「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

キエフ

(Kiev)

場所

ウクライナ

(Ukraine)

時差

夏:6時間/冬:7時間

時期

5月~10月

 

キエフは、東ヨーロッパのキリスト教世界において最も重要な聖地で、市内に建てられている多くの教会は、どれも見応えがあるものばかりです。コンパクトにまとまっているので、1日で見て回ることも可能です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はキエフ。ウクライナの首都であり、同国最大の都市です。東ヨーロッパにおいては最古の都市で、キリスト教においては聖地になっています。そのため、市内には世界クラスの教会がたくさん点在しています。人口は約280万人。

 

最寄りの空港はキエフ・ボルィースピリ空港(KBP)。国内外合わせて約80都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

キエフ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から東に約35km離れています。市内への移動方法は、バス、電車、タクシーの3種類です。

 

バスで行く

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「スカイバス」というバスが、空港から市内中心部の「キエフ旅客駅」までをつないでいます。途中で「ハルキウスカ地下鉄駅」に停車してくれます。

■24時間運行
■20本に1本程度(深夜は減便)
■料金
・60フリヴニャ(ハルキウスカ地下鉄駅)
・100フリヴニャ(キエフ旅客駅)
■所要時間
・約30分(ハルキウスカ地下鉄駅)
・約60分(キエフ旅客駅)

 

■キエフ旅客駅
 

 

■ハルキウスカ地下鉄駅
 

 

電車で行く

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

2018年に出来た新しい路線で、空港を出ると「ダールヌィツャ駅」と「キエフ旅客駅」に停まります。

・24時間運行
・料金:80フリヴニャ
・所要時間:終点まで約45分
時刻表

 

タクシーで行く

タクシーの場合、市内中心部まで約200フリヴニャです。客引きは評判が良くないので、基本的にはバスか電車がオススメです。

 

 

■キエフの見どころ一覧

 

キエフには多くの見どころがありますが、ここは外せないという場所を厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■聖ソフィア大聖堂

 

 

1037年に建てられた大聖堂でキエフの中心に位置します。幅54.6m、長さ41.7m、高さ28.6mで、建設当時はヨーロッパで最も大きな建物の1つでした。内部は素晴らしいフレスコ画で装飾されていて、東ヨーロッパでは最も重要なキリスト教の聖地になっています。1990年に世界遺産に登録されました。

 

【聖ソフィア大聖堂】
・「ゾロチー・ヴォロータ駅」下車
・10時~17時半
・料金:55フリヴニャ

 

 

■聖ミハイール大聖堂(修道院)

 

 

1113年に建てられた大聖堂で、現在は、2018年に発足したウクライナ正教会の大聖堂になっています。パステルブルーの壁と黄金のドームが非常に美しい外観です。

 

 

内部は主祭壇こそ豪華なつくりですが、フレスコ画は青をベースにしたシンプルなデザインで、とても見やすいものになっています。また、角にある塔には登れるようになっています。

 

【聖ミハイール大聖堂(修道院)】
・10時~18時
・無料

 

■ペチェールシク大修道院

 

 

1051年に建てられた修道院で、中世の頃からウクライナの宗教・学問・芸術などに大きな影響を及ぼしてきました。特にウスペンスキー大聖堂は宮殿のような外観で見応えがあります。

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

内部も黄金の祭壇やフレスコ画見事です。

 

 

敷地内には地下墓地がありまして、歴代の高名な僧たちがミイラとなって安置されていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さ96mの大鐘楼は登れるようになっていて、頂上からはキエフの街並みを一望できます。

 

【ペチェールシク大修道院】
・地下鉄「アルセナリナ駅」からトロリーバスに乗車
・8時~20時
・料金:50フリヴニャ

 

 

■聖アンドリーイ教会

 

 

1754年に建てられた教会で、アンドリーイ坂の頂上にあります。外部はバロック様式ですが、内部はロココ様式で造られていて、白・赤・黄金を基調にした珍しい祭壇が見ものです。

 

 

2階のテラスからはキエフの街並みを一望できます。ちなみに「アンドリーイ」はウクライナにキリスト教をもたらしたとされる聖人の名前です。

 

【聖アンドリーイ教会】
・10時~18時
・無料

 

 

■聖ウラジーミル大聖堂

 

 

1852年に建てられた大聖堂で、内部がダーク系のフレスコ画で埋め尽くされていて、他の大聖堂とはまた違った印象を受けます。

 

【聖ウラジーミル大聖堂】
・地下鉄「ウニヴェルスィテット駅」下車
・9時~18時
・無料

 

 

■黄金の門

 

 

1037年に造られた、キエフ大公国時代の街の中央門です。1240年にモンゴル帝国によって破壊されて土に埋もれてしまいますが、1832年に発掘されて史跡として保存されるようになりました。現在、内部は博物館になっています。また、門の上は「受胎告知教会」が建てられていて、黄金のドームが輝いています。

 

【黄金の門】
・地下鉄「ゾロチー・ヴォロータ駅」下車
・5~10月:10時~18時
・冬季は入れません

 

 

■キエフ大学

 

 

キエフの国立大学で、日本でいう東大にあたります。特筆すべきは、その真っ赤な壁です。まるで血のような独特な赤で見るものを惹きつけます。これはニコライ1世の治世下で学生たちが徴兵に反対した際に、皇帝が命令し血の色に塗りつぶさせたそうです。

 

【キエフ大学】
・地下鉄「ウニヴェルスィテット駅」下車

 

 

■ランドスケープ散策路

 

 

1980年にアーティストによって造られた公園で、独特なキャラクターの遊具や絵が並んでいます。

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典 「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典 「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

以上になります。キエフには日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワルシャワ空港(約11時間半)

 

ワルシャワ空港-キエフ空港(約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「キエフ」徹底ガイド:旅の大辞典
ウクライナの設定です。

備考

 

⇒ウクライナのガイドブック

 

キエフ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆