「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

名称

シャンボール城

(Château de Chambord)

場所

ロワール渓谷

(Vallée de la Loire)

時差

8時間

時期

春~秋

 

ロワール渓谷は、130を超える名城・古城が点在するエリアです。当サイトでは6ページに渡って特集しておりますので、下記のリンクからそれぞれご覧ください。このページは「ロワール渓谷②シャンボール城」です。

「ロワール渓谷①アクセスと拠点の街」

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」

 

「ロワール渓谷③名城アラカルト(1)」
 ・ブルターニュ公爵城
 ・アンジェ城
 ・モンソロー城
 ・シノン城

 

「ロワール渓谷④名城アラカルト(2)」
 ・リヴォー城
 ・ユッセ城
 ・ランジェ城
 ・アゼ・ル・リドー城

 

「ロワール渓谷⑤名城アラカルト(3)」
 ・ヴィランドリー城
 ・ロシュ城
 ・シュノンソー城
 ・クロ・リュセ城
 ・アンボワーズ城

 

「ロワール渓谷⑥名城アラカルト(4)」
 ・ショーモン城
 ・ブロワ城
 ・シュヴェルニー城
 ・シュリー=シュル=ロワール城

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ロワール渓谷の概要

 

ロワール渓谷は、フランス中部を東西に流れるロワール川流域に広がる渓谷で、周辺にはアンジェ、アンボワーズ、トゥール、オルレアン、ブロワなどの、歴史上重要な役割を果たしてきた都市が点在しています。

 

その中で130を超える城が造られてきて、現在でも美しく管理されているものが多いため「フランスの庭園」とも呼ばれています。公開されている城は約70もあり、観光の拠点となる街は、オルレアン、トゥール、アンジェなど。レンタカーで周るのがベストではあります。

 

こちらのページでは紫のアイコンで表示している「シャンボール城」をご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

拠点の街はブロアとオルレアンです。パリ→オルレアン→ブロア、という流れでアクセスします。

 

ブロアはロワール=エ=シェール県の県庁所在地であり、5世紀からの歴史を持つ古都です。人口は約45000人

 

最寄りの空港はトゥール・ヴァル・ド・ロワール空港(TUF)。国内外合わせて5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ブロア
Booking.com

 

オルレアンはパリの南西約130kmに位置し、紀元前52年には、かの有名なカエサルによって町が征服されたという長い歴史を持ちます。中でも15世紀には、イギリスとの100年戦争の中「オルレアン包囲」という危機的な状況に陥ったところを、あのジャンヌ・ダルクによって救出されたという歴史的な出来事の舞台にもなりました。最寄りの空港は、上記と同じでトゥール・ヴァル・ド・ロワール空港(TUF)です。

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

オルレアン
Booking.com

 

 

■パリからオルレアンへのアクセス

鉄道で行く

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

パリの「オステルリッツ駅」からオルレアンへの直通列車が出ています。

・頻繁に運行
・所要時間:約1時間15分
・料金:10~21€

 

■オルレアン駅
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

バスで行く

■ベルシー・バスステーション
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

パリ市内のベルシー・バスステーションを始め、パリ北駅やパリ空港からもオルレアンへの直通バスが出ています。

・各所から1日5~10本運行
・料金:1~28€
・所要時間:1時間半~2時間半

 

■オルレアンのバスターミナル
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

 

■オルレアンからブロアへのアクセス

■ブロア駅
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

オルレアン駅からブロア駅まで直通列車が出ています。

・1日20本程度
・所要時間:約40分
・料金:7~12€

 

 

■シャンボール城へのアクセス

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 

 

シャンボール城はブロアの中心部から東北に約16km離れています。移動手段はシャトルバス(4~10月)かタクシーになります。

 

シャトルバス

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

ブロワ駅から「シャンボール城」→「シュヴェルニー城」→「ボールガール城」という流れで巡回するバスで、4月~10月のハイシーズンのみの運行となります。

・料金:6€(1日券)
・所要時間:約40分

 

タクシーで行く

 

タクシーだと約30分で、料金は約50€です。

 

 

■シャンボール城の概要

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

シャンボール城は1536年に「建設王」と呼ばれたフランス国王フランソワ1世(左)の狩猟用に造られた城でした。ルネサンス様式を取り入れて超豪華にしたものの、結果として気温の低いフランスには向かないつくりで「部屋が仕切られていなくて暖房が行き渡らなくて寒い」とか「周辺に居住地域がなく食料が手に入らない」などの理由で、ほとんど使われなかったそうです。その間にも国民は貧困にあえいでいるわけですから、それはフランス革命につながるのも仕方ない気がします(^^;)

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

一旦放置された後「太陽王」ルイ14世(右)、ルイ15世と引き継がれるも再び長らく放置されます。紆余曲折を経て1930年からフランス政府の所有となり修繕が試みられますが、第2次世界大戦などもあり中々取りかかれませんでした。そして大戦後にようやく修繕と管理が行われるようになり、1981年に世界遺産に登録されました。

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

130を超える城があるロワール渓谷の中で最大の城で、幅156m、奥行き117m、高さ56m。中央の本丸と4つの巨大な塔で構成されていて、内部には426の部屋、282の暖炉、83の階段があり「ルネサンス時代の驚異」とも形容されています。見学できる部屋は60もあり、4500の調度品を見ることができます。

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

城の周囲には52.5平方kmという広大な森林公園が広がっていて、全長32kmの壁で囲まれています。これはパリと同じ位の広さであり、つまりは山手線の内側と同じ位の広さになりますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

園内は車、自転車、馬車、乗馬などで周ることができ、園内に生息するアカシカに出会うこともあります。

 

 

■シャンボール城の見どころ

螺旋階段

 

最も有名な構造物の一つで、かのレオナルド・ダ・ヴィンチがデザインしたとも言われています。2つの階段を使うことで、人にすれ違うこと無く3階まで行き来出来るという画期的な構造になっています。

 

屋根
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

シャンボール城の大きな特徴の1つが、細部にまでこだわって精巧に造られた屋根の装飾です。テラスに上がると、目の前に広がる絶景と共に屋根の装飾を間近に見ることができます。

 

 

王たちの部屋
「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

こちらはフランソワ1世の寝室です。赤と黄金を貴重にしていて王様の部屋らしい品格があります。ただ、実際にフランソワ1世がこの城に滞在したのは合計で7週間程度だったそうです(^^;)

 

そのため、当時はほとんどの家具や調度品が分解して持ち運べるように造られていて、フランソワ1世が入城するときに全て運びこまれました。また、周辺には居住地域がないので、一度に2000人分の食料が持ち込まれたそうです。

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

こちらはルイ14世の寝室。ルイ14世は城に300頭の馬の厩舎を造らせたそうです。

 

剥製の部屋

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

城は狩猟用に造られたため、このようにたくさんの角や剥製が置かれています。

 

馬車の間

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

1871年に造られた馬車が保存されています。映画でしか見ることの無い本物の王族の馬車ですので見ごたえがあります。ちなみにエルメス製。

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

エルメスは、実は高級馬具工房としてスタートしていて、その後、自動車が出来たことにより馬車が衰退していく中で、革製品を扱うブランドになっていきました。エルメスのロゴには馬車がしっかり描かれています。

 

サラマンダー

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

城には300を超えるサラマンダー(火トカゲ)の装飾があります。サラマンダーは「善なる火を燃え上がらせ悪なる火を消し去る」という言葉で表現される架空の動物で、フランソワ1世が自身の紋章のデザインとしました。

 

庭園

 

2017年にリニューアルされ、18874平方mの芝生が整備され、全体で15250本の植物が植えられています。

 

 

■ルレ・ドゥ・シャンボール

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

シャンボール城から50m離れた場所にある絶景ホテルです。たまにはこんなところで泊まるのも良いかもしれませんね(^^)

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典 「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

Booking.com

 

 

いかがでしたでしょうか。日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典

 

続きまして、ロワール渓谷最大の城にぜひ行ってみてください。それでは続きまして、下記からその他の名城をご覧ください(^^)

「ロワール渓谷①アクセスと拠点の街」

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」

 

「ロワール渓谷③名城アラカルト(1)」
 ・ブルターニュ公爵城
 ・アンジェ城
 ・モンソロー城
 ・シノン城

 

「ロワール渓谷④名城アラカルト(2)」
 ・リヴォー城
 ・ユッセ城
 ・ランジェ城
 ・アゼ・ル・リドー城

 

「ロワール渓谷⑤名城アラカルト(3)」
 ・ヴィランドリー城
 ・ロシュ城
 ・シュノンソー城
 ・クロ・リュセ城
 ・アンボワーズ城

 

「ロワール渓谷⑥名城アラカルト(4)」
 ・ショーモン城
 ・ブロワ城
 ・シュヴェルニー城
 ・シュリー=シュル=ロワール城

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

パリ-オルレアン(電車で約1時間15分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ロワール渓谷②シャンボール城」(フランス):旅の大辞典
フランスの設定です。

備考

 

⇒フランスのガイドブック

 

⇒フランス留学の関連商品

 

⇒フランス料理の関連商品

 

⇒モン・サン・ミッシェルの関連商品

 

オルレアン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆