「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

メテオラ

(Meteora)

場所

ギリシャ

(Greece)

時差

7時間

時期

5月~10月

 

メテオラは、そそり立つ奇岩の上に修道院が建てられている、世界屈指の奇景が見られる場所で、6つ残っている修道院は全て入ることができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はカランバカ。アテネの北西約320km地点にあり、テッサリア地方トリカラ県に属します。人口は約1万人。

 

最寄りの空港はヨアニナ空港。アテネとのみ就航しています。また次に近いカストリア空港もアテネと就航しています。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カランバカ
Booking.com

 

 

■アテネからカランバカへのアクセス

鉄道で行く

■アテネ中央駅
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

アテネ中央駅からカランバカ駅まで直通列車が出ています。購入はギリシャ国鉄の公式HPで出来ます。

・1日1本
・7:20発-11:31着
・所要時間:約4時間
・料金:25.6€(1等車)/18.3€(2等車)

 

また「パレオファルサロス駅(Paleofarsalos)」での乗り換え便であれば、1日4便ほど出ています。ただ、全て「昼以降の出発」の「夜到着」になるので、あまりオススメできません。

 

■カランバカ駅
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスで行く

■中央バスターミナル
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスで行く場合、まずアテネの中央バスターミナルから「トリカラ」の町へ行き、バスを乗り換えて「カランバカ」へ行きます。料金は片道31.5€です。

 

■トリカラのバスターミナル
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■カランバカのバスターミナル
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■カランバカからメテオラへの行き方

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

カランバカからメテオラへはバスで行くのが一般的です。バス乗り場はいくつかありますが、上記のカランバカ到着時のターミナルか、観光案内所近くの噴水前がオススメです。

 

■観光案内所前
「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスは往復ともに1日3本です。

■カンパラ発
・9時、12時、14時半

 

■メテオラ発
・11時、14時、16時半

 

■料金
・1回券:1.8€
・往復券:3.3€
・1日券:5.5€

 

 

■メテオラの概要

 

メテオラは「中空」という意味で、一帯には高さ30~600mの奇岩が約60も乱立しています。いくつかの奇岩の上には修道院が建てられていて、この「メテオラ修道院群」を一般に「メテオラ」と呼びます。修道院は元々は24ありましたが、現在は6つになっています。地図のアイコンをクリックすると写真と名前が表示されます。

 

周辺の奇岩群は、修道士達から「人里離れて修行をすることができる最適な環境」とみなされ、9世紀頃から岩の洞窟などに修道士達が住みついていました。

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

頂上への行き方ですが、古くは「自力で登山」した時代があり、その後「いくつかのハシゴを設置」した時代になりました。そして「木造の人力滑車エレベーター」の時代があり、階段と道路が整備された現代に至ります。

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://diva.sfsu.edu/

 

現在でもケーブルカーは資材や食材の運搬で使われていて、関係者が利用している姿を見ることが出来ます。

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

修道院が造られたのは14世紀になってからで、修道院の内部には美しいフレスコ画が描かれています。バスが少ないので、観光の方法は次の2つになります。

①いくつかの修道院にしぼって、全てバスを使う。
②両端(メガロ・メテオロン修道院か聖ステファノス修道院)のどちらかへバスで行き、徒歩で順番に見て回り、逆の端にある修道院からバスで帰る。

 

どの修道院も素晴らしいので、丸1日時間がとれるのであれば全て周るのがオススメです。それでは各修道院を地図の上から順にご紹介していきます。公式HPはこちらです。

 

 

■大メテオロン修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

6つの修道院の中で最大であり最古の修道院で、1340年に造られました。当時の食堂が現在は博物館として使用されていて、銀器や金で刺繍された布のコレクションなどを見ることができます。

 

標高は約600mで、稼働しているケーブルカーの様子も見ることができます。別名「メタモルフォシス修道院」。町からはバスで20分ほどです。

 

【大メテオロン修道院】
■夏季
・9時~17時
・火曜日休み

 

■冬季
・9時~16時
・火曜日、水曜日休み

 

■料金:3€

 

 

■ヴァルラアム修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

大メテオロン修道院の隣に位置する修道院で、2つのドームが特徴的です。1541年に造られていて、ここは内部のフレスコ画が圧倒的に素晴らしいです。

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、滑車エレベーターが保存されていて、当時の雰囲気を味わうことができます。

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最も「岩場に貼り付いた感」がある修道院で、メテオラらしい景色と言えます。

 

【ヴァルラアム修道院】
■夏季
・9時~16時
・金曜日休み

 

■冬季
・9時~16時
・木曜日、金曜日休み

 

■料金:3€

 

 

■ルサヌ修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

1545年に造られた修道院で、1950年以降は女子修道院として使われています。比較的小さい修道院ですが、垂直に切り立った岩の上に立つ姿は見応え充分です。特にテラスがこじんまりとしていて良い雰囲気です。

 

【ルサヌ修道院】
■夏季
・9時~18時
・水曜日休み

 

■冬季
・9時~14時
・水曜日休み

 

 

■聖ニコラオス・アナパフサス修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

14世紀に造られた修道院で、頂上部分の面積が狭いため3階建てになっています。クレタ派の壁画がたくさん描かれています。

 

【聖ニコラオス・アナパフサス修道院】
■夏季
・9時~15時半
・金曜日休み

 

■冬季
・9時~14時
・金曜日休み

 

 

■アギア・トリアダ修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

1475年に造られました。100段の階段を登ってたどり着く頂上は絶景が広がっていて、映画「007 ユア・アイズ・オンリー」のラストシーンのロケ地になっています。

 

【アギア・トリアダ修道院】
■夏季
・9時~17時
・木曜日休み

 

■冬季
・10時~16時
・水曜日、木曜日休み

 

■料金:6€

 

 

■聖ステファノス修道院

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

1367年に造られた修道院で、こちらも女子修道院として使われています。6つの修道院の中で唯一階段を使わずに行くことができ、アギア・トリアダ修道院からは徒歩で約15分です。

 

 

カラバンカから見える唯一の修道院で、テラスから見るカラバンカの町並みは絶景です。

 

【聖ステファノス修道院】
■夏季
・9時~13時半/15時半~17時半
・月曜日休み

 

■冬季
・9時~13時/15時半~17時
・月曜日休み

 

■料金:3€

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-カタール空港(約10時間)

 

カタール空港-アテネ空港(約4時間)

 

アテネ-カランバカ(電車で約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「メテオラ」徹底ガイド:旅の大辞典
ギリシャの設定です。

備考

 

⇒ギリシャのガイドブック

 

カランバカ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆