「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

デヴェタシュカ洞窟

(Devetashka Cave)

場所

ブルガリア

(Bulgaria)

時差

7時間

時期

5月~9月

 

デヴェタシュカ洞窟は、巨大な洞窟の天井に巨大な穴がいくつも空いていて、まるで別な星に来てしまったかのような錯覚を覚える絶景スポットです。ソフィアから日帰りで行くことができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

拠点の街はソフィアとロヴェチです。

 

ソフィアはブルガリアの首都であり、ヨーロッパ最古の歴史を持つ都市の1つです。世界最大級の正教会の聖堂である「アレクサンドル・ネフスキー大聖堂」は圧巻で多くの観光客が訪れます。人口は約130万人です。

 

最寄りの空港はソフィア空港(SOF)。国内外合わせて約70都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ソフィア
Booking.com

 

ロヴェチはソフィアの北東約150kmに位置し、紀元前4世紀にはトラキア人が居住していたという、ブルガリア屈指の古都でもあります。人口は約6万人。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロヴェチ
Booking.com

 

 

■ソフィア空港から市内へのアクセス

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

空港は市内中心部から東に約10km離れています。市内への移動手段は、路線バス、地下鉄、タクシーの3つになります。ターミナル1・2があり、2つは無料シャトルバスがつないでいます。

 

路線バスで行く

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「84番」と「184番」の路線バスが空港と市内をつないでいます。

・5時~23時まで運行
・料金:1.6レヴァ
・所要時間:約40分
公式HP

 

地下鉄で行く
「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

右の青い四角で囲んだところがソフィア空港です。2路線あって、赤い四角で囲んだ部分が市内中心部です。

・料金:1.6レヴァ
・所要時間:約30分
公式HP

 

タクシーで行く

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タクシーは「OKスーパートランス(OKcyneptpahc)」という会社が大手で信頼できます。

・所要時間:約15分
・料金:15レヴァ

 

 

■ソフィアからロヴェチへのアクセス

■ソフィア中央バスステーション
「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

ソフィアの中央バスステーションから、ロヴェチのバス停まで長距離バスが出ています。バスはこちらのページで調べることができます。

・1日5本程度
・所要時間:2時間15分
・料金:9.77レヴァ

 

■ロヴェチのバスステーション
「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

バスはこちらのページで調べることができます。分かりづらいので一応ご説明を。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

上はグーグルクロームで自動翻訳されている状態です。「から:」に「София(ソフィア)」を入れて「に:」に「Ловеч(ロベッチ)」を入れてください。そして右の「探す」を押すと、このような画面が出てくると思います。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ロヴェチからデヴェタシュカ洞窟へのアクセス

 

ロヴェチからデヴェタシュカ洞窟へは一応バスがあるんですが、それを使うと一泊しないといけなくなるんですね。どういうことかというと、まずこちらをご覧ください。

■ロヴェチ→デヴェタシュカ洞窟
・6:45、10:40、13:30

 

■デヴェタシュカ洞窟→ロヴェチ
・17:00

 

バスだとロヴェチへ戻るバスが17時に出るんですね。そして、ロヴェチからソフィアへのバスはこうなります。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

16時が最終なんですね(^^;) なので、その日の内にソフィアへ直通バスで戻ることが出来なくなってしまいます。ですので、デヴェタシュカ洞窟のみが目的であればタクシーになります。所要時間は約15分で、料金は片道約20レヴァです。滞在時間含めドライバーと交渉してください。

 

ただ、電車で乗り換えありなら帰ることはできます。その場合下記の流れになります。

・ロヴェチ駅 18:04発
・Levski駅 乗り換え
・ソフィア駅 22:25着

 

また、日帰りしか選択肢が無いわけではありません。ロヴェッチはほとんど見どころがありませんが、周辺にいくつかの見どころがありますので後述致します。

 

 

■デヴェタシュカ洞窟

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典 

 

デヴェタシュカ洞窟は、1921年に探検家が発見した洞窟で、なんと7万年前の人類の痕跡が残っています。戦争中には貯油倉庫として使われ、現在はブルガリアを代表する観光地になっています。入場料は3レヴァです。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが入り口。右の看板は2010年の映画「エクスペンダブルズ2」です。シルベスター・スタローン主演のアクション映画で、そのロケ地となったことによりデヴェタシュカ洞窟は一気に有名になりました。下の予告編でも00:37から一瞬映ります。ほんとに一瞬ですが(^^;)

 

 

スタローンの他に、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ジェット・リーなどが出演する超豪華な映画です。洞窟に行くことが決まったら、ぜひ行く前に見てみてください。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

デヴェタシュカ洞窟は、この天井に穴が2つ空いた写真が知られていますが、実際にはもっとスケールが大きくて、このようになっています。

 

 

スゴいですよね(^^) 全長は2400m、高さは60m、総面積は2万平方m以上もあります。この洞窟は「コウモリのヨーロッパ3大コロニー」の1つでもあり、およそ3万匹が生息しているそうです。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

戦争中は貯油施設として使用されていたそうで、奥にはその痕跡も残っています。

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

天空にポッカリと空いた穴。規模が大きすぎてあっけにとられてしまいます。ちなみに、アメリカのアーチーズ国立公園には「ダブルアーチ」という似た景観の場所があります。洞窟ではありませんが(^^;)

 

■ダブルアーチ
デリケートアーチ アメリカの絶景

 

アーチーズ国立公園は、こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

 

以上になります。こういう場所は、いつ地震などで行けなくなるか分かりませんから、行けるときに行ってしまうのがオススメです。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■デヴェタシュカ洞窟(青)周辺の見どころ

 

クルシュナの滝(緑)
「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タイの「エラワンの滝」、ラオスの「クアンシーの滝」、メキシコの「アグア・アズル」のような石灰華段の滝です。デヴェタシュカ洞窟から東に約15kmに位置します。

 

Stalbitsa Cave(オレンジ)

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まるで宇宙の星に舞い降りたかのような異世界空間が広がる洞窟です。デヴェタシュカ洞窟まで行ったら、ぜひ合わせて訪れたいポイントです。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワルシャワ空港(約11時間)

 

ワルシャワ空港-ソフィア空港(約2時間)

 

ソフィア-ロヴェチ(バスで約2時間15分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「デヴェタシュカ洞窟」徹底ガイド:旅の大辞典
ブルガリアの設定です。

備考

 

⇒ブルガリアのガイドブック

 

ロヴェチ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆