

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

オールドポートまではロバに乗って行くことも出来ます。ケーブルカーの駅から南に約100m離れた場所にあるドンキーステーションで申し込みます。料金は5€。山道をロバで下るので非常に揺れますが、アトラクションと思って楽しめる人にはオススメです。ただ、海岸までは行かずに途中で引き返します。公式HPはこちらです。

 

■ドンキーステーション
「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

海中温泉

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

「パレア・カメニ島」にありまして、フィラから現地ツアーに参加するのが一般的です。こちらも浜辺まで船が行けないので、約50mほど泳ぐ必要があります。ここでもマリンシューズが活躍しますので、ぜひ持っていってください。

 

以上になります。他にも、歴史好きな人には「アクロティリ遺跡」などがありますし、ワイン好きな人には「ワイナリー巡り」や「ワイン博物館」もオススメです。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カタール空港(約10時間)

 

カタール空港-アテネ空港(約4時間)

 

アテネ空港-サントリーニ空港(約50分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「サントリーニ島」徹底ガイド:旅の大辞典
ギリシャの設定です。

備考

 

⇒ギリシャのガイドブック

 

フィラ
Booking.com

 

イア
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆