「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ルンム刑務所

(Rummu Quarry)

場所

ルンム

(Rummu)

時差

夏:6時間/冬:7時間

時期

6月~8月

 

ルンム刑務所は、美しい湖に沈んでいる旧ソ連の刑務所で、映画やミュージックビデオなど様々な映像作品に取り上げられている絶景です。タリンから日帰りで行けますが、行く前に諸々確認が必要な場所です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はタリン。エストニアの首都であり「タリン歴史地区」として世界遺産にも登録されている風光明媚な港湾都市です。フィンランドの首都ヘルシンキまで約85kmという北欧地域にあります。人口は約42万人。

 

最寄りの空港はタリン空港(TLL)。国内外合わせて30都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

タリン
Booking.com

 

 

■タリン空港から市内

 

 

空港は市内中心部から南東に約5km離れています。市内への移動方法はトラム、バス、タクシーの3種類です。旧市街の降車場所は、どの場合でも「ヴィル(Viru)」「フリーダムスクエア(Freedom Square/Vabaduse väljak)」などになります。

 

トラムで行く

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「4番」のトラムが空港と市内をつないでいます。所要時間は約20分、料金は2€です。

 

バスで行く

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「2番」「65番」の路線バスが空港と市内をつないでいます。所要時間は約20分、料金は2€です。

 

タクシーで行く

タクシーだと、所要時間は約15分、料金は約15€です。

 

 

■タリンからルンム刑務所へのアクセス

 

上記の「ヴィル(Viru)」や「フリーダムスクエア(Freedom Square/Vabaduse väljak)」のバス停から直通バスが出ています。

・107/136/146/148/149の路線バス
・所要時間:約1時間10分
・料金:2€~5€
・2時間に1本程度運行
時刻表検索

 

■「ヴィル(Viru)」

 

■「フリーダムスクエア(Freedom Square/Vabaduse väljak)」

 

ルンムのバス停に着いたらビューポイントまでは徒歩10分ほどです。必ず帰りの時間をチェックしてから湖に行ってください。

 

 

 

■ルンム刑務所

 

 

ルンム刑務所は世界でも特異な景観で、人と自然が意図せず創り出した絶景です。まずは、この石灰岩の丘を超えて行きます。

 

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すると、アニメの世界のような不思議な光景が現れます。

 

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらがルンム刑務所です。画面を回して周囲を見てみてください。

 

 

ルンム刑務所は、1930年代に石灰岩の採掘場に隣接して建てられた旧ソ連の刑務所です。受刑者たちは日々採掘場で重労働をしていました。

 

採掘場は常に乾いた状態にしなくてはいけないのですが、水はけの良い石灰岩の土壌も地下水が溜まってしまうとどうしようもありませんでした。そのため、刑務所が稼働しているときは、受刑者たちがポンプを使って地下水を排水していたのですが、ソ連が崩壊して刑務所が使われなくなると、一気に水位が上がって刑務所を飲み込んでいきました。

 

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

その結果、奇妙な形に削られた石灰岩の山、水を濾過する石灰質の土壌ならではの美しい湖、数十年放置された廃墟、美しい森と空、という世界でも類の無い絶景が誕生しました。

 

実はこの場所は私有地で、以前は誰でも入ることが出来たのですが、事故が相次いだため現在はツアー以外は入れなくなっています。ツアーは例えばこちらの会社で行っています。この他、タリンの観光案内所でツアーを探すのも良いと思います。ただ、おそらく夏以外は催行されていないと思われます。

 

■タリンの観光案内所
 

 

現地ではカヌー、スタンドアップパドルボード、スキューバダイビングなど様々なウォータースポーツを楽しむことが出来ます。

 

 

 

以上になります。美しい湖に沈む廃墟をぜひ見てみてください♪続きまして、タリンの見どころをご紹介します。

 

 

■タリンの見どころ

ヴィル門

 

 

旧市街の入り口になる門です。ルンム刑務所へのバスも、この付近のバス停から出ています。

 

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

 

 

19世紀末に造られたタリン最大の教会で、美しい装飾の内部も見応えがあります。

 

 

太っちょマルガレータ

 

 

古くは1511年に着工された塔で、1917年のロシア革命で廃墟と化し、1940年頃に修復されて現在に至ります。高さは約20m、直径は約25m。

 

 

内部には様々な帆船模型などがありますので、好きな人にはたまらない場所だと思います。屋上からはタリンの街並みを一望できます。

 

 

薬局

 

 

1422年に創業した薬局で歴史ある薬局で、中世の頃に売られていた「ミイラの破片」や「ユニコーンの角」などの珍しい品が展示されています。また「失恋の治療薬」という薬が今も販売されています(^^;) ちなみに、世界最古の薬局はイタリアのフィレンツェにあります。詳細はこちらのページからご覧ください。

 

エストニア海洋博物館(水上飛行場)

 

 

上記の海洋博物館とは別な施設で、こちらの方が大掛かりで見応えがあります。タリン旧市街に次ぐ人気の観光地で、最大の見どころは重さ600トンにもなる潜水艦です。

 

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

外にはヨーロッパ最大の蒸気砕氷船「ビッグ・トゥル」など多くのの船が係留されていて、こちらも見ごたえがあります。

 

 

タリンには日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■タリン観光について

タリンカード

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

世界遺産に登録されているタリン旧市街を観光する場合は「タリンカード」や「スマートカード」を利用するのがオススメです。

■タリンカード
・24時間:26€
・48時間:39€
・72時間:47€
・公共交通機関の乗り放題
・40以上の美術館・博物館の入場無料
・そのほか各種の割引
・オンライン購入

 

スマートカード

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スマートカードは公共交通機関に利用できるプリペイドカードです。

■スマートカード
・公共交通機関に利用
・チャージ式
・1枚で6人まで使用可
・1日:3€/3日:5€/5日:6€/30日:23€
・デポジット:2€(6ヶ月以内なら返金可)

 

また、乗り降り自由の観光バスもあります。これは主要観光地にダイレクトにアクセス出来るので、観光客には便利です。詳細はこちらからご覧ください。

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワルシャワ空港(約11時間半)

 

ワルシャワ空港-タリン空港(約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ルンム刑務所」徹底ガイド:旅の大辞典
エストニアの設定です。

備考

 

⇒エストニアのガイドブック

 

タリン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆