「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

名称

コルマール

(Colmar)

場所

グラン・テスト地域圏

(Grand Est)

時差

8時間

時期

・春~秋

・クリスマス時期

 

コルマールは、ドイツとの国境に近いアルザス地方にある町で、美女の野獣やハウルの動く城のモデルになった町として有名です。パリからすぐに行けるので、多くの人々が訪れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

拠点の街はパリとストラスブールです。

 

パリはロンドンやマドリードと共にヨーロッパ屈指の世界都市です。人口は約230万人。パリ観光について詳しく知りたい方は、こちらのページからご覧ください。

 

最寄りの空港はシャルル・ド・ゴール空港(CDG)。国内外合わせて約280都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

パリ中心部(シャンゼリゼ通り周辺)
Booking.com

 

ストラスブールは「クリスマスの首都」と称される街で、16世紀から続くヨーロッパ最大級にして最古のクリスマスマーケットが有名で、毎年世界中から数百万人が訪れます。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ストラスブール
Booking.com

 

また、もちろんコルマールに泊まることもできます。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コルマール
Booking.com

 

 

■パリからのアクセス

■パリの東駅
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

パリの東駅(Gare de l’Est)からコルマールへ高速列車のTGVが出ています。バスもあるのですが、直行バスは1日1本ほどの上、所要時間が約8時間、料金が約20€なのでオススメできません。

・1日3本程度
・料金:19~33€
・所要時間:約2時間半

 

■コルマール駅
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

 

■ストラスブールからのアクセス

鉄道で行く

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

ストラスブール駅から、上記のコルマール駅へ多くの列車が出ています。

・頻繁に運行
・所要時間:約30分
・料金:10~15€

 

バスで行く

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

ストラスブール駅前にあるバス停から、コルマール駅前のバス停へバスが出ています。

 

■コルマールのバス停
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

・1日3本程度
・所要時間:約1時間
・料金:3€

 

 

■スイスのからのアクセス

■バーゼル
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

スイスから入る場合、ベルンからにせよチューリッヒからにせよ、国境の町「バーゼル」まで行ってコルマール方面行きの列車に乗り換えます。

■バーゼル~コルマールの列車
・1日20本以上運行
・所要時間:約40分
・料金:15.2€

 

バーゼルには空港もありますので、実はアクセスが非常に良い場所でもあります。

 

■バーゼル空港
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バーゼル
Booking.com

 

 

■ドイツのからのアクセス

■ブライザッハ
「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

ドイツから入る場合、上記のストラスブールから入る方が一般的ですが、国境の町「ブライザッハ」まで行けばコルマールへの列車が出ています。

・1日15本程度
・所要時間:約30分
・料金:14€~

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ブライザッハ
Booking.com

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

 

■コルマール

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

コルマールは、ドイツとフランスの文化が入り交じるアルザス地方の中心的な町の1つで、人口は約6万人。アルザスワイン産業の主要都市でもあり「アルザスワイン街道」の中間に位置しています。

 

ドイツに見られる「コロンバージュ様式」という木の骨組みによる家が立ち並び、淡いパステルカラーが組み合わせられていて、非常にメルヘンチックな世界となっています。

 

美女と野獣の舞台

 

コルマールは、1991年に公開されたディズニー映画の「美女と野獣」の舞台として一躍有名になりました。上の公式トレーラーだと1:23くらいで一瞬街並みが描かれています(^^;)

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典
出典:https://disney.fandom.com/wiki/Village_(Beauty_and_the_Beast)

 

さすがディズニー。今から30年も前に既にコルマールを取り上げていたんですね。木の骨組みの家々が作品の世界観に見事にマッチしています。

 

「真実の愛」を見つけないと解けない魔法をかけられた王子(アダム・野獣)と、村一番の美女であり風変わりな娘のベルの物語。名前は知っていても見たことは無い、という人も多いと思いますので、コルマールに行く機会があったら、ぜひ見てみてください(^^)

 

ハウルの動く城の舞台

 

コルマールを日本で一躍有名にしたのが2004年のジブリ映画「ハウルの動く城」。冒頭で描かれているソフィが暮らす町がコルマールをモデルにしています。中でも有名な建物がこちら。

 

■プフィスターの家 (Maison Pfister)
「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

1537年に建てられた歴史ある建物で、1階のアーチ形の通路や、角に備え付けられた尖塔がユニークです。ソフィがハウルと出会い空中散歩をするシーンで、そのまま描かれています。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典
© 2004 Studio Ghibli・NDDMT

 

ジブリファンにはたまらないですね(^^) 街の中心部にあるので、必ず見つけられると思います。中に入れるのは10時~18時です。

 

■コルマール駅から「プフィスターの家」

 

頭の家(House of Heads)

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

こちらも1609年に建てられた歴史ある建築物で、出窓で装飾された正面のファザードに、たくさんの「頭の彫刻」が取り付けられています。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

現在はホテル兼レストランとして使われていて、ジブリのスタッフも宿泊したとか。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

プフィスターの家からは徒歩5分くらいで着きます。

 

■「プフィスターの家」から「頭の家)

 

サン・マルタン大聖堂

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

14世紀に造られた大きくて美しいゴシック様式の教会です。こちらの教会は、あることで有名で、上の写真の赤で囲んだ部分の屋根の上を見てください。何か乗っかっているのが見えると思います。それがこちら。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

赤ちゃんを運んでくるという言い伝えで有名な「コウノトリ」の巣が出来ているんですね。コウノトリはアルザス地方の象徴的な鳥で、街中でも色々な場所でシンボルとして見ることができます。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

巣はいつでも見られますが、コウノトリ自体はそうではないので「コウノトリを見られたら幸せになれる」とも言われています。

 

ヴィラージュ・アンシ

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

ドイツ占領下のコルマールに生まれた画家ジャン・ジャック・ヴァルツの作品を集めた美術館です。「アンシおじさん」と呼ばれていた彼は、アルザス地方の風景を柔らかなタッチで描き続け、アルザス地方の象徴的な画家として認識されています。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

1階がブティック、2階が美術館になっていて、ブティックではたくさんのお土産が売られていますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

コルマール関税局

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 

 

関税局としては世界一かわいいのではないのでしょうか?(^^;) とても有名な観光名所で現地語では「Koïfhus」といいます。15世紀に造られた歴史ある建物で、ルネサンス時代に改装されて現在の形になりました。たくさんの花が飾られていて、非常にフォトジェニックな建物です。

 

プチ・ヴェニス

 

「ヴェニス」は運河で有名なイタリアの「ヴェネツィア」のことです。コルマールには小さい川が流れていまして、その周辺が「小さいヴェネツィア」という意味の「プチ・ヴェニス(プチット・ヴニーズ)」と呼ばれています。

 

10人乗りのボートで川からノンボリと街並みを眺めます。所要時間は約20分。料金は1人6€です。ボートスタッフがコルマールの歴史などを説明してくれます。

 

プチ・トラン

 

観光案内所の近くにある「マルティール広場(Place des Martyrs)」から「プチ・トラン(petit train)」という観光列車が出ています。街中の主要な見どころを巡るもので、公式HPはこちらです。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

白と緑がありまして、白が通常の列車、緑が団体客用の列車です。

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典 「コルマール」(フランス):旅の大辞典

・所要時間:約40分
・料金:7€(大人)/5€(子供)
・日本語音声ガイド有り
・3月中旬~11月中旬のみ運行
・3月、11月:11時~16時
・4月、10月:10時~17時
・5月~9月:9時~18時

 

クリスマスマーケット
「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

コルマールが特に美しく輝くのが12月のクリスマスマーケットの時期。周辺一帯の町が全てそうでありますが、コルマールも美しいライトアップに彩られ、メルヘン度合いも200%アップします(^^)

 

マーケットは町中の6カ所で行われていますが、小さい町なので、結局どこに行ってもマーケットが開かれている感じになります(^^)

 

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典

 

以上になります。コルマールをはじめとするアルザス地方では「タルトフランペ」という薄いピザが名物ですので、ぜひ食べてみてください♪

 

 

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

パリ-コルマール(電車で約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「コルマール」(フランス):旅の大辞典
フランスの設定です。

備考

 

⇒フランスのガイドブック

 

⇒フランス留学の関連商品

 

⇒フランス料理の関連商品

 

⇒モン・サン・ミッシェルの関連商品

 

コルマール
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆