「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

アムステルダム

(Amsterdam)

場所

オランダ

(Nederland)

時差

夏:7時間/冬:8時間

時期

4月~8月

 

アムステルダムは、古くから港町として発展してきた街で、現在では170を超える国籍の人々が暮らしています。当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「アムステルダム②市内中心部の見どころ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■アムステルダムの見どころ一覧

 

アムステルダムには多くの見どころがありますが、ここは外せないという12ヶ所を厳選しました。中心部が赤のアイコンで、周辺部が青のアイコンになります。こちらのページでは赤のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■王宮

 

 

街の中心部に位置するダム広場に面していて、近くには新教会や戦争記念碑などがあります。

 

王宮というには少々似つかわしくない外観で、それもそのはず、元々は1665年に市庁舎として建てられました。ナポレオン3世の時代に王宮として使われるようになり、以降、オランダ王室の宮殿になっています。

 

 

ただ、オランダの王族が住んでいるわけではなく、王室行事の式典に使われるだけなので、普段は観光用に開放されています。死刑判決が言い渡された「審判の間」や、床に世界地図が描かれた「市民の間」などが有名です。

 

■市民の間
「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

【王宮】
・営業時間:10時~17時
・料金:10€
・音声ガイド:無料
公式HP

 

 

■アンネ・フランクの家

 

 

「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクが、家族と共に2年間隠れ家生活を送った家で、現在は博物館になっています。アムステルダムで1・2を争う人気観光地なので、事前の予約が必須です。

 

ハイシーズンなどは1ヶ月以上前に予約が必要になってきますので注意してください。入場時に無料の音声ガイド(日本語)を借りることが出来ます。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.holland.com

 

アンネは1929年6月12日にドイツのフランクフルトで生まれます。1933年に、ナチスがドイツで政権を掌握すると、ドイツのユダヤ人達は続々と国外へ亡命していき、アンネも1934年2月にアムステルダムへ亡命しました。

 

1942年になるとドイツはユダヤ人狩りを強化し、1942年7月15日には、ついにアンネの姉マルゴーにナチスからの召集令状が届きます。当時、すでにアウシュビッツ強制収容所は稼働していて「ユダヤ人はポーランドに送られた後に殺される」と報じられていたため、アンネ一家は事前に父親が造った隠れ家に移動します。

 

 

こちらが現地で、右側の建物がアンネの家になります。建物は運河に面していたのですが、このような立地の建物は多くが下の模型のような造りになっていました。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

左側に運河や道路があり、青で囲んだ部分が道路に面しています。右側の建物は一般に「後ろの家」と呼ばれ、道路側からは全く見えないことになります。

 

アンネの父は元々この「後ろの家」の2階部分をオフィスにしていました。緑で囲んだ3・4階部分は倉庫として使われていたため、ここを隠れ家に造り変えて、赤で囲んだ本棚で入り口を隠して住み始めました。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tes.com

 

 

内部はこのような作りになっています。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:公式フェイスブック

 

上の細長い部屋がアンネとマルゴーの部屋です。内部は撮影禁止ですが、アンネの89歳の誕生日にあたる2018年6月12日に、部屋の中が再現されたVR映像が作られましたのでご覧ください。

 

 

アンネはここで約2年間ヒッソリと暮らします。カーテンを開けることは出来ず、昼間は極力物音をたてず、トイレを使用出来るのも早朝か夕暮れ以降でした。この生活の中で書いたのが「アンネの日記」です。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

アンネは日記の中でこのように書いています。

自分でも不思議なのは私がいまだに理想のすべてを捨て去ってはいないという事実です。だって、どれもあまりに現実離れしすぎていて到底実現しそうもない理想ですから。にもかかわらず私はそれを待ち続けています。なぜなら今でも信じているからです。たとえ嫌なことばかりだとしても人間の本性はやっぱり善なのだと。

1944年7月15日

 

「アンネの日記」は、このあと7月21日に記載があり、そして8月1日を最後に終わります。3日後の1944年8月4日に発見されてしまったからです。

 

アンネ達は「ヴェステルボルク収容所」で約1ヶ月過ごしたあと、1944年9月3日にアウシュビッツ行きの列車に乗せられ、3日後の9月6日に到着します。

 

■アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所
「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アウシュビッツに到着した人々は、到着と同時に「労働者」「人体実験用」「価値なし」のどれかに選別されます。「価値無し」になると、即座にガス室に送られて殺されるのですが、アンネ達は「労働者」に分類され、そこではかろうじて生き延びることができました。ただ、父親とはここで今生の別れになってしまいます。

 

そして約半年が経った10月28日、ソ連軍の侵攻によりアウシュビッツ撤収作戦が進められる中で、アンネとマルゴーは母と切り離され「ベルゲン・ベルゼン収容所」へと移送されます。ドイツの10月ですから相当気温は低いと思われますが、そのとき2人は痩せこけた裸の状態で、丸坊主という姿でした。

 

ベルゲンで、アンネは共に・ベルゼン収容所隠れ家生活を送っていたアウグステ・ファン・ペルスや、親友のハンネと再会することが出来たそうです。

 

しかし、非常に不潔な収容所だったこともあり、アンネとマルゴーは共にチフスにかかり2・3日違いで亡くなります。正確な日付は分かっておらず、オランダ赤十字は1945年3月31日を死亡日としています。

【アンネ・フランクの家】
■営業時間
・4、5、9、10月:9時~22時
・6~8月:8時半~22時
・11月~3月:9時~19時

 

■料金:10.5€
公式HP

 

 

■西教会

 

 

アンネの家のすぐ近くにあり、屋根裏部屋から見えたため、アンネの日記にも度々出てくる教会です。側面にはアンネの像が建てられています。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1631年に建てられたプロテスタント系の教会で、内部は落ち着いた雰囲気になっています。

 

 

高さ85mの塔はガイドツアーで登ることが出来て、アムステルダムの街並みを一望出来ます。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

【西教会】
・入場料:無料
・営業時間:10時~15時
・日曜日休み
公式HP

 

【ガイドツアー】
・4月~10月のみ
・10時~20時
・30分おきに催行
・1回につき最大6名
・料金:8€

 

 

■最も狭いファサード

 

 

「なんのこっちゃ?」と思った人もいるのでは無いでしょうか(^^;) 下の写真をご覧ください。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

赤で囲んだ部分に、ほそ~い建物があるのがわかると思います。これが「Narrowest facade Amsterdam」=「アムステルダムで最も狭いファサード」と呼ばれる建物なんです。「ファサード」は「ファザード」とも言いますが、建物の正面を意味します。教会などでよく用いられる言葉ですね。

 

実際に見てみると本当に狭いです。なんと実際に人が住んでいるとのことΣ(゚∀゚ノ)ノ そのため、中を撮影したりは出来ないのですが、時間があったらぜひ行ってみてください。

 

 

■ボディ・ワールズ

 

 

「人体の世界」という名前のとおり、200体以上もの人体模型がユニークなポーズで展示されています。

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

元々は1995年から世界中の様々な場所で展示ツアーが行われた大人気の展示物なので、こちらも時間があったらぜひ行ってみてください。

【ボディ・ワールズ】
■営業時間
・日-金:9時~20時
・土:9時~22時

 

■料金:20.5€
公式HP

 

 

■飾り窓地区

 

 

世界的に有名な風俗街で、正しくは「レッドライト地区」といいます。ネオンで彩られた窓の中には、セクシーな衣装の女性たちが、あたかもウィンドーショッピング用の品々のごとく過ごしています。オランダをはじめ、ドイツ・ベルギーなどのゲルマン諸国で見られる形態の風俗街で、地中海にも一部伝播しているそうです。

 

 

日本の飛田新地などとも似ていますが、客と女性を仲介する人はおらず、客が直接交渉をします。こちらが昼の状態です。

 

 

世界的に有名な観光地でもあり、2019年までは「飾り窓見学ツアー」が行われていたのですが、2020年からツアーは無くなってしまいました。

 

理由としては大きく3つで「ツアー客が多すぎて本来の客が入ってこない」「近隣住民に迷惑」「働く女性への配慮」になります。ツアーはなんと、一週間に約1000回も催行されていたそうで、確かにそれは近隣に迷惑だろうと思います(^^;)

 

というわけで、現在は個人で行くのみになります。もちろん昔に比べれば遥かに治安は良くなっていますが、それでも夜の歓楽街なので十分に注意してください。

 

■売春博物館
 

 

飾り窓地区の中には世界で唯一の「売春博物館」もあります。旧教会の目の前にあるので分かりやすいです。見学ツアーが無くなってしまったので「飾り窓地区に夜に個人で行くのは怖いけど、でも夜の雰囲気を見てみたい」という人は、この博物館で再現された外観や部屋の中をノンビリ見るのも良いと思います。半分くらいは女性のお客さんです。

【売春博物館】
・10時~24時
・料金:12.5€
公式HP

 

■エロティック博物館
 

 

売春博物館と同じ通りにあります。こちらも性についての様々な展示がなされています。白雪姫もこのとおりΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらも半分くらいは女性のお客さんです。楽しい場所なので時間があったらぜひ行ってみてください(^^)

【エロティック博物館】
■営業時間
・日~木:11時~13時
・金~土:11時~14時

 

■料金:6.5€

 

 

■大麻博物館

 

 

こちらもレッドライト地区にあります。オランダでは大麻が合法なので、レッドライト地区には博物館が2軒あるほか、実際に大麻が吸えるコーヒーショップなどもあります。

 

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

アムステルダムには日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-アムステルダム空港(約12時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「アムステルダム②市内中心部の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
オランダの設定です。

備考

 

⇒オランダのガイドブック

 

アムステルダム
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆