「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

サンタクロース村

(Santa Claus Village)

場所

ロヴァニエミ

(Rovaniemi)

時差

夏:6時間/冬:7時間

時期

6月~8月

 

サンタクロース村は1985年に開園したテーマパークで、1年中サンタクロースに会うことが出来る場所です。サンタさんから手紙を送ってもらうことも出来ます。フィンランドでも屈指の観光地で日本人も多く訪れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はロヴァニエミ。石器時代からサーミ人が定住していた土地で、街としては1453年からの記録が残っています。19世紀からは金鉱脈の採掘で人口が増えだしてラップランドの中心地へと発展していきました。人口は約6万人。

 

最寄りの空港はロヴァニエミ空港(RVN)。国内外合わせて3都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ロヴァニエミ
Booking.com

 

 

■ロヴァニエミ空港から市内への移動

 

 

ロヴァニエミ空港は市内中心部から北東に約9km離れています。空港から市内への移動方法はエアポートバスで、これはそれぞれの目的地まで連れて行ってくれます。料金は行き先によって変わりまして、明確では無いものの「ゾーン制」のようなイメージです。エアポートバスは飛行機の発着時間に合わせて運行しているので予約などは必要ありません。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

■エアポートバス
・ロヴァニエミ中心部のホテル:7€
・ロヴァニエミ中心部のホテル以外の場所:10€
・ロヴァニエミ周辺部:12€

 

もちろん普通のタクシーもありますので、家族だけで移動したい方などはタクシーでも良いと思います。

■タクシーの初乗り料金
・所要時間:約15分
・平日6時~20時:5.9€
・土曜6時~16時:5.9€
・上記以外:9€

 

 

■ヘルシンキからロヴァニエミへ電車で行く

■ヘルシンキ中央駅
 

 

ヘルシンキ中央駅から電車でロヴァニエミまで行くこともできます。途中で数か所停車するものと直通のものがあり、直通列車は「サンタクロース・エクスプレス(santa claus express)」と呼ばれています。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

列車は2階建てで、2階は「デラックスコンパートメント」という個室になっています。トイレとシャワーも付いているので、プライベート空間でノンビリしたい人にはオススメです。1階は男女共同のドミトリースタイルで、トイレやシャワーも共用です。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

・1日2便(両方向とも)
・所要時間:約12時間
時刻表検索

 

時刻表検索ですが、まずはリンクからサイトへいってください。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「FROM」に「Helsinki」、「TO」に「Rovaniemi」を入れてください。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

赤で囲んだ「InterCity train」のみの表示になっているのがサンタクロース・エクスプレスです。青で囲んだ「1 transfer」は1回乗り換えるということです。料金や時刻はシーズンによって変わりますので、行くときには事前にチェックをして、必ず予約をしてから行ってください。

 

「ユーレイル・スカンジナビアパス」を持っている人は「パスホルダー料金」を追加で支払うと乗ることができます。

 

■ロヴァニエミ駅
 

 

 

■ロヴァニエミ空港からサンタクロース村へのアクセス

 

サンタクロース村はロヴァニエミの中心部から北東に約8km離れていて、むしろ空港からすぐの場所にあります(約3km)。村にもホテルがありますので、そこに宿泊する場合はロヴァニエミの町へ行く必要はありません。エアポートバスやタクシーでも行けますが、ホテル送迎を使うのが一般的です。

 

地図の左に「Santa Park」というテーマパークがあると思います。ここは別な施設なので間違えないようにしてください。こちらには「Arctic Tree House Hotel」有名なホテルもあります。

 

■サンタパーク
「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■Arctic Tree House Hotel
「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://arctictreehousehotel.com/

 

 

■ロヴァニエミの町からサンタクロース村へのアクセス

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

バスは「サンタエクスプレス(Santa’s Express)」(左)と路線バス(右)の2つがあります。

 

路線バスで行く

「8番」の路線バスが、ロヴァニエミ駅とサンタクロース村をつないでいます。サンタクロース村のバス停は「Arctic Circle(北極圏)」といいます。途中には15以上のバス停で停まります。

■所要時間
・行き:約30分/帰り:約45分

 

■料金
・1回券:3.5€/1日券:8.8€

 

時刻表

 

サンタエクスプレス(Santa’s Express)で行く

サンタエクスプレスは「空港」「サンタパーク」「サンタクロース村」「シティセンター」「ロヴァニエミ駅」などの、観光客にとって必要な場所だけをつなぐバスです。

・片道:3.9€/往復:7.2€
時刻表

 

町へ行かれる方はインフォメーションに行って、マップや時刻表など最新の情報をもらうのもオススメです。

 

■インフォメーション
 

 

 

■そもそもサンタクロースとは?

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

モデルの人物

サンタクロースは4世紀頃のトルコの聖人ニコラウスがモデルとされています。上の絵の十字架が描かれた服を着ている人ですね。貧しい人々を助け続けたと言われていて、サンタクロースにもつながった、こんなエピソードが残されています。

~あるとき、貧しさから3人の娘を売らなくてはいけない家があった。ニコラウスは、窓から金貨を投げ込んだ。すると、金貨は暖炉に干してあった靴下の中へと入った。一家はその金貨によって娘を売らずにすんだのだった。~

 

本当の家はどこ?

 

サンタクロース村はあくまでもテーマパークです。では、本物のサンタさんはどこにいるのでしょうか。実は1972年にフィンランドの国営放送が正式に発表していますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

それは、サンタクロース村から北へ約300kmほど離れた、ロシアとの国境沿いにある「コルヴァトゥントゥリ」の山奥とのこと。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://twitter.com

 

サンタさんはここでトントゥという妖精と暮らしているそうです(^^)

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:pinterest

 

トントゥは、赤いとんがり帽子をかぶっていて、普段は人間が気づかないところで人間を助けてくれているそうです。

 

 

■サンタクロース村

 

 

村にはたくさんの施設やホテルがあります。村への入場自体は無料です。営業時間は季節により変動するので、公式HPをご覧ください。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

それでは見どころをご紹介していきます。

 

北極圏の入り口

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

北極圏は北緯66度33分線以北を指すのですが、サンタクロース村はその線上に位置していて、村には1865年に計測した際の線が引かれています。観光客が記念にまたいで写真を撮るのが定番です。

 

インフォメーション

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

北極圏のラインをまたいだら、まずはインフォメーションに行ってください。ここでは「北極圏到達証明書」を購入できます。料金は4.2€で、日本語版もあります。

 

サンタクロース・オフィス

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、メインはこちら。サンタクロースは世界に1人ですから、訪れた人全員が確実に会えるように、決められた時間に「オフィス」で待機してくれています(^^) 建物の中に入るとサンタグッズのショップだけでなく「イッタラ」「スワロフスキー」などのショップも入っていて目移りしてしまいます。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらの奥が「サンタクロース・オフィス」です。入るだけなら無料なのですが、中は自分のカメラによる撮影は禁止されていて、写真やビデオを希望する場合はスタッフが撮ってくれるものを購入します。料金はこちらをご覧ください。

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中ではサンタさんが待っていますΣ(゚∀゚ノ)ノ 隣のイスに座って話すことが出来て写真やビデオを撮ってくれます。写真とビデオは希望制ですが多分全員希望してます(^^;)

 

 

ホントにこんな感じですよ。サンタさんはいたんだ…と感じると思います。また、サンタさん(の中に)は日本語を話すことができ(る人もいて)、普通に会話することが出来(る場合もあり)ます(^^;)

■オフィスの営業時間=サンタさんに会える時間
・1-5月:10時~17時
・6-8月:9時~18時
・9-11月:10時~17時
・12月:9時~19時

 

■時間変更日
・4/30:10時~15時
・5/1:12時~15時
・12/24:9時~15時
・12/25:12時~17時
・12/31:9時~17時
・1/1:12時~17時

 

サンタクロース・ポストオフィス

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

世界中に手紙を出すことが出来る郵便局です。なんと、全世界一律で1€で送ることが出来ますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ポストは2つあり、自分で出すハガキなどをクリスマスシーズンに届くようにしたい場合は赤いポストに投函します。サンタ村の特別な消印が押されていますので子供や恋人へのサプライズプレゼントにピッタリです。

 

また、サンタさんからの手紙をクリスマスシーズンに届けてもらうように、エアメールを依頼することもできます。

 

トナカイに会える

 

みんな知っているけど実際に見たことは無いのがトナカイですよね。雪が降っている時期であれば、トナカイのソリに乗ることもできます。

 

オーロラ

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.inspirations-travel.co.za

 

オーロラを見たい場合、シーズンは8月中旬から4月上旬になります。約240日間ですが、その内150日ほど観測されています。

 

 

以上が個人での行き方になります。ぜひ本物のサンタクロースに会いに行ってください♪日本語で予約出来る現地ツアーも色々あります。詳細はこちらからご覧ください。

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-モスクワ空港(約10時間、アエロフロート)

 

モスクワ空港-ヘルシンキ空港(約2時間)

 

ヘルシンキ-ロヴァニエミ(電車で約12時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「サンタクロース村」徹底ガイド:旅の大辞典
フィンランドの設定です。

備考

 

⇒フィンランドのガイドブック

 

ロヴァニエミ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆