「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

名称

カルロヴィ・ヴァリ

(Karlovy Vary)

場所

ボヘミア西部

(Bohemia)

時差

8時間

時期

春~秋

 

カルロヴィ・ヴァリは、ボヘミアの「温泉三角地帯」と呼ばれる町の1つで、ヨーロッパ屈指の温泉地として多くの観光客が訪れます。「入る温泉」ではなく「飲む温泉」がメインになり、日本人にも新鮮な場所です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

拠点の街はプラハ。「百塔の街」と呼ばれるほど尖塔が多い街で、大戦の影響を受けなかったことにより1000年の歴史を持つ街並みがそのまま残されています。人口は約120万人。

 

最寄りの空港はプラハ空港(PRG)。国外の132都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

プラハ
Booking.com

 

また、もちろんカルロヴィ・ヴァリの町に宿泊することもできます。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

カルロヴィ・ヴァリ
Booking.com

 

 

■プラハからのアクセス

鉄道で行く

■プラハ本駅
「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

プラハ本駅からカルロヴィ・ヴァリ駅への直通列車が出ています。

・1日8本
・所要時間:約3時間20分
・料金:323コルナ

 

■カルロヴィ・ヴァリ駅
「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

バスで行く

■プラハのバスターミナル
「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

プラハ本駅の近くにあるバスターミナルから、カルロヴィ・ヴァリのバスターミナルへ直通バスが出ています。

・1日30本以上
・所要時間:約2時間
・料金:102.13コルナ

 

■カルロヴィ・ヴァリのバスターミナル
「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

 

■カルロヴィ・ヴァリの概要

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

「カルロヴィ・ヴァリ」は「熱の川」という意味で「マリアンスケー・ラーズニェ」と「フランチシュコヴィ・ラーズニェ」と共に、ボヘミアの「温泉三角地帯」と呼ばれます。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

ヨーロッパ屈指の温泉地であり、マリア・テレジアやフリードリヒ1世など周辺国の皇帝たちや、ベートーベン、モーツァルト、ゲーテ、カフカ、など歴史上の偉人たちも数多く滞在してきました。

 

色鮮やかな町並みはヨーロッパの港町などでよく見られますが、ここは比較的珍しい「パステルカラー」の淡い色合いの建物が並びます。また、町の中心を流れる「テプラー川」は源泉が流れ込んでいるため常に湯気が出ている場所もあります。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

この温泉地が発見されたのは14世紀。ときのローマ皇帝カレル4世が鹿狩りをしていた際に、鹿が温かいお湯の中で傷を癒やしている様子を見たことで調査を開始し、温泉であることが判明したそうです。

 

ただ、温泉地とはいっても日本やハンガリーのように「お湯に浸かる」わけではなく「温泉を飲む」のがメインになりますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

市内には16ヶ所の「コロナーダ」という「飲泉所」があります。こちらがマップです。

 

 

人々は専用のコップ「ラーゼンスキー・ポハーレック」を持参して、健康のために温泉を飲みます。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

このコップ、何がどう専用かというと、取っ手の部分が少し変わっているんですね。赤い四角の部分です。ここが実はストローになっていて、熱い温泉を冷まして飲めるようになっているんですね。至るところで売られていまして、種類は無数にありますので、お土産にピッタリです。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

様々な効用のある温泉を直接体内に取り入れるというのは健康のために良いのですが、色々な成分が含まれていますからガブガブ飲むべきではありませんので、飲用水の代わりにペットボトルに入れたりはしないようにしてください(^^;) 本来は自身の持病に対して、どの温泉をどれくらい飲めば良いのかを医師と相談して、まさに薬として定期的に適量を飲むものです。

 

 

■主なコロラーダ

ムリーンスカー・コロナーダ

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

もはや神殿としか思えないコロナーダで、132mの美しい列柱回廊に6つの蛇口が設置されています。24時間開いています。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

コロナーダ公園

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

「サドヴァー・コロナーダ」がある公園で、美しいドームが見ものです。源泉は2つあり、その内の1つは蛇の口から出てきます。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

ヴジーデルニー・コロナーダ

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

とんがり屋根のこちらは、間欠泉が10m以上吹き上がることで有名です。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

トゥリズーニー・コロナーダ

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

白いレース編みのような可愛らしい建物のコロラーダです。こちらには上記の「鹿狩りでの温泉発見」の様子を描いたレリーフがあります。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

 

■入浴施設(スパ)

Zámecké Lázně

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

入浴施設は6ヶ所あります。こちらはコロナーダが集まる地域にあるので、観光の中で立ち寄るのに便利です。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

Alžbětiny Lázně, a.s.

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

一番規模の大きなスパで、別名「エリザベート・バート」と呼ばれます。コロナーダが集まるエリアから少し離れていますが、駅には一番近いです。宿泊するならオススメです。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

Colonnade Hotel

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

こちらも宿泊先としてオススメで、パステルカラーのカルロヴィ・ヴァリらしい建物に宿泊することができます。

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

 

■展望台

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

周辺にはいくつか展望台がありますが、こちらはケーブルカーで簡単に行くことができます。

 

■ケーブルカー乗り場
「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典 

 

展望台の上から、谷間にあるカルロヴィ・ヴァリの町を一望できます。

 

 

以上になります。カルロヴィ・ヴァリを周る際は、ぜひ定番のお菓子「スパワッフル」を片手に周ってみてください♪

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワルシャワ空港(約11時間)

 

ワルシャワ空港-プラハ空港(約1時間半)

 

プラハ-カルロヴィ・ヴァリ(バスで約3時間20分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カルロヴィ・ヴァリ」(チェコ):旅の大辞典
チェコの設定です。

備考

 

⇒チェコのガイドブック

 

カルロヴィ・ヴァリ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆