「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

セブンシスターズ

(seven sisters)

場所

イースト・サセックス州

(East Sussex)

時差

9時間

時期

6月~8月

 

セブンシスターズは、イギリスの南部海岸沿いにある白亜の岩壁で、イギリス屈指の景勝地として有名です。路線バスでの行き方と、観光バスを使う方法がありますので、両方ご紹介します。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はロンドン、イーストボーン、ブライトンの3つです。

 

ロンドンは言わずと知れたイギリスの首都で、ヨーロッパ屈指の世界都市です。都市圏の人口は約1400万人。ロンドンの観光パスや見どころなどについては、こちらのページをご覧ください。

 

最寄りの空港はヒースロー空港(LHR)。国内外合わせて200以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロンドン中心部(ソーホー地区)
Booking.com

 

イーストボーンは、イギリス屈指の高級ビーチリゾートで、ヴィクトリア朝からのリゾートホテルなどもあります。人口は約11万人。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

イーストボーン
Booking.com

 

ブライトンも、イギリス屈指のビーチリゾートの1つですが、大学や語学学校などが多いため、各国からの若者で賑わっています。ナイトクラブやパブなども多く、観光としては「ロイヤルパピリオン」が有名です。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ブライトン
Booking.com

 

 

■ロンドンからのアクセス概要

 

ロンドン(赤)からセブンシスターズ(黒)行く場合「イーストボーン(紫)」「ブライトン(青)」のどちらかを経由するのが一般的です。「シーフォード(緑)」を経由する方法もあるのですが、電車の乗り換えが発生する上に料金面でもメリットがないので、基本的には外して大丈夫です。

 

また、路線バスでの行き方と、観光バスのホップオンホップバスでの行き方がありますので、順にご紹介します。

 

 

■ロンドンから「鉄道+路線バス」でのアクセス

イーストボーン経由の行き方

■ロンドン「ヴィクトリア駅」
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ロンドンのヴィクトリア駅から「サザン鉄道(Southern)」に乗り「イーストボーン駅(Eastbourne)」まで行きます。

・所要時間:約1時間半
・6時頃~23時頃まで運行
・30分おきに運行
・料金:5ポンド~

 

■イーストボーン駅
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

イーストボーン駅についたら、駅前のバス停から「12番」の路線バスに乗り、セブンシスターズの駐車場へ行きます。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

・所要時間:約15分
・料金:3ポンド(片道)/5ポンド(往復)

 

■セブンシスターズの駐車場
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ブライトン経由の行き方

■ブライトン駅
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

上記のロンドンの「ヴィクトリア駅」から「ブライトン駅」まで直通列車が出ています。

・頻繁に運行
・ほぼ24時間運行
・料金:5ポンド~
・所要時間:約1時間15分

 

ブライアン駅からは、上記と同じく「12番」の路線バスに乗ります。ここからだと「12A」「12X」などがあり、セブンシスターズまでは「12A」だと約1時間半「12X」だと約1時間かかります。

 

チケットはドライバーからも買えますが、時間があれば駅前のインフォメーションセンターなどで買っておくと良いと思います。料金は往復で7ポンドです。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上が個人での行き方になります。また、ロンドンからの現地ツアーに参加する方法もあります。近場の人気の観光地「ライ」などが含まれています。詳細はこちらからご覧ください。

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

セブンシスターズの歩き方
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

イギリスの南部の沿岸部には「チョーク」と呼ばれる未固結の石灰岩の土壌が広がっています。そのため崖の壁面は真っ白になり、石灰質の土壌に濾過されたクリアな水が流れ込む海の美しい色とも相まって、唯一無二の世界が広がっています。

 

南部の沿岸部の観光地としては、ドーバー海峡で有名なドーバーの崖や、オールド・ハリー・ロックスなどがあります。

 

■ドーバーの崖
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■オールドハリーロックス
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

これらを見ると同じ土壌で出来ているということがよく分かります。その中にあって、ここは海側から見たときに崖の起伏が7つあるので「7人の姉妹=セブンシスターズ」と名付けられました。

 

駐車場に到着したら、海岸までは徒歩で約30分ほど離れているので、まずはビジターセンターへ行ってマップを貰います。ビジターセンターは2~11月のみ営業していて、11時に開きます。

 

■ビジターセンター
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

この先はトイレが全くありませんので、ここで必ず済ませておいてください。また、潮汐表もありますので、何時頃から潮が満ちてくるのかなども分かります。観光ルートは、ピンク・オレンジ・緑の3つです。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

グーグルマップで簡易的に表すと、このようになります。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ピンクのルート

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ピンクのルートは「コーストガード・コテージ」というビューポイントへ行きます。セブンシスターズの象徴的な景色を見られる場所です。「コーストガード」は「沿岸警備」という意味で、密入国・密猟者・敵の攻撃などを監視する重要な場として、主に戦時中まで使われていました。

 

 

まずは、こちらのルートに行って記念写真を撮り、その上で体力的・時間的に大丈夫そうであれば、次のルートにチャレンジしてみてください。片道約2kmで、往復1時間半くらいかかりますので、思いの外疲れます(^^;)

 

オレンジのルート

 

こちらは浜辺に行って、崖を下から眺めるコースです。ただ、石灰質の崖は普通の崖以上に崩れやすいので、真下などに行くことはできません。

 

緑のルート

 

こちらは崖の上に行くルートです。見ての通りの絶景が広がりますので、こちらもオススメです。こういう場所では崖に座りたくなりますが、ここは本当にやめてください。とにかく土壌の質が、あの「チョーク」ですから(^^;)

 

崖は波による浸食で、年間に30~40cmも後退していて、近くに行くと崖には大きくヒビが入っていたりします。

 

 

道中は緩やかな上り坂が続きますので、歩きやすいクツで行ってください。

 

 

■ロンドンから「鉄道+観光バス」でのアクセス

 

こちらは「イーストボーンの駅から徒歩で海岸へ行き、観光バスのホップオンホップバスに乗る」という方法です。イーストボーン駅までは前記の説明と同じです。

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

観光バスは、このような2階建てのオープンバスなので、乗車中も最高の観光になります(^^) いくつかの停留所に泊まるのですが、セブンシスターズ観光の場合、使うバス停は「ビーチ岬(beachy head)」と「バーリングギャップ(birling gap)」です。

 

■ビーチ岬
「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ビーチ岬は崖の上にあり、フォトジェニックな灯台が目印です。

 

■バーリングギャップ

 

バーリングキャップは、ビーチを歩けたり、その様子を上から撮影出来たりします。手前に写っている階段からビーチに降ります。

 

ホップオンホップバスの方が路線バスよりも本数が多く、かつビューポイント間がバス移動になるので、体力的にも時間的にも効率的に観光することができます。

 

 

以上になります。イギリスが誇る大自然の絶景ポイントにぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロンドン空港(約12時間半)

 

ロンドン-イーストボーン(電車で約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「セブンシスターズ」徹底ガイド:旅の大辞典
イギリスの設定です。

備考

 

⇒イギリスのガイドブック

 

⇒イギリス留学関連商品

 

ロンドン中心部
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆