「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ブラン城

(Castelul Bran)

場所

ブラショフ

(Brasov)

時差

夏:6時間/冬:7時間

時期

春と秋

 

ブラン城は、「吸血鬼ドラキュラ」に出てくる「ドラキュラ城」のモデルと言われている有名なお城です。ただ、これは間違いでモデルでも無ければ、ドラキュラ伯爵のモデルとされるヴラド3世が住んでいたこともありませんΣ(゚∀゚ノ)ノ なので、あくまでもルーマニアの観光名所めぐり、古城巡りととらえてください(^^;)

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はブラショヴ。ルーマニア第2の都市で、13世紀初頭からザクセン(ドイツ)による植民地支配を受けていたためドイツの面影が色濃く残っています。人口は約28万人。

 

最寄りの空港はブカレストのアンリ・コアンダ国際空港(OTP)。国内外合わせて約100都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港からブカレスト市内への移動は、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ブラショヴ
Booking.com

 

 

■ブカレストからブラショフへのアクセス

■ブカレスト北駅
 

 

ブカレスト北駅からブラショヴ駅へ直通列車が出ています。

・1日10本程度
・6時頃~21時頃まで運行
・所要時間:2時間半~3時間半
・48.6レイ
時刻表検索

 

■ブラショヴ駅
 

 

 

■ブラショフからブラン城へのアクセス

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ブラン城へのバスは、ブラショフ駅(赤丸)から結構離れた「Autogara2」というバスターミナルから出ます。ちなみに、ブラショフに宿泊する場合は街一番の観光名所である黒の教会(青丸)の周辺に安宿などがまとまっています。

 

 

駅からは徒歩だと約40分。荷物がなければ歩けないことは無いですが、タクシーを使って良い距離だとも思います。タクシーは20レイくらいなので、最初にドライバーに確認してください。

 

■バスターミナル
 

■ブラショフ→ブラン
・6時半~20時頃まで運行
・1日15本程度
・料金:8レイ

■ブラン→ブラショフ
・5時半頃~21時頃まで運行
・1日25本程度
・料金:8レイ

 

 

■ブラン城

 

 

ブラン城は、上記のとおり「ドラキュラ城のモデルといわれているものの、実際にはモデルでもなければ、ドラキュラ伯爵のモデルと言われるヴラド3世が住んでいたこともありません」。

 

辛うじてドラキュラと関係があることといえば、ヴラド3世の祖父であるミルチャ公が住んでいたことくらいです。おじいちゃんが住んでいたわけですから、ヴラド公も訪れたことはあるかもしれません。

 

 

バスが到着すると、そこは完全に観光地。たくさんの土産物屋やカフェが並び、城へも迷うことはありません。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが入り口。料金は40レイです。最新の料金は公式HPをご覧ください。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

敷地内に入ると、山の上に城が見えるので、そこまで少し歩きます。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

見えてきました。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらがブラン城。堂々たる風貌です。内部は適度な広さで、オモチャの城やテーマパークの城でありそうな、イメージどおりの「ザ・城」という感じです(^^;)

 

 

ドイツのノイシュバンシュタイン城のような実用性の無い美しさだけの城と違い「居城」という名にふさわしいつくりになっています。

 

中は博物館として使われていて4階構造です。たくさんの部屋があり武器や甲冑などが展示されていますが、内装は20世紀に手が加えられてしまっているので、中世の雰囲気が残っているというわけではありません。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典 「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

秘密の階段もあり、塔の上へ登ることができます。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

上からは、ワラキアの美しい風景を一望できます。

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらには歴代の関係者が校長先生のごとく飾られています。「ドラキュラ伯爵のモデル」といわれるヴラド公はどれだと思いますか?

 

 

この人です。目力が強いですね(^^;)

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:ウィキペディア

 

ブラン城によれば、ヴラド公は「数日間はブラン城で過ごしたことがある!」そうです(^^;) ヴラド公の本当の居城は「ポエナリ城」というお城になります。

 

■ポエナリ城
 

 

ヴラド公については、彼が埋葬されたといわれる「スナゴヴ修道院」のページで詳しくご紹介しています。よろしければご覧ください。

 

■スナゴヴ修道院
「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.bekiaviajes.com

 

周辺には「野外村落博物館」があって、ブラン地方の伝統敵な民家や風車・水車などを見ることもできます。

 

■野外博物館
「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ブラン城は、結論「ドラキュラ城ではない」ので、例えば世界一周のルートなどには組み込まなくて良いと思います。でも2012年にはトリップアドバイザーで「世界の名城25選」にも選ばれていますので、ルーマニア周遊旅行であれば組み込んでも良いと思います。お土産のドラキュラグッズもカワイイですし(^^)

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ドーハ空港(約11時間半)

 

ドーハ空港-ブカレスト空港(約5時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ブラン城」徹底ガイド:旅の大辞典
ルーマニアの設定です。

備考

 

⇒ルーマニアのガイドブック

 

ブカレスト
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆