「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

フィンガルの洞窟

(Fingal’s Cave)

場所

スタッファ島

(staffa island)

時差

9時間

時期

4月~9月

 

フィンガルの洞窟は、スコットランド西部に浮かぶ「スタッファ島」にある洞窟で、見事な柱状節理が世界的に有名です。ジャイアンツ・コーズウェイよりもアクセスが大変なので、詳しくご紹介します。

 

それではご紹介していきます。多分、日本で一番詳しいページですよ(^^)

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はグラスゴーとオーバンです。

 

グラスゴーはスコットランド最大の都市で、イギリス全体でも4番目の大都市です。1960年代には人口が100万人を超えていて、ヨーロッパ全体で見てもロンドン、パリ、ベルリンに次ぐ規模でした。現在の人口は約60万人。

 

最寄りの空港はグラスゴー国際空港(GLA)。国内外合わせて約80都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

グラスゴー
Booking.com

 

オーバンは、スコットランドの「アーガイル・アンド・ビュート」という地区にあり、海岸線の美しい景観が有名で、夏には多くの観光客で賑わいます。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

最寄りの空港はオーバン空港(OBN)。周辺の島々とのみ就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

オーバン
Booking.com

 

 

■グラスゴー空港から市内

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

空港はグラスゴー中心部から西に約13km離れています。市内までの移動方法は、バスかタクシーの2つです。

 

バスで行く

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

路線バスの「500番」が空港と市内をつないでいて「エアポート・エクスプレス」と呼ばれています。チケットは公式HPのこちらのページから購入できます。

・24時間運行
・10~60分おきに運行
・所要時間:約20分
・料金:9ポンド(片道)/14.4ポンド(往復)/13.8ポンド(1日券)

 

タクシーで行く

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タクシーはメーター制の黒タクシーがオススメです。市内までの所要時間は約20分、料金は約25ポンドです。

 

 

■エジンバラからグラスゴーへのアクセス

鉄道で行く

■ウェーバリー駅
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

エジンバラ・ウェーバリー駅から、グラスゴー中央駅まで直通列車が出ています。

・頻繁に運行
・所要時間:1時間~1時間半
・料金:9.8ポンド~

 

■グラスゴー中央駅
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスで行く

■エジンバラのバスステーション
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

エジンバラのバスステーションから、グラスゴーのバスステーションへ直通バスが出ています。

・頻繁に運行
・所要時間:1時間~1時間半
・料金:4.71ポンド~

 

■グラスゴーのバスステーション
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■グラスゴーからオーバンへのアクセス

■クイーンストリート駅
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

グラスゴーのクイーンストリート駅から、オーバン駅への直通列車が出ています。

・1日5本程度
・5時半~18時半頃まで運行
・2~3時間おきに運行
・所要時間:約3時間
・料金:26.8ポンド
時刻表

 

■オーバン駅
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■オーバンからスタッファ島へのアクセス

 

スタッファ島(赤)へは、オーバン(黒)、マル島(緑)、アイオナ島(青)のいずれかからツアーに参加します。

 

マル島とアイオナ島はそれ自体も観光地ですので、興味がある方はまず島の観光をして、その島からのツアーでスタッファ島へ行くという流れになり、興味が無い方はオーバンからのツアーに参加するで良いと思います。

 

一応、オーバンから個人で行く方法もご紹介しますが、ツアーで行っても同じ流れになります。フェリーやバスの検索はこちらから出来ます。

 

■オーバン港
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

まずはオーバン港から、マル島の「クレイグニュア港」(紫)へ行きます。所要時間は約1時間です。

 

■クレイグニュア港
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ここからバスで、マル島北部の「トバモリー港」(黄色)か、南部の「フィン・マックールフォート港」(オレンジ)へ行き、スタッファ島へのツアーに参加します。バス移動はそれぞれ約1時間です。

 

フィン・マックールファールトは「アイオナ島」の玄関口でもあるので、ノンビリ旅行であれば、フィン・マックールフォートの方が選択肢が増えて良いかと思います。

 

■トバモリー港
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

■フィン・マックールフォート港
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

スタッファ島への現地ツアーは「staffatours」という会社が扱っていて、オーバン発、マル島発、アイオナ島発が全部そろっています。詳細はこちらからご覧ください。(画像は自動翻訳された状態です)

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■スタッファ島とフィンガルの洞窟

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

スタッファ島は、溶岩が冷え固まって出来た「柱状節理」の玄武岩で出来ている島で、フィンガルの洞窟は「海食洞」という、波の侵食で形成された洞窟です。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1772年に発見され、1829年に作曲家のメンデルスゾーンが洞窟を訪れ、受けたインスピレーションを元に序曲「フィンガルの洞窟」を作り発表したことで、世界的に有名になりました。

 

スタッファ島の映像に曲を載せている動画がありましたので、フィンガルの洞窟に行かれる方はぜひ聞いてみてください(^^)

 

 

ツアーは4月~9月のみ行われます。マル島を出発してスピードボートで進むこと約30分、ついに島に到着します。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

近くで見る「柱状節理+透き通る紺碧の海」というスタッファ島の景観は、この世のものとは思えない絶景の1つです。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

このまま洞窟に上がることは出来なくて、別な場所から上陸し洞窟を目指します。こちらが船着き場。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

島の上は草で覆われていますが、見事に何もありません(^^)

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

洞窟までは、海岸沿いの柱状節理の上を歩きます。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ちなみに、イギリスの柱状節理といえば、スタッファ島とセットで語られるのが、北アイルランドの「ジャイアンツ・コーズウェイ」ですよね。

 

■ジャイアンツ・コーズウェイ
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2つの柱状節理には、こんな伝説が残されています。

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.artstation.com/

 

あるとき、アイルランドの巨人フィン・マックールと、スタッファ島の巨人ベナンドナーが戦うことになった。柱で海に道をつくり、徐々に近づいていく両者。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.artstation.com/

 

しかし、フィン・マックールはベナンドナーの大きさを見ると怖くなって逃げ帰ってしまう。するとフィン・マックールの妻が、彼に赤ん坊の格好をさせてゆりかごに寝かせた。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.artstation.com/

 

アイルランドにたどり着いたベナンドナーは、巨大な赤ちゃんを見て「赤ちゃんでこのサイズなら、大人のフィン・マックールはとんでもない大きさだ」と思い、スタッファ島へ逃げ帰った。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.artstation.com/

 

その際、フィン・マックールが追ってこれないように海の柱は壊して帰った。そのため、北アイルランドとスタッファ島の海岸にだけ柱が残された…。

 

真偽の程は置いておいて、スタッファ島の海岸線もジャイアンツ・コーズウェイと非常に似ています。あえて2つの違いを言うならば、1つ目はスタッファ島の柱の方が「1つ1つが大きい」ということが挙げられます。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2つ目は、ジャイアンツ・コーズウェイは「海からは見れない」ということ。なので、ジャイアンツ・コーズウェイに行った方もスタッファ島は行く価値があると思います。そして洞窟に到着。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中は少しだけ入れるようになっていて、神秘的な光景が広がっています。打ち付ける波の音、入っては出ていく風の音などが、洞窟の神秘性を増しています。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スコットランド出身の小説家であるウォルター・スコットは「私が今までに見た中で最も非凡な場所の一つ」と述べています。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

空き時間は島の上でノンビリします。天気が突如悪くなったら最悪ですが…(^^;) ちなみに、この島では「パフィン」という超カワイイ鳥が見られることがあります。

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ニシツノメドリという鳥で、その愛らしい顔が大人気です。見られたらラッキーですね(^^)

 

以上になります。スコットランドが誇る自然の神秘。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■世界の柱状節理

 

世界の代表的な柱状節理です。リンクがあるものは特集ページにとびますので、よろしければご覧ください。

 

ジャイアンツ・コーズウェイ
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

デビルズタワー国定公園
「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■高千穂峡(宮崎県)
デビルズタワー国定公園 アメリカの絶景

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン空港-グラスゴー空港(約1時間15分)

 

グラスゴー-オーバン(電車で約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「フィンガルの洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

オーバン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆