「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

グレート・ブリテン島の一番小さな家

(The Smallest House In Great Britain)

場所

コンウィ

(Conwy)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

グレート・ブリテン島の一番小さな家は、1900年まで実際に人が住んでいた家で、ギネスブックにも登録されています。コンウィの最大の見どころであるコンウィ城と共に訪れるのが一般的です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はチェスターとコンウィです。チェスターは、ウェールズとの境にある街で、極めて保存状態が良い城郭都市として有名です。人口は約8万人。

 

最寄りの空港はリバプール・ジョン・レノン空港(LPL)。国内外合わせて約60都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

チェスター
Booking.com

 

コンウィは、ウェールズ北部の町で、コンウィ城に見守られた小さな城下町という感じです。人口は約14000人。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

コンウィ
Booking.com

 

 

■ロンドンからチェスターへのアクセス

■ユーストン駅
「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ロンドンのユーストン駅からチェスター駅までの直通列車が出ています。

・1時間に1本
・料金:61ポンド~
・所要時間:約2時間半

 

■チェスター駅
「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

 

■リヴァプールからチェスターへのアクセス

■ジェームズストリート駅
「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

リヴァプールの中心駅であるジェームズストリート駅から、チェスター駅までの直通列車が出ています。

・頻繁に運行
・料金:7.7ポンド
・所要時間:約40分

 

その他、ライムストリート駅からも本数は少ないですが直通列車が出ています。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

・1~2時間に1本運行
・料金:6ポンド
・所要時間:約1時間

 

 

■マンチェスターからチェスターへのアクセス

■ヴィクトリア駅
「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

マンチェスターからは、いくつかの駅から直通列車が出ていますが、ヴィクトリア駅からが一番安いです。

・1時間に1本運行
・料金:8ポンド
・所要時間:約1時間

 

 

■チェスターからコンウィへのアクセス

■コンウィ駅
「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

チェスター駅からコンウィ駅へ直通列車が出ています。

・料金:9ポンド~
・所要時間:約1時間
・7時半~23時頃まで運行
・1時間半~2時間に1本運行

 

 

■グレート・ブリテン島の一番小さな家

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ギネスブックにも登録されている「イギリスで一番小さな家」で、床面積は3.05m×1.8m。16世紀から1900年の5月まで、実際に住宅として使用されていました。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

最後に住んでいたのは漁師のロバート・ジョーンズという男性で、何と身長が190cm。家の中で完全に立つことは出来なかったそうです(^^;)

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが1F。小さなキッチン、ベンチ、テーブル、壁炉などがあります。そしてハシゴで2Fへ。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2Fにはベットが置かれているのみです。このように、家の中にちゃんとしたキッチンやバスルームがないため、料理・入浴・トイレなどは家の外でしなければなりませんでした。

 

結果、最終的に議会によって「人間が住むには適さない」とされ、ロバート・ジョーンズさんは追い出されてしまいましたΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

その後、議会は建物ごと撤去しようとしますが、住民の反対によってかろうじて残されました。実際、家の左側は今は何もありませんが、昔は家が建っていて、それが撤去されてこうなっています。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

現在はロバート・ジョーンズさんの子孫であるマーガレット・ウィリアムズさんが所有・管理をしています。

 

・料金:1ポンド
・営業時間:10時~16時
公式HP

 

 

■コンウィ城

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

13世紀にエドワード1世がウェールズ遠征のために築いた城で、1986年に世界遺産に登録されています。実は日本の姫路城と「姉妹城」になっています。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

コンウィの最大の見どころで、立派な8つの塔と外壁が残っていて、小さな町にはそぐわない重厚感のあるお城です。

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典

 

城壁の上からは絶景を一望できます。

 

・営業時間:9時半~17時(通常時)
・料金:9ポンド
公式HP

 

以上になります。コンウィが誇る「イギリスで一番小さな家」。ぜひ行ってみてください♪

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン-チェスター(電車で約2時間)

 

チェスター-コンウィ(電車で約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「グレート・ブリテン島の一番小さな家」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

チェスター
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆