「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典

 

名称

クレルモン・フェラン大聖堂

(Cathédrale Notre-Dame-de-l Assomption)

場所

クレルモン・フェラン

(Clermont-Ferrand)

時差

8時間

時期

春~秋

 

クレルモン・フェラン大聖堂は、第1回十字軍が呼びかけられた歴史的な場所で、玄武岩で造られた真っ黒い外観が特徴です。2つの尖塔は上に登ることができ、絶景を一望することができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

拠点の街はクレルモン・フェラン。ピュイ・ド・ドーム県の県庁所在地で、フランスで最も古くからある街の一つです。フランスの中央部に位置していて、北はパリ、東はリヨン、南はベジエ、西はボルドーへ道が延びています。人口は約14万人。

 

最寄りの空港はクレルモン=フェラン空港(CFE)。国内外合わせて6都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

クレルモン・フェラン
Booking.com

 

 

■パリからのアクセス

鉄道でのアクセス

■ベルシー駅
「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

パリのベルシー駅からクレルモン・フェラン駅に直通列車が出ています。

・1日8本程度
・料金:35€~
・所要時間:約3時間半

 

■クレルモン・フェラン駅
「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

バスで行く

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

パリの長距離バスターミナルから、クレルモンフェランまで直通バスが出ています。

・1日:4本程度
・所要時間:約6時間
・料金::5~23€

 

■クレルモン・フェランのバスターミナル
「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

 

■リヨンからのアクセス

鉄道で行く

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

リヨンの「リヨン・パール=ディユー駅」から上記の「クレルモン・フェラン」駅まで直通列車が出ています。

・1日8本程度
・料金:24.7~31.7€
・所要時間:約2時間半

 

バスで行く

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

リヨンの「Perrache駅」前の長距離バスターミナルから、上記の「クレルモン・フェラン」のバスターミナルまで直通バスが出ています。

・1日8本程度
・所要時間:約2時間半
・料金:7~12€

 

 

■ベジエからのアクセス

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

ベジエ駅から、上記の「クレルモン・フェラン」駅まで直通列車が出ています。ただ、本数は少ないです。

・1日4本程度
・所要時間:約7時間
・料金:約20€

 

 

■ボルドーからのアクセス


■ボルドー・サン・ジャン駅
「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

■ボルドーのOuibusターミナル
「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

ボルドーからは直通列車が無いですが、直通バスが出ています。「FlixBus」と「Ouibus」がありまして「FlixBus」は「ボルドー・サン・ジャン駅」の前から「Ouibus」は、その少し北側にある「Ouibus」のオフィスから出ます。

■FlixBus
・1日2本程度
・所要時間:約5時間
・料金:5~10€

 

■Ouibus
・1日3本程度
・所要時間:約5時間
・料金:5~10€

 

 

■クレルモン・フェラン

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典

 

クレルモン・フェランは火山性の玄武岩でできた台地で、西にはヨーロッパ最大級の休火山群「シェーヌ・デ・ピュイ」があります。

 

実は、我々日本人の生活にも深く関わっている場所でして、まず、大西洋から吹いた海風が「シェーヌ・デ・ピュイ」にあたって大量の雨を山に降らせます。「シェーヌ・デ・ピュイ」を構成する玄武岩は透水性が高く、結果、非常にクリアな地下水が山の麓から湧き出します。これが、あの…「ボルヴィック」なんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典

 

そしてボルヴィックのラベルに描かれている山。これが「シェーヌ・デ・ピュイ」の最高峰であり、クレルモン・フェランの街を見守る「ピュイ・ド・ドーム」です。

 

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典

 

他にもクレルモン・フェランは、グルメガイドで有名なタイヤメーカーの「ミシュラン」の本社があったり、一度は聞いたことがあるであろう有名な哲学者「パスカル」の出身地であったり、歴史的には「第1回十字軍」が呼びかけられた場所でもあったりします。

 

 

■クレルモン・フェラン大聖堂

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典 

 

正式には「ノートルダム・ド・ラサンプション大聖堂」といって、日本語では「被昇天聖母大聖堂」といいます。14世紀頃に建てられたゴシック様式の大聖堂です。

 

 

溶岩が固まって出来た真っ黒い玄武岩が使用されていて、世界でも類の無い外観・雰囲気の教会となっています。

 

 

内部は広々とした荘厳な空間となっていて、特に美しいステンドグラスには定評があります。

 

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典

 

西側にそびえる2本の尖塔は高さ96.1m。内部には約250段の階段があり、頂上からクレルモン・フェランの街並みを眺めることができます。

 

This photo of Cathedrale Notre-Dame-de-l Assomption is courtesy of Tripadvisor

■クレルモン・フェラン大聖堂
・無休
・無料
・拝観時間
 7時半~12時/14時~18時

 

いかがでしたでしょうか。世界でも珍しい真っ黒い教会。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

パリ-クレルモン・フェラン(電車で約3時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「クレルモン・フェラン大聖堂」(フランス):旅の大辞典
フランスの設定です。

備考

 

⇒フランスのガイドブック

 

⇒フランス留学の関連商品

 

⇒フランス料理の関連商品

 

⇒モン・サン・ミッシェルの関連商品

 

クレルモン・フェラン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆