「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

名称

パリ・8区~9区

(Paris)

場所

イル=ド=フランス地域圏

(Île-de-France)

時差

8時間

時期

春~秋

 

パリは、古くから「花の都」と呼ばれるフランスの首都です。同国の最大の都市であり、紀元前3世紀からの記録が残る古都でもあります。たくさんの見どころがあるため、当サイトでは6ページに渡り特集しておりますので、下記からご覧ください。こちらのページは「パリ⑤8区~9区」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■パリの見どころ一覧

 

パリは本当に見どころがたくさんあります。当サイトでは上記の23ヶ所を区ごとに分けてご紹介しています。アイコンをクリックすると、名前と写真が表示されます。

 

 

■8区

エトワール凱旋門
「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

世界有数の観光名所の1つで、シャンゼリゼ通りの西端にあたるシャルル・ド・ゴール広場にあります。凱旋門を中心に12本の道路が放射状に伸びていて、あたかも星のように見えることから、星を意味する「エトワール」の名が付けられました。高さは50m、幅45m、奥行きは22mです。

 

 

歴史的には、1806年にナポレオンが前年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に建造を命じ、1836年に完成しました。内壁にはフランス革命時や帝政下の将軍の名前などが刻まれていて、門の真下には2度の大戦で命を落とした兵士たちの墓碑が設置されています。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

地上からは入ることは出来ず、地下通路が入り口となります。中は螺旋階段があり上部まで行くことができます。高さは50mありますので大変です(^^;)

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

そして頂上からはパリの街並みを一望できます。

 

 

大晦日にはプロジェクションマッピングによる大掛かりなカウントダウンが行われます。定番の名所ではありますが、さすがに迫力がありますので、ぜひ行ってみてください。

 

【エトワール凱旋門】
■最寄り駅
・メトロ1・2・6号線「シャルル・ド・ゴール・エトワール駅」
・RER A号線「シャルル・ド・ゴール・エトワール駅」

 

■営業時間
・4月~9月:10時~23時
・10月~3月:10時~22時半
・展望台は閉館時間の45分前まで

 

シャンゼリゼ通り

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

パリ市内で最も美しい通りとされていて、フランスでは「世界で最も美しい通り」とも言われています。フランス語では「Avenue des Champs-Élysées」と表記され「Élysées(エリュシオン)」は「極楽浄土」を意味します。

 

全長は約3km、幅は約70m。凱旋門がある「シャルル・ド・ゴール広場から、オベリスクがある「コンコルド広場」へまっすぐ伸びています。コンコルド広場側へ行くにつれて微妙に下り坂になっています。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

通り沿いには「ルイ・ヴィトン」「ラコステ」などフランスを代表する有名ファッションブランドの本店や「プジョー」「ルノー」といったフランスの名車ブランドのショールーム、香水の「セフォラ」「ゲラン」の本店などが並んでいます。

 

■ルイ・ヴィトン本店
「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

フランス共和国の成立を祝う日である7月14日には、毎年パリ祭が行われ、大統領も謁見する中でヨーロッパ最大の軍事パレードが開催されます。

 

 

■最寄り駅
・フランクラン・ルーズヴェルト駅
・ジョルジュ・サンク駅

 

コンコルド広場

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

シャンゼリゼ通りの東端で、チュイルリー庭園の西隣にあり、パリで最も面積の広い広場です。

 

1755年に造られた当初は、ルイ15世の騎馬像が設置されていて「ルイ15世広場」と呼ばれていました。その後、フランス革命によって騎馬像は取り除かれ、名前も「革命広場」に改められます。

 

そして、フランス革命中には、かの有名なルイ16世やマリー・アントワネットへのギロチン刑が行われた場所でもあります。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

広場の中心に立つオベリスクは「クレオパトラの針」といってエジプトと物々交換したもので、ルクソール神殿から運ばれてきました。フランス側からは宮殿のシャンデリアが贈られたそうです。

 

■ルクソール神殿
「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

マドレーヌ寺院

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

「ダ・ヴィンチ・コード」などでも言葉が出てくる「マグダラのマリア」を守護聖人とするカトリック教会です。

 

完成は1842年。古代ギリシャの神殿を模して造られていて、52本に及ぶ高さ30mの柱は圧巻です。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

内部も非常に美しく荘厳な空間となっています。

 

 

 

■9区

オペラ座(オペラ・ガルニエ)

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典 

 

1875年に造られた「オペラ座の怪人」の舞台として有名な歌劇場で、イタリアのミラノにある「スカラ座」、アルゼンチンのブエノスアイレスにある「コロン劇場」とともに、世界三大歌劇場の1つに数えられています。

 

どこを見ても素晴らしいですが、必見ポイントは3つあり、まずは大休憩室へとつながる大階段が素晴らしです。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

タイタニックのラストシーンの階段のように、上で二股に分かれているのが印象的です。そして2つ目の必見ポイントが、この先にある大休憩室。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

高さ18m、長さ154m、幅13mという壮大な空間で、パリ社交界の応接間として機能するようデザインされました。現在でもオペラ座主催の晩餐会が開かれ、大統領などが出席します。

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

観客席は伝統的なイタリアの馬蹄型で、1979もの座席があります。舞台はヨーロッパ最大のもので、約450人が上がることができます。現在でも毎晩のようにオペラとバレエの公演が行われています。

【オペラ座】
■最寄り駅
・メトロ3・7・8番線「Opéra駅」
・RER A線「Auber駅」

 

■営業時間:10時~17時

 

パリには日本語で予約出来る現地ツアーも数多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。都市ごとに対応したWi-Fiがあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典

 

 

以上になります。引き続き、その他の観光名所をご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-パリ空港(約13時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「パリ⑤8区~9区の見どころ」(フランス):旅の大辞典
フランスの設定です。

備考

 

⇒フランスのガイドブック

 

⇒フランス留学の関連商品

 

⇒フランス料理の関連商品

 

⇒モン・サン・ミッシェルの関連商品

 

パリ中心部(シャンゼリゼ通り周辺)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆